godiego

February 19, 2017

ビューティフル・ネームよ、世界に響け!5

「ビューティフル・ネーム」よ、世界に響け!

トヨタのCMで今、イチロー他の人々によって朗読されている詩、これは、分からない人はいないと思うが、もともと1979年に国際児童年のテーマとして発売されたゴダイゴのシングル、「ビューティフル・ネーム/Every Child Has A Beautiful Name」の歌詞の一部である。

Beautiful Name21979年当時、NHKでは国際児童年広報キャンペーンフィルムを作ってテレビで流したのだが、このほど、それら貴重な映像をまとめた動画をYouTubeで発見したので、ご覧いただきたい。今でも十分に通じてしまうことが恐ろしい、シリアスなメッセージである。



数年前にはフィラデルフィア・チーズのTVCMで、シングル盤のB面、英語版が使われた。上のと比べるとなんと呑気な動画だろう。ゴダイゴといえば元祖CMソングの王者で、CMソングだけ集めたアルバムを二枚もリリースしている。その収録曲のほとんどが英語なので、今回のCMも当時の雰囲気を髣髴させてくれて、とても嬉しい。



こちらが英語バージョンの歌詞付フル・コーラス動画。

BN English歌詞

CMソング       CMソング2 


ゴダイゴはテレビやコンサートでは、1番を日本語、2番を英語で歌うパターンが定着したが、この曲に関しては1,2番共に日本語で、ウーアーララララの後のサビ部分を英語詞で歌ってコーラスでまた日本語(と言ってもその半分は英語なのだが)に戻るパターンだった。

ここには紅白歌合戦用の短縮バージョンをご紹介!

CMでも聞けるが、上述のようにこの曲には歌詞が「ウーアーウーアーララララ」という部分があり、コンサートではここで観客に合唱させたものだ。言葉ではないので、万国の人が合唱できる。これは考えたものだと今になって感心している。客席の位置を分けて、男女に分けて、など声の大きさを競って「歌合戦」を行うのが彼らのコンサートの慣例となった。「歌合戦」は場合によっては歌詞を歌わせた。海外でも現地の歌詞で歌わせるのが普通だった。

ちなみに「ウーアー」部分、シングルバージョンでは子供たちの声で歌われていて、日本語版は日本人の子供、英語版は外国人の子供という風に違っていたと思うのだが、あまり自信ない。実のところはどうだろうか?興味ある方は比べてみてほしい。

結成当初から世界進出を目指して、ガンダーラが日本語バージョンでヒットするまでは全て英語で歌ってきたゴダイゴだったので、国連による国際児童年のテーマソングが日本だけに留まっている訳は無かった。

まずゴダイゴがシルクロードの旅へ出かけ、ネパールカトマンズでコンサート。ここでビューティフル・ネームのサビの部分のネパール語バージョンが誕生する。
(ハラケタケティコ ランナモーツァ)


次に中国で初のロックコンサートと銘打って、天津でコンサートを実施。
このときのために中国語バージョンのサビが作られた。こちらは日本でも放映されたのだが、見事に中国語での「歌合戦」を成功させている。その様子はライブアルバムで聞ける。

歌詞: 每个孩子都有一个漂亮的名字
(メイガーハーヅー トーヨオイーガ ピャウリャダミーンズ)


動画がYOUTUBEにUPされたよ!ごゆっくりお楽しみを!
(もうYOUTUBEには存在してません!)

中国ライブの詳細記事

ゴダイゴ4ヶ国語を織り交ぜたバージョンのビューティフル・ネームをテレビで演奏したことがある。次の動画では中国語をメインに「歌合戦」も行った演奏の音声である。

Beautiful Name in 4 languages English, Japanese... 投稿者 braggbilly
その後のライブでは一度だけ韓国語バージョンで「歌合戦」をやったということを知った。

つたない韓国語でこう歌っていた。
서로 불러보자 이름을, 아름다운 그 이름을
(ソロプRロポジャ イールムR アルムダウン ク イールムR)

この動画、歌う練習が始まるところから最後まで聞ける。

Beautiful Name 韓国語での歌合戦 投稿者 braggbilly

この歌はまた、フィリピンで現地の歌手により全編タガログ語でも歌われている。タイトルは「Bawat Bata」。かなり人気の曲で何人かが歌っているようだ。以下に動画をご紹介。

まずは数日前にYOUTUBEにアップされた、最新の動画。10月19日にフィリピンで放映される新番組テレビドラマ"Walang Iwanan" のテーマソングのようだ。(ビューティフル・ネームがテレビドラマのテーマソングに!)


こちらの下の2編がヒットしたバージョンだと思われる。



子供たちの歌のうまさを競うテレビ番組でも歌われた。


タガログ語の最後のバージョンは、なんとゴダイゴ/GODIEGOと同じ演奏に歌詞が表示されるバージョン!ボーカルハーモニーも完全コピーに近い。



ゴダイゴの歌がこんなに色んな言語で歌われている曲とはなんと素晴らしいことだろう。この歌は今後も世界スタンダードとなっていくような気がする。

カバーバージョン

この歌はゴダイゴ自身も1999年に再結成したときに、アルバム”What A Beautiful Name" にてセルフ・カバーしている。アレンジは楽しくてよいのだが、タケのボーカルがキーを下げていたのが少し残念だった。でも大宮ソニックシティのライブで実際に聞いたときには鳥肌が立った。その年の紅白歌合戦での演奏をどうぞ!上の20年前の紅白と比較してね。

1999REDWHITE Godiego Beautiful Name


そのタケカワユキヒデ、2008年に再度カバーしている。今度は"Beautiful Name Again "という企画アルバムで、作曲者が自分の子供(プロのシンガーソングライターとして活躍している4女のアイ武川)とデュエットという形で歌っており、その他にも中国やヨーロッパ風、アフリカ風、和風のアレンジでのインストゥルメンタルが収録された面白いものだ。

子供についての歌を作って自分の子供とデュエットして発表するなんて、なんて素晴らしいことだろう。歌手親子冥利につきるのではないか。

タケのメッセージ
数年前のピアノ弾き語りバージョン。しっかりと歌合戦まで往年と変わらずに指揮していた!集まった同世代のファンたちには感涙ものだったに違いない。


他の歌手では、最新カバーがEXILE系のユニット、DANCE EARTH PARTY によって発表され、ちょうど今、話題になっている。


近年は演歌歌手のクリス・ハートもカバーした。

以前もつるの剛士がカバーしたのが話題になった他、キャロライン洋子を始めとする様々な歌手によってカバーされている。








ビューティフル・ネームの意味するもの

この歌、最近日本でも児童虐待が社会問題となり、世界でもストリート・チルドレン児童労働児童兵士、人身売買、など問題は一杯だ。そんな今こそ未来の日本と世界を背負う子供たちが幸せになることを祈りながら今一度みんなで歌ってみたい歌だと思う。世界の有名な歌手を一同に集め、それぞれの国の言葉でこのビューティフル・ネームを歌いつなぐレコーディングがあればどんなに素晴らしいことだろう!

ちなみに英語の歌詞を和訳するとこんな感じだ。訳してみると意外に意味が深いと思えた。この歌、世界に広める運動を始めたい!(何よりも自分の子供を作らないと…)

詞 奈良橋洋子 和訳 ポール・キム

僕の子供、なんて美しい名前だろう
僕らは育って変わっていくが、
実は全然変わってない
そう、人々みんな
子供のころと変わってない

子供たちはみんな笑って
お日様の下で歌うんだ
その歌はみんなに聞こえるだろう

大きかったり、背が高かったり
背が低かったり、小さかったり
黒人でも、白人でも、
暗くても、明るくても、
そう、そんなことは問題じゃない
誰が正しくも、間違ってもいない

子供たちはみんな美しい名前を持っている
僕らは育って変わっていくが、
実は全然変わってない
そう、人々みんな
子供のころと変わってない

僕の子供、なんて美しい笑顔だろう
お前は僕の人生に価値を与えてくれる
お前の笑顔で僕の人生に価値が生まれる
だから子供たちを胸に抱いて
きつくハグしてあげよう
全ては大丈夫だと教えてあげよう

最後に日本語バージョンだが、RAG FAIR のバージョンがとてもユニークだ。

おまけ
 
 

paul83 at 20:14|PermalinkComments(22)

July 15, 2015

ビューティフル・ネームがカバーされた!

ゴダイゴのニューティフル・ネームがカバーされた!

ゴダイゴ/GODIEGOビューティフル・ネーム/Beautiful NameEXILE系のユニットによってカバーされた!
ユニット名は DANCE EARTH PARTY feat. The Skatalites+今市隆二 from 三代目 J Soul Brothers。

Dance Earth Party

EXILEといえば銀河鉄道999のカバーでも記憶に新しい。そのときは作者のタケカワユキヒデはテレビで見て初めて知ったと語っていたが、今回はもうチェック済みだろうか?(笑) 発売は8月5日。1番、2番を日本語で歌って、間奏のあとは英語メインになる歌い方。ぜひお楽しみあれ!

 
ゴダイゴ/GODIEGOの曲がカバーされてこれからたくさん聞けるようになると思うとそれだけでウキウキ・ワクワクする!
beautifulname exile

関連記事

ゴダイゴ/GODIEGO のオリジナル・日本語版(歌詞表示動画)


paul83 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 17, 2012

iTunesストアでゴダイゴのTaking Off 英語版とカトマンドゥー買ったよ!

ゴダイゴの"Taking Off"英語版と"Kathmadndu"@iTunes Store

にほんブログ村 音楽ブログへ
iTunesストアでゴダイゴ/GODIEGOの曲が全部買えるようになっていた!

以前は再結成後の曲とタケカワユキヒデの再録バージョンくらいしか売ってなかったのだが、昨晩たまたま検索してみてオリジナルアルバム全部はもちろん、シングルコレクションなど完璧なラインナップで圧倒されました!なんとトミー・スナイダーのソロアルバムまである!

さっそく僕のCDライブラリーから抜け落ちたままになっていたアルバム、カトマンドゥーをアルバムごと購入してしまった!1500円なので安いものだ。

カトマンドゥー - GODIEGO

kathmandu001実はこのアルバム、僕が高校一年生の頃に生まれて初めて自分がおこづかいで買ったLPレコードだった。それを、カセット音源だけ残して中古レコード屋さんに売ってしまった!

その後カセットテープは聴けなくなってしまったが、このアルバム中のほとんどの曲は図書館で借りたボックスセットの音源で楽しんだりできた。でも聞けなかったのが一曲だけあった。それは森永チョコレート小枝のCMソングのメロディを使った Caravanserai/キャラヴァンサライ!色々な効果音を伴って、マルコ・ポーロ、アレキサンダー王が登場する同じ歌詞ばかり何度も歌い続けるユニークな曲だったが、なんとも言い難い魅力がある曲だった。歌詞は今も完璧に覚えて歌えるのだが… この歌を再び聞けてとてもうれしい!

この歌の珍しいライブ映像、ユーチューブにアップされてました!

そして、ゴダイゴ結成35周年記念配信限定のアルバムGODIEGO 35TH ANNIVERSARY SELECTIONを発見!そこにはなんと映画 銀河鉄道999/The Galaxy Express 999のテーマソングのシングルB面に日本語で収録されていたテイキング・オフ/Taking Off英語版が収録されていた!これはかつてそっくりさんシンガーが作ったCDで聞いたことがあったが、オリジナルが聞けてこんなに嬉しいことはない。
999アルバム:GODIEGO 35TH ANNIVERSARY SELECTION - GODIEGO 
テイキング・オフ(英語版)テイキング・オフ!(English Version) - GODIEGO 35TH ANNIVERSARY SELECTION

ゴダイゴファンの皆さん!この機会に手持ち曲の不足分を補充してはいかがでしょう?(もうみんな済ませてしまったかな?)

ゴダイゴのフル・ラインナップGODIEGO

アマゾンで買うという方はの写真をクリックしてからカトマンドゥーのCDをどうぞ!
KATHMANDU

paul83 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2012

ゴダイゴの珍しい動画を見つけたよ!

ゴダイゴの Close Ups〜Deep Redにほんブログ村 音楽ブログへ

今日、たった今面白い動画を見つけた。ゴダイゴのコンサートの模様だ。曲はアルバムOur Decade/ 僕らの時代 というアルバムの収録曲でヒット曲ではない。前編英語で歌われる、社会問題を扱った一種のトピカルソング。いつかの24時間テレビの深夜年越しライブでも演奏された演目だ。Close UpsDeep Red のメドレー。アルバムでもメドレーになっている曲だが、Close Ups の間奏がかなり長く、けっこうインスト・ロックを楽しめる構成になっている。

この動画の何が面白いかというと、これがなんとハワイ生まれのハーフ、ベーシストのスティーブ・フォックスがキリスト教の宣教師になるために脱退した後であるとともに、シルクロードの旅の後の初の東京都内でのライブだと言うこと。まだスティーブの後任、吉沢が加入する前の4人によるコンサートで、ベースはセッション・ミュージシャンを起用してのコンサートだった。

ゴダイゴ・ホーンズはまだ健在だが、スティーブの低音部分の ”Watching those"という歌詞をタケカワユキヒデが自分で歌ってるところが哀愁をさそう。

ぜひこの動画を見て英語学習者は英語リスニングで意味を取って頂きたい。ゴダイゴファンの方は、どうかこの記事をいろんな人に紹介して頂きたい。

OUR DECADE

paul83 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 23, 2011

激レア アイテムの海外版「キタキツネ物語」

僕の愛するゴダイゴが音楽を担当したサンリオのドキュメンタリー映画、「キタキツネ物語(THE FOX)」(1978年)。この映画は日本国内での大ヒットにとどまらず、世界へ飛び出した。同時にゴダイゴの音楽も飛び出したのだ。ドラマ西遊記がイギリスでも「MONKEY」として人気を博して世界的ヒットを成し遂げる前にゴダイゴの音楽が最初に世界に飛び出したのがこの映画とサウンドトラックだったのではないだろうか?

「キタキツネ物語」の挿入歌は全て日本語だが、ゴダイゴ特有の作曲方法、英語の詩に曲を付けて完成したあとに歌詞を日本語に訳すという定石どおりに作られた。しかし、残念ながら当時のゴダイゴによる英語バージョンは存在していない。(一部テレビやFMラジオでライブ演奏されたことはある)

海外で公開されたバージョン(英語タイトル "The Glacier Fox")では全ての曲を外国人が英語で歌っている。演奏も違ってる。(この映画が「西遊記」よりあとに作られていたらきっとゴダイゴのバージョンが聞けただろうな〜)昔、テレビで放映されたとき、音声多重放送で副音声では英語版を流していた。当時その副音声で挿入曲の英語バージョンをラジカセで録音したものだった。

その海外版の英語曲がなかなかみつからない。YOUTUBEで唯一見つけたのが、テーマソングの「赤い狩人」。日本でも町田義人によって大ヒットしたので、おなじみの曲だと思う。




そんな中、「キタキツネ物語」のサウンドトラックが新たに登場した。(↑真中)そこには正規版(↑左)ではボーカルが他の歌手になってしまった朱里エイコのバージョンが収録されているほか、タケカワユキヒデの(おそらくは)英語によるデモテープ音源が収録されている二枚組だ。このアルバムを買うとオリジナルの英語歌詞が全て分かるのだろう。

それにしてもこの映画、海外版のDVDやサウンドトラック、入手できないものだろうか。持っている人は連絡ください!



paul83 at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 12, 2008

ゴダイゴの「銀河鉄道999」が出来上がるまで5

YOUTUBEゴダイゴの面白い動画を見つけた。 「そして音楽が始まる」というタイトルの番組で、この回は1979年に公開された松本零士原作まんが・アニメの劇場公開映画「銀河鉄道999」のテーマソングがどのように作られたかを関係者たちのインタビューなどでつなぎながら探っていくドキュメンタリー。この番組を通して、奈良橋洋子の英語作詞、タケカワユキヒデの作曲、ミッキー吉野のアレンジ、他の作詞者の日本語訳詞という曲作りの流れを知ることが出来た。

この動画を見てこの映画が僕の15歳の誕生日の翌日、すなわち16歳の初日に封切られたということが分かり、何か運命的なものを感じた。

 

 



paul83 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 10, 2008

平和組曲・ゴダイゴの歌の真髄・世界平和を求めて響け!5

今日は久しぶりにユーチューブを開いて「ゴダイゴ」を検索した。

北京オリンピックの年なので、ゴダイゴが中国で行ったコンサートを見た。誰かが結構こまめにアップロードしてくれていて、結構楽しめた。

中国ライブの時にテレビで放送した内容だ。その番組で最後の曲がエルガーの「威風堂々」。これはゴダイゴが早くから自分たちで編曲・メロディ追加などを行い、ライブでは演奏していたものだが、テレビではめったに放送されなかった。彼らのアルバムでも、解散目前のライブアルバムで初めて発表された曲だ。

中国公演の動画ファイルを続けざまに見て、この「威風堂々」の訳詩字幕で、改めて彼らが平和志向のバンドであることを再認識させられた。

今年は北京のオリンピックの年で、ダライ・ラマ14世とチベットの問題ばかりがマスメディアで取りざたされているが、悲しいことだ。ダライ・ラマさん自身がオリンピック妨害を反対しているのに、イギリス・アメリカやフランスも人権問題を取り上げ、聖火リレーを妨害している。日本の長野までそうするそうだ。価値観の違い?。 

じゃあ、アメリカはロサンゼルスオリンピック開催時に、冷戦の最先端でソ連と対峙していたし、モスクワのときにもそうだったが、誰がそのとき人権問題を持ち出して変な運動を起こしただろうか?

少なくともアメリカはいつでもどこかで戦争を起こして、どこかの国に迷惑を掛けてきたではないか。

まあ、それは置いておいて、中国で初めてロックコンサートを開いたゴダイゴ。彼らがその場(天津)で「威風堂々」を演奏したことは、ひとつの革命だったような気がする。

「威風堂々」がよくわからない人は、別のバージョンだが、こちらのYOUTUBEを9分間見てください。

 



paul83 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 13, 2007

NHKにゴダイゴ登場!30分も!5

昨晩、NHKにゴダイゴが登場した。SONGSという番組で30分間ゴダイゴの特集だ。

代表曲Monkey Magicで始まり、ヒット曲メドレーがあり、最後は新曲BIG MAMAで締めた。

この番組を見て嬉しかったのは最後のBIG MAMAを聞けたこと。テレビでは初演奏ではないだろうか?ケネディ夫人を歌っていると聞いたことがあるが、夢を持って生きようというテーマで、ちょっとハードロック的なアレンジだった。

もうひとつ嬉しかったことがある。それはこのブログでも何度か書いているが、ボーカル・タケカワユキヒデの声のキーのことだ。今回は見事オリジナル・キーになっていた!(タケ、引き続き頑張ってね!)

この番組では途中でインタビューを挟んでいて、中国やネパールでの話が、他のアジアの国々の映像と共に放送された。NHKに民放ドラマ「西遊記」のシーンや、ベストテン番組のシーンが出てきたのが画期的だと思った。

この番組を見て思い直したことがある。それは彼らが1979年の国際児童年のテーマとして歌った「ビューティフル・ネーム」についてである。

あの歌が流行った頃は僕はまだ中3か高1だったので、子供たちのことを歌ったんだな、くらいしか考えなかったが、この頃よく問題になっている児童虐待について考えた時、当時も日本ではそんなに問題にはなっていなかったと思うが、諸外国の子供たちの状態―戦争状態や飢餓状態に置かれた子供たち―を考えてこの歌を聴くと、なんと素晴らしい歌なのかと、今更ながら感激してしまった。

1999年に一時再結成した時に発表したアルバムのタイトルが"What A Beautiful Name!"であり、そこでニュー・バージョンを発表したのもそんな意味での彼等のメッセージであったと思うと、今になって彼等の音楽の奥深さを思い知らされる。彼等はこの歌を中国でもネパールでも現地の言葉に訳して歌い、観客に合唱させたのだ。

この番組、なんと再放送が二回も予定されている。まだ見ていない方はぜひご覧あれ。

12月18日(火) 総合 午前 1:50〜
12月19日(水) BS2 午前 8:30〜

詳細



paul83 at 20:45|PermalinkComments(2)

October 24, 2007

ゴダイゴ待望の新曲 BIG MAMA5

ゴダイゴの新曲がマキシ・シングルとして登場した。タイトルは「BIG MAMA」、大きなお母さんというタイトル。どんな歌なのか想像つかないが、久々の作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデの黄金コンビ復活だ。 カップリング曲が"WE HAVE A DREAM -The world is really one"(僕らには夢がある―世界は本当にひとつ)と、とても興味深いタイトルだ。また、両曲とも日本語と英語のバージョンが収録されている。本日発売となっているが、とても楽しみだ。

paul83 at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

August 19, 2007

24時間テレビにゴダイゴ出演!?5

19日夕方、ゴダイゴが24時間テレビに復活した!お帰りなさい!楽しみにしていたのだ。

彼等が出てきたのは、女優・故夏目雅子の闘病生活の話の最後に、彼女が演じた、「西遊記」の三蔵法師の姿をバックにしてであった。演奏されたのは「ガンダーラ」。一曲だけだったのが少し寂しかったし、タケの声も始めは少し調子悪かったようだったのが残念。

1979年の24時間テレビではテーマソングも担当し、深夜のライブでも大活躍だった(シングル「はるかな旅へ」のB面「Try To Wake Up To A Morning」、CMでもやたら流れていた。おまけに特別手塚治虫アニメ・「マリン・エクスプレス」のテーマをTommyが担当し、シングルでも発売された)のと比べると本当に物足りないが、今の状況では、出演しただけでもすごいことかもしれない。それも前日の「ミュージックフェア」に続いて二晩連続のTV出演なんて、新曲を披露した訳でもないのに、奇跡に近いだろう。

http://blog.diskunion.net/user/hakase/hakase/cwtb.cgi/7714

ゴダイゴの公式ホームページ

http://godiego.net/



paul83 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 25, 2007

Godiego Super Live! (ゴダイゴの最新ライブオンエア)5

NHKの番組で、おやじバンド選手権というのをやっていた。そこで、特別ゲスト審査員として、ゴダイゴが登場。 スペシャル・ライブを行なった。 それは数週間前の日曜日の話。 僕はそれを立川のビックカメラのテレビ売り場で偶然目撃。 そのあと、自分のワンセグ携帯のテレビで見ながら家へ帰った。 ワンセグだとちゃんと見ることが出来なかった。 

それがなんとYOUTUBEで見ることが出来た。

Monkey Magic 2006 ~ Gandhara ~ ONE FOR EVERYONE ~ 銀河鉄道999 というメドレー。ちょっとタケのボーカルのキーが低いのが残念だが、ONE FOR EVERYONE はミッキー作の日本語の新曲で、聞いてみる価値あり。



paul83 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)