NHK

December 31, 2015

今年もまた紅白歌合戦の日がやってきた!

紅白歌合戦ではヒットしなかった名曲も聞ける!?

にほんブログ村 音楽ブログへ
今日はNHK紅白歌合戦の日。

kohhaku

僕がまだ小さい頃は、一年で一番人気の高かった歌をまとめて生で視聴できる歌番組だったと思う。50歳を超えた今はそうは思わない。僕が多くを学んで色んなことの裏側をわかるようになったからということもあるが、そういう意味ではなく、紅白歌合戦が時代と共に変質したのだ。

今や、一番人気の歌手は紅白に出場したがらないそうだ。理由のひとつはギャラが安い上に拘束される日が数日あるということ。 もう一つは、昔の一番人気の歌が登場するというステータスが無くなったから、自前のコンサートを行う方が何倍も稼げるということ。詳細:大物歌手ほど紅白歌合戦出演を断る本当の理由とは?   

1970年代、松山千春中島みゆき松任谷由美など当時大人気だった所謂「ニューミュージック」系の歌手はテレビ出演をしないというポリシーから出場辞退をしていたが、そのときの理由とは大きな違いである。2000年代に入って中島みゆきNHKとのつながりもあって、「初出場(?)」という冠を付けられたときには、失笑したものだ。過去にNHKが何度も断られていたわけだから。初出場だったのは間違いないけど。

最近の紅白歌合戦は、人気よりも話題優先。特に近年はNHKへの貢献度が重要視されている気がする。NHKの忘年会みたい。また、ジャニーズ系AKB系、近年はEXILE系も含めた特定プロダクションの出場者の割合が不自然に高まり、ヒット曲が無くても紅白に出場できるようになってしまった。

こんな紅白だが、だからこそ楽しめるのが、ヒットチャートに上らなかったと思われる、社会的なテーマを持った曲だ。毎年1曲くらいしかないが、貴重な歌のパフォーマンスが楽しめる。

僕が記憶している曲は、2004年の「遥かなるクリスマス」(さだまさし)、2012年の「ヨイトマケの唄」(美輪明宏)、2014年の「ピースとハイライト」(サザン・オールスターズ)である。「ピースとハイライト」は前年の大ヒット曲だが、歌詞の内容がとてもタイムリーだった。 「ヨイトマケの唄」は発売当時はなんと、テレビ、ラジオで放送自粛された曲である!「遥かなるクリスマス」はクリスマスは過ぎたことなど関係なく、反戦の訴えが強すぎてヒットソングのイメージには程遠い唄だが、元々紅白の常連だったさだまさし(これまで19回出場)が歌ったから、紅白で披露され得たのであろう。翌年にも「広島の空」という興味深い歌を歌っている。

今年はみんなの歌に曲を提供して貢献したゴダイゴが出場しないのが無念だが、他のどの歌手の歌が僕を満足させてくれるのだろうか?







paul83 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 08, 2015

きみはミラクル ゴダイゴの最新曲!

GODIEGOの最新曲「きみはミラクル」

minnanoutaゴダイゴ/GODIEGOが6人になって6ダイゴという記事を書いたが、そのときに録音した新曲、「きみはミラクル」の動画をご紹介する。

「NHKみんなのうた」 の映像。2分30秒のショートバージョン。1日に何度かあるこのテレビ番組の中で10月から11月にかけて一日に何度も放映されているのだが、僕のようになかなかその放映に出会えない人が多いようだ。画質は今一だが、意外と面白い映像なのでぜひご覧あれ。
歌詞



 

気に入ったらフルバージョンをCDで聞いてね!


paul83 at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 05, 2015

新生ゴダイゴは6人組に!

吉澤もゴダイゴのメンバーに復帰!6人編成に!

ゴダイゴ/GODIEGOが来年結成40周年を迎えるということで、動きがでてきたぞ!

昨日の日刊スポーツ誌に丸ごと1ページでゴダイゴ/GODIEGOが6人で新曲を録音して再始動したという記事が掲載された。

 
NIKKAN godiego


7月31日に録音した新曲は「きみはミラクル」というタイトルで、命の大切さを歌ったメッセージソング。そして、なんとNHKテレビのみんなの歌で10月に流れる! ゴダイゴ/GODIEGOの曲が流れるのは1979年のビューティフル・ネーム/Beautiful Name 以来で、36年ぶりだ。

みんなのうた
どんな曲だかとても気になる。当然英語バージョンも聞けるだろうね。

2006年から全盛期のメンバー5人で再結成後の活動を地道に続けてきたゴダイゴ/GODIEGOだが、今回を機に、スティーブ・フォックス/Steve Fox脱退後のベーシスト、吉沢洋治が加わって6人編成バンドになった!彼ら自身は「新生ゴダイゴ」と呼んでいる!

また、先日お伝えしたとおり、今日はビューティフルネームのカバーの発売日! 
BEAUTIFUL NAME(CD+DVD)

結成40周年に向けて、ゴダイゴ周辺が何やら賑やかになってきたぞ!



paul83 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 13, 2007

NHKにゴダイゴ登場!30分も!5

昨晩、NHKにゴダイゴが登場した。SONGSという番組で30分間ゴダイゴの特集だ。

代表曲Monkey Magicで始まり、ヒット曲メドレーがあり、最後は新曲BIG MAMAで締めた。

この番組を見て嬉しかったのは最後のBIG MAMAを聞けたこと。テレビでは初演奏ではないだろうか?ケネディ夫人を歌っていると聞いたことがあるが、夢を持って生きようというテーマで、ちょっとハードロック的なアレンジだった。

もうひとつ嬉しかったことがある。それはこのブログでも何度か書いているが、ボーカル・タケカワユキヒデの声のキーのことだ。今回は見事オリジナル・キーになっていた!(タケ、引き続き頑張ってね!)

この番組では途中でインタビューを挟んでいて、中国やネパールでの話が、他のアジアの国々の映像と共に放送された。NHKに民放ドラマ「西遊記」のシーンや、ベストテン番組のシーンが出てきたのが画期的だと思った。

この番組を見て思い直したことがある。それは彼らが1979年の国際児童年のテーマとして歌った「ビューティフル・ネーム」についてである。

あの歌が流行った頃は僕はまだ中3か高1だったので、子供たちのことを歌ったんだな、くらいしか考えなかったが、この頃よく問題になっている児童虐待について考えた時、当時も日本ではそんなに問題にはなっていなかったと思うが、諸外国の子供たちの状態―戦争状態や飢餓状態に置かれた子供たち―を考えてこの歌を聴くと、なんと素晴らしい歌なのかと、今更ながら感激してしまった。

1999年に一時再結成した時に発表したアルバムのタイトルが"What A Beautiful Name!"であり、そこでニュー・バージョンを発表したのもそんな意味での彼等のメッセージであったと思うと、今になって彼等の音楽の奥深さを思い知らされる。彼等はこの歌を中国でもネパールでも現地の言葉に訳して歌い、観客に合唱させたのだ。

この番組、なんと再放送が二回も予定されている。まだ見ていない方はぜひご覧あれ。

12月18日(火) 総合 午前 1:50〜
12月19日(水) BS2 午前 8:30〜

詳細



paul83 at 20:45|PermalinkComments(2)

November 19, 2006

自分の子供がいじめの加害者にならないように!3

いじめについて、学校はどう対応すべきか?

今日NHKでいじめについての番組を偶然見た。

オーストラリアの学校での実践を紹介していた。紹介された学校では、小学生が実際にいじめの場面を演技して、このことで、お互いの気持ちはどうなるであろうかと討論をさせていた。

豪州の学校では、両親と連携をとりながら、いじめについて次の3つを常に心がけていると言う。

1.いじめは当然あるということを前提に考える。
2.いじめには迅速に対応する。
3.加害者にならないように教育する。

1.について、日本ではいじめがあると学校のイメージダウンになるので、いじめについては否定するのが当然のようになっている。しかし、オーストラリアでは、いじめがあるのは当然で、それに対してどのように取り組んでいるのかが重要なのだ。

2.は、常に生徒たちの様子を観察し、いじめの小さな芽が現れた時点で、当事者同士で話し合って解決させている。 ただし、日本の学校ではシカト、仲間はずれなど社会的ないじめの割合が、殴ったりする身体的ないじめよりはるかに高いのに対して、他の国々は、身体的いじめの方が高いという違いがある。

3.は、いじめを黙って黙認したり、見ないふりをするのもいじめの加害者であるという考え方で、親は自分の子がいじめの加害者になっていないか家庭で心配しているという。自分の子がいじめられていないか心配する日本とは正反対である。

今後、日本の全ての教師と親が子供がいじめの加害者にならないように教育することがとても大事だと思う。文部科学省や教育委員会、果ては学校の教師までが、学校のいじめ自体を否定し、いじめ報道により生徒数が減るのを恐れている現状をそのままにしないためには、やはり学校の「顧客」である、親たちの意識改革が必要だと思う。以前、いじめている友達の名前まで出して自殺した中学生に対し、学校は、いじめが原因ではなく、個人の人間関係上のトラブルが原因であると言い切ったことがあった。ここに僕は学校の校長や(校長の天下り先と言われている)教育委員会の保身主義を見ることが出来る。



paul83 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)