CD

July 15, 2015

ビューティフル・ネームがカバーされた!

ゴダイゴのニューティフル・ネームがカバーされた!

ゴダイゴ/GODIEGOビューティフル・ネーム/Beautiful NameEXILE系のユニットによってカバーされた!
ユニット名は DANCE EARTH PARTY feat. The Skatalites+今市隆二 from 三代目 J Soul Brothers。

Dance Earth Party

EXILEといえば銀河鉄道999のカバーでも記憶に新しい。そのときは作者のタケカワユキヒデはテレビで見て初めて知ったと語っていたが、今回はもうチェック済みだろうか?(笑) 発売は8月5日。1番、2番を日本語で歌って、間奏のあとは英語メインになる歌い方。ぜひお楽しみあれ!

 
ゴダイゴ/GODIEGOの曲がカバーされてこれからたくさん聞けるようになると思うとそれだけでウキウキ・ワクワクする!
beautifulname exile

関連記事

ゴダイゴ/GODIEGO のオリジナル・日本語版(歌詞表示動画)


paul83 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 15, 2011

日の丸デザインのチャリティ・アルバム

ソングス・フォー・ジャパン日の丸の上にSONGS FOR JAPANと書かれた このデザインはCDのジャケット。もう有名で説明の必要は無いと思うが、収録曲はJohn Lonnon Imagine から始まり、キラ星のような有名ロックスターの面々がチャリティーとして提供してくれた楽曲が37曲も収録された2枚組アルバム。もちろん東日本大震災の被災者救済を目的としたチャリティー・アルバムだ。テーマは「癒し」「励まし」「愛」である。

ソングス・フォー・ジャパン は3月25日に発売され、iTunes ストアでは18ヶ国で1位を記録。アメリカのビルボードでも初登場6位というすごいセールスを記録し、5位まで上昇した。

このCDのために新たに作られた曲は無いが、この中で僕がお薦めしたい曲を挙げてみると、

U2: Walk On
アウンサン・スーチー
さんに贈るために作った歌。
Bob Dylan: Shelter from the Storm
ボブ・ディラン
のパワフルなロック。
Bruce Springsteen: Human Touch
アメリカンロック界のボスが人のふれあいについて歌った名曲。

最後に
R.E.M.: Man on the Moon
これは東京でのライブバージョン。このアルバムではハイライトのひとつでは?

ここで浅はかながらもちょっと考えてみた。

1.このアルバムの収益はソニー・ミュージック・エンターテインメント(アメリカ)を通じて日本赤十字社に寄付されるそうだ。待てよ。ソニーといえば日本の会社じゃないか?アルバムは世界中で売れていてその収益はアメリカのソニーに集まるとしても、日本で売れた分に関しては日本国内で売上げ管理する方が効率が良いのではないか?そうすると逆にスタッフが必要になって余計な費用がかかるということなのか?理解できないわけではないが、不思議ではある。

2.このチャリティ・アルバムのタイトルを訳すと「日本のための歌」だ。東日本大震災の場合、日本国内では被災東北・北関東地方と一般的には思われている。しかし、このCDに収録された曲の歌手たちのほとんどが属する英米では日本という被災に向けてチャリティをしたのではないか。だとしたら、このアルバムを日本で販売して日本での売上げがアメリカ経由で日本赤十字に送られるのは変ではないか?これはまるで1985年のアフリカ飢餓救済チャリティレコード、We Are The Worldをアフリカで販売するのに等しいのではないか?

どうだろうか?

全収録曲は下のパーツでユーチューブ動画として視聴できるので興味ある方はお楽しみあれ。

 


paul83 at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 31, 2009

9/9発売のビートルズ・リマスターCDが凄い!

人気ブログランキング
ビートルズの全てのアルバムがリマスターで蘇るという。9月9日に発売予定のザ・ビートルズ・ボックスだ。詳細はこのページに紹介してあるが、1963年のデビュー盤からリマスターされて、音が生き生きと蘇り、60年代の録音とは思えない巣晴らし出来栄えに聞こえるという。仕様も紙ジャケットでイギリスのオリジナル盤を模して作られるのが嬉しい。

そういえば数年前にビートルズの英米でのナンバーワン曲ばかり集めた「1」 というアルバムが発売されたが、この収録曲もリマスターだと今回初めて知った。発売当時、もうすでにヒット・シングルの全音源を持っているので買おうとは思わなかったが、今は興味が沸いてきた。

発売当時、アルバムはモノラルで発売されたアルバムやシングルが多かったので、その音源を忠実に再現したザ・ビートルズ・モノ・ボックス も話題になっている。

各アルバム単品もリマスター盤が発売されるそうなので、高いボックス・セットは避けて、何か一枚買ってみようかな。

最近ビートルズに興味を持った若い人も、リマスター盤で楽しんでほしいです。

ビートルズのアルバム・関連商品はこちらで!



paul83 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 13, 2008

The BeatlesのCDあれこれ(廉価盤)5

551565e7.jpg

1980年代中ごろ、世の音楽はアナログレコードからデジタルCDへと急速に移行していた。LPレコード1枚、当時2800円が普通だったので、CDも同じくらいの値段で発売された。CDプレイヤーを皆買い、CDが標準的な音楽ソフトとなると、アナログレコードで持っている音楽を簡単に聞けなくなってきた。

 

僕の場合は、自分が少ないおこづかいをはたいて貯めたレコードは、ゴダイゴビートルズが大半を占めていた。レコードをかける機会がなくなりビートルズが恋しくなると、今度は正規盤ではない、どこのメーカーか分からないところから、1950〜70年代の洋楽のヒット曲集CDが大量に発売された。一枚1000円くらいでレコードよりも多い曲を収録し、それもレコードにつき物のノイズのないクリアな音で再生できた。但、これらは正規のCDショップでは販売されておらず、ディスカウントショップや露店などで売られていた。様々な英米中心のヒット・オールディーズを独自のセンスでまとめたオムニバス(コンピレーション)も多数あり、その中にそれまで欲しくても買えなかっためずらしい一曲を見つけてはそれのためだけに一枚CDを買ったりしたものだった。

 

このときに僕はこれらの廉価CDを大量に買って、Elvis Presleyも聞いたし、PPM、BOB DYLANも自由自在に聞けるようになった。

 

そんな中でBeatlesはあらゆる種類のCDが発売された。特にBeatles活動期間全ての発表曲を発売順にひたすら並べて収録した十巻以上のシリーズが何種類か発売され、予算の都合で、欲しい部分だけ買ったものだ。

 

その中でいくつか紹介したい。すべてオークション出品中なので、興味ある人には入札して欲しいと思う。

 

Beatles Perfect Collection 8

ビートルズの最高傑作といわれるサージェントペッパーのアルバムが丸ごと収録されている。その前に発売されたシングルのカップリングも入っていて、サイケデリック時代のBeatlesを満喫できる貴重盤です。

 

Beatles Perfect Collection 3 & 4 SET 32曲入り

記念すべきアメリカデビュー曲、「抱きしめたい」で始まり、オリジナルアルバムには収録されなかった「のっぽのサリー」EPの全4曲、サードアルバム、「ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ」の全曲の間に2枚目に移り4th「ビートルズ・フォー・セール」のほとんどの曲を楽しめます。

 

Come Together

Beatlesの実質最後のアルバム、「アビ―・ロード」をほとんどそのまま収録しています。若干違いますが、通して聞く分には何の問題も無しです。

 

The Beatles Rock’n Roll Standard

ビートルズが発表した、オリジナルではない曲、いわゆるカバー曲ばかりを集めたもの。モノラルですが、めずらしい選曲のCDです。発売当初は全てモノラルでしたので、こちらのほうが本物に近いのです。

 

FROM ME TO YOUアルバム未収録曲集

アルバムコピーCDシリーズの最後辺りの巻として、オリジナルアルバムに収録されていない曲ばかりを集めた、レア音源が多いCD。シングルB面のみで発表された曲が多いので貴重です。特に「ジス・ボーイ」「イエス・イット・イズ」というアコースティックな3人コーラスを楽しめる2曲がステレオで収録されているのがすごいです。シングルではモノラルでしたので。

 

Best The Beatles Vol.9

こちらもPerfect Collectionと同様にBeatlesの曲を発売順に収録したシリーズのひとつ。こちらは「リボルバー」の曲が1曲目から11曲目まで収録されている。一曲目はシングルの「ペイパーバックライター」。曲数が12曲と少な目なのが玉に瑕です。

 

このような廉価CDは今も色んなところで目にすることが出来るが、最新でも1967年くらいで、ビートルズの活動期間後期の途中まで。「ホワイトアルバム」辺りまでではないかと思う。

 

ビートルズ・ビギナーには正規盤よりも安くておすすめです。街で見かけたら手にとって見ましょう。



paul83 at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 25, 2007

CDをオークションに出品しました。5

僕が愛聴していたCDを少しずつオークションに出品しています。今回は、John Lennonを中心にQueenも一枚出しています。興味ある方、下のリンクをクリックしてみてね!

ビートルズ ホワイトアルバム(安値版)
ジョンレノン関連アルバム
LENNON BOX ジョンの魂 ヌートピア宣言 ライブ・イン・ニューヨーク ジョン・レノン・コレクション
インタビューCD(国内入手困難) トリビュート 労働階級の英雄
クイーンのラスト・アルバム メイド・イン・ヘヴン



paul83 at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 24, 2007

クイーンHONDA FIT CMソング収録アルバム―ヤフオク出品!4

ホンダFITのTVCMで流れている曲は、このアルバムの冒頭を飾る"It's A Beautiful Day"だ。

Freddie Mercuryの生前の声でQueenのニュー・アルバムが発表されたという驚くべきニュースを聞いて発売後間もなく購入した。リードボーカルのFreddie Mercuryが1991年11月にAIDSで亡くなったあとの1995年に発売されたアルバム。全曲Freddieがボーカルを担当している。

Freddieは闘病生活の合間にも曲作りとレコーディングに精力的に取り組んだが、完成前に死亡してしまった。

このアルバムは残りのメンバー、Brian May, Roger Taylor, John Deaconが、Freddieの死という大きな悲しみを乗り越え、彼の生前に未完成だった録音に演奏を加えて完成させたアルバム。

ソロですでに発表された曲も新たに録音され、その中の"I Was Born To Love You"がヒットし、日本でも何度かCMやドラマで使用されている。

タイトルの意味が「天国製」というところが意味深であり、「俺を生かしてくれ」と叫ぶ"Let Me Live"の歌詞は当時のFreddieの心境を表しているようで、心を打つ。

このアルバムをオークションに出品している。開始価格は1000こちらからどうぞ

収録曲目紹介
1.イッツ・ア・ビューティフル・デイ (It's A Beautiful Day-素晴らしい日だ)
(HONDA FITのCMソング)

2.メイド・イン・ヘヴン (Made In Heaven-天国製)
3.レット・ミー・リヴ (Let Me Live-俺を生きさせてくれ)
4.マザー・ラヴ (Mother Love-母の愛)
5.マイ・ライフ・ハズ・ビーン・セイヴド(My Life Has Been Saved-わが命は救われた)
6.アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー (I Was Born To Love You-君を愛するために僕は生まれた)
7.ヘヴン・フォー・エヴリワン (Heaven for Everyone-みんなのための天国
8.トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー (Too Much Love Will Kill You-大きすぎる愛は君を殺す)
9.ユー・ドント・フール・ミー (You Don't Fool Me-俺をからかうな)
10.ウインターズ・テイル (Winter's Tale-冬の物語)
11.イッツ・ア・ビューティフル・デイ(リプライズ)



paul83 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 20, 2007

音楽CD ジョン・レノン・コレクション ヤフオク出品中!5

このCDは元々ジョン・レノンが亡くなった翌年の命日くらいにLPレコードとして発表されたもので、70年代のソロ活動時代の所属レコード会社EMI時代のヒット曲と、暗殺直前にGeffinレコードから発売されたダブル・ファンタジーの名曲が一枚にまとめられたのが画期的なことだった。ダブル・ファンタジーからはジョンの曲では"Cleanup Time"以外、全て収録された。アメリカ盤では8."Happy Xmas (War Is Over)"が収録されなかった。発売時、お小遣いをはたいてレコードを買った。アルバム発売を記念してシングルカットされたファーストアルバムからの"LOVE"も収録された。

1989年にCD化され、そのときに18と19が追加された。18は元々シングルStand By MeのB面の曲で、アルバム収録は初めてということで画期的であった。

収録曲
1. 平和を我等に (シングル)
2. インスタント・カーマ  (シングル)
3. パワー・トゥ・ザ・ピープル  (シングル)
4. 真夜中を突っ走れ  (心の壁・愛の橋)
5. 夢の夢 (心の壁・愛の橋)
6. マインド・ゲームス (ヌートピア宣言)
7. ラヴ  (ジョンの魂)
8. ハッピー・クリスマス(戦争は終った) (シングル)
9. イマジン  (イマジン)
10. ジェラス・ガイ  (イマジン)
11. スタンド・バイ・ミー  (ロックンロール)
12. スターティング・オーヴァー  (ダブル・ファンタジー)
13. ウーマン (ダブル・ファンタジー)
14. アイム・ルージング・ユー  (ダブル・ファンタジー)
15. ビューティフル・ボーイ (ダブル・ファンタジー)
16. ウォッチング・ザ・ホイールズ (ダブル・ファンタジー)
17. 愛するヨーコ  (ダブル・ファンタジー) 
18. ようこそレノン夫人 (シングル)  
19. コールド・ターキー (シングル) 

その後このCDは廃盤になった。死後に発売された「ミルク・アンド・ハニー」からの選曲が無いことから新たなベスト盤を作ることになったのだと思う。今は入手困難でコレクターズ・アイテム。開始価格830円で出品中です! ここで入札してね!



paul83 at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

ヤフオク出品しました! 音楽CD ジョンの魂 BY ジョン・レノン4

John Lennon Plastic Ono Band

ビートルズ解散後、ジョン・レノンが1970年12月11日に英米で発表したソロ・デビュー・アルバム。曲目は以下の通り。

1. マザー(母)  "MOTHER"
2. しっかりジョン  "HOLD ON"
3. 悟り  "I FOUND OUT"
4. ワーキング・クラス・ヒーロー(労働階級の英雄)  "WORKING CLASS HERO"
5. 孤独  "ISOLATION"
6. 思い出すんだ  "REMEMBER"
7. ラヴ(愛)  "LOVE"
8. ウェル・ウェル・ウェル  "WELL WELL WELL"
9. ぼくを見て  "LOOK AT ME"
10. ゴッド(神)  "GOD"
11. 母の死 "MY MOMMY'S DEAD"

冒頭、教会の鐘の音を何倍にもスローにした、低く深く響く鐘の音が4回程鳴って、重苦しい雰囲気をかもし出した直後に、ジョンの"Mother you had me ..."と叫びが始まる。切々とした叫び、これがこのアルバムを象徴している。演奏もシンプルな構成なので、どうしてもメロディと歌詞、そしてボーカルに関心が集中する。George Harrisonも演奏に参加している。

ジョンのありのままをさらけ出したようなアルバムで、冒頭の鐘の音以外はとても親しみやすいアレンジである。

この中で有名な曲は1と7。それぞれシングルで発売された。僕のお気に入りはボブ・ディラン風の4, 緊迫した雰囲気の6, 様々な偶像を否定し、神まで否定する10.

最近ボーナストラックが付いたリミックス盤が一般的になっているが、こちらはそれより前の日本盤。当然中古だが、自分ではあまり聞いていない。レコードを録音したものをよく聞いたものだ。

年末に公開予定の「ジョン・レノンは誰に殺される?」でもここから多くの曲が流れることだろう。

今回は700円スタートでヤフオクに出品しました。



paul83 at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

April 02, 2007

2つのアップルが手をつないだ、ビートルズとコンピュータ!5

ce79b202.jpg

Appleといえば今やI-PODとマックのコンピュータメーカーが第一に思い浮かぶと思われるが、ポップス界の革命児、ビートルズが作ったレコード会社もAppleであった。 こちらの方はHey Judeなどの自分らの曲や、Mary Hopkinという美人シンガーでは成功したが、運営には成功せずに倒産したと思うのだが、未だにビートルズのCDにはリンゴの絵が使用され、当時そのままにApple Recordと書いてある。

この二つのAPPLESが手を組むようだ。 ダウンロードで音楽を購入するのがかなり流通してきた今もビートルズの曲は販売されていないという。 ビートルズ・アップルコンピュータ・アップルが目をつけ、今後I-PODを通してダウンロード販売を開始するのではないかという噂が流れているようだ。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000639-reu-ent

今一度ビートルズとは何だったのかを考えて、アルバム紹介ページを作ったので、ここにお知らせします。



paul83 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)