音楽

January 21, 2018

菜々香のフリーライブ!(イオンモールにて)

菜々香/NANAKA のフリー・ライブ!

nanaka

昨日、某イオンモールへ行ったら、偶然、フリーのミニライブのチラシを見かけ、時間もたっぷりあったのでライブを見ることにした。歌手名は菜々香(NANAKA)といい、かつてBRIGHT というボーカル・グループのメインボーカルだった。去年出したミニアルバム、7HEART-DELUXE- iTunesR&B/ソウルチャートで2位になったということで、現在、人気歌手として活躍中らしい。



30分ほどの短いライブだったが、さすがに歌唱力は抜群だった。僕はCome Back という曲が気に入った。とてもいい曲だ。


英語を生業とする僕には、歌詞に何度も登場する EVERYTHING の「TH」の発音ができず、EVERYSING のように聞こえたのが残念だった。
everysing

菜々香さん、無料で楽しい時間を過ごせたよ。ありがとう。

オープンな会場だったが、録音・撮影禁止ということで、スマートフォンをしまうように言われた。実は、アイフォンを使ってツイキャスでネットに流そうと思っていたのだが、コソコソ人の目を盗んでまではしたくなかったので、素直にあきらめた。イオンモールの吹き抜けの2階、3階のところから観ている人たちにも規制がかかっていたが、僕には何かもったいなく思えた。

恐らくは、それほどの有名歌手なのだろう。J-POP はほとんど聞かない僕だからわからないけど、人気歌手ならば仕方ないと言えばそうなんだけど、そんなに聴衆が殺到していたわけでもなく、100人ほど用意されていた客席でもまだ空席がある状態だった。

歌を聞いていても両脇に鋭い目つきで監視している人がいると落ち着いて楽しめない気がする。いっそ、この場はどんどん撮らせて、ユーチューブやSNSで共有させればいいのに、と思ってしまう。

全部OKにしなくても、一部分だけでも撮影OKにすれば、みんな素直に従うと思う。これはK-POPの歌手が来日した際に、イベントなどでよく使う手法だ。

せっかく偶然居合わせたライブがその場限りで終わってしまうのはもったいない。写真や音声など、記念品を持っていけば、むしろ忘れようにも忘れられない思い出になるのに。

韓国はそこのところ、必死に規制しても無駄だとあきらめて、逆に撮った映像や写真を積極的にアップロードしてくれとお願いしているくらいだ。宣伝に上手に利用している。日本でもこういうところを見習ったらいかがだろうか。

paul83 at 14:25|PermalinkComments(0)

July 15, 2015

ビューティフル・ネームがカバーされた!

ゴダイゴのニューティフル・ネームがカバーされた!

ゴダイゴ/GODIEGOビューティフル・ネーム/Beautiful NameEXILE系のユニットによってカバーされた!
ユニット名は DANCE EARTH PARTY feat. The Skatalites+今市隆二 from 三代目 J Soul Brothers。

Dance Earth Party

EXILEといえば銀河鉄道999のカバーでも記憶に新しい。そのときは作者のタケカワユキヒデはテレビで見て初めて知ったと語っていたが、今回はもうチェック済みだろうか?(笑) 発売は8月5日。1番、2番を日本語で歌って、間奏のあとは英語メインになる歌い方。ぜひお楽しみあれ!

 
ゴダイゴ/GODIEGOの曲がカバーされてこれからたくさん聞けるようになると思うとそれだけでウキウキ・ワクワクする!
beautifulname exile

関連記事

ゴダイゴ/GODIEGO のオリジナル・日本語版(歌詞表示動画)


paul83 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2012

ゴダイゴの珍しい動画を見つけたよ!

ゴダイゴの Close Ups〜Deep Redにほんブログ村 音楽ブログへ

今日、たった今面白い動画を見つけた。ゴダイゴのコンサートの模様だ。曲はアルバムOur Decade/ 僕らの時代 というアルバムの収録曲でヒット曲ではない。前編英語で歌われる、社会問題を扱った一種のトピカルソング。いつかの24時間テレビの深夜年越しライブでも演奏された演目だ。Close UpsDeep Red のメドレー。アルバムでもメドレーになっている曲だが、Close Ups の間奏がかなり長く、けっこうインスト・ロックを楽しめる構成になっている。

この動画の何が面白いかというと、これがなんとハワイ生まれのハーフ、ベーシストのスティーブ・フォックスがキリスト教の宣教師になるために脱退した後であるとともに、シルクロードの旅の後の初の東京都内でのライブだと言うこと。まだスティーブの後任、吉沢が加入する前の4人によるコンサートで、ベースはセッション・ミュージシャンを起用してのコンサートだった。

ゴダイゴ・ホーンズはまだ健在だが、スティーブの低音部分の ”Watching those"という歌詞をタケカワユキヒデが自分で歌ってるところが哀愁をさそう。

ぜひこの動画を見て英語学習者は英語リスニングで意味を取って頂きたい。ゴダイゴファンの方は、どうかこの記事をいろんな人に紹介して頂きたい。

OUR DECADE

paul83 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 25, 2011

「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」紅白出場祈願!

制服向上委員会ダッ!ダッ!脱・原発の歌前回このブログで紹介したちょうど2ヵ月後の8月15日にCDとして発売され、プロモーションビデオまでできていたんですね。

もう忘れないから 原発推進派
安全だったらアナタが住めばいい
みんなに迷惑かけちゃって
未熟な大人で恥ずかしいよね
 
全ての未熟な大人たち、心が痛いです。 
歌詞

カップリングも脱原発路線で、「原発さえなければ」で、これまた結構強烈です。長年同グループを支えている会長、橋本美香制服向上委員会メンバーのユニットになっています。

頭を上げて前を見て心をひとつにして頑張ろう
君はひとりじゃない未来は永遠に続くから
そんな言葉がむなしく響く
別にあなたに言われなくても

この歌詞にはことばが出ません... 
彼女達がこんな歌詞を歌わなければいけないなんて...むなしい。さあ、とうしましょう? 
歌詞
 
この二曲はRCサクセションの「サマータイム・ブルース」「ラブ・ミー・テンダー」のカップリングと同じくらい力強いメッセージ・ソング・カップルだ。このCDが発売されたこと自体に意義があるが、今後はどんどん色んな場所で普及して、流行させることが大切。

みんな、この曲を紅歌合戦に出場させよう!リクエスト、リクエスト、とにかくどこへでもリクエストしちゃおう!

ダッ!ダッ!脱・原発の歌
ダッ!ダッ!脱・原発の歌
posted with amazlet at 11.09.18
制服向上委員会 
アイドルジャパンレコード (2011-08-15)
売り上げランキング: 3935
Amazon.co.jp で詳細を見る 


paul83 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 15, 2011

日の丸デザインのチャリティ・アルバム

ソングス・フォー・ジャパン日の丸の上にSONGS FOR JAPANと書かれた このデザインはCDのジャケット。もう有名で説明の必要は無いと思うが、収録曲はJohn Lonnon Imagine から始まり、キラ星のような有名ロックスターの面々がチャリティーとして提供してくれた楽曲が37曲も収録された2枚組アルバム。もちろん東日本大震災の被災者救済を目的としたチャリティー・アルバムだ。テーマは「癒し」「励まし」「愛」である。

ソングス・フォー・ジャパン は3月25日に発売され、iTunes ストアでは18ヶ国で1位を記録。アメリカのビルボードでも初登場6位というすごいセールスを記録し、5位まで上昇した。

このCDのために新たに作られた曲は無いが、この中で僕がお薦めしたい曲を挙げてみると、

U2: Walk On
アウンサン・スーチー
さんに贈るために作った歌。
Bob Dylan: Shelter from the Storm
ボブ・ディラン
のパワフルなロック。
Bruce Springsteen: Human Touch
アメリカンロック界のボスが人のふれあいについて歌った名曲。

最後に
R.E.M.: Man on the Moon
これは東京でのライブバージョン。このアルバムではハイライトのひとつでは?

ここで浅はかながらもちょっと考えてみた。

1.このアルバムの収益はソニー・ミュージック・エンターテインメント(アメリカ)を通じて日本赤十字社に寄付されるそうだ。待てよ。ソニーといえば日本の会社じゃないか?アルバムは世界中で売れていてその収益はアメリカのソニーに集まるとしても、日本で売れた分に関しては日本国内で売上げ管理する方が効率が良いのではないか?そうすると逆にスタッフが必要になって余計な費用がかかるということなのか?理解できないわけではないが、不思議ではある。

2.このチャリティ・アルバムのタイトルを訳すと「日本のための歌」だ。東日本大震災の場合、日本国内では被災東北・北関東地方と一般的には思われている。しかし、このCDに収録された曲の歌手たちのほとんどが属する英米では日本という被災に向けてチャリティをしたのではないか。だとしたら、このアルバムを日本で販売して日本での売上げがアメリカ経由で日本赤十字に送られるのは変ではないか?これはまるで1985年のアフリカ飢餓救済チャリティレコード、We Are The Worldをアフリカで販売するのに等しいのではないか?

どうだろうか?

全収録曲は下のパーツでユーチューブ動画として視聴できるので興味ある方はお楽しみあれ。

 


paul83 at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 02, 2007

2つのアップルが手をつないだ、ビートルズとコンピュータ!5

ce79b202.jpg

Appleといえば今やI-PODとマックのコンピュータメーカーが第一に思い浮かぶと思われるが、ポップス界の革命児、ビートルズが作ったレコード会社もAppleであった。 こちらの方はHey Judeなどの自分らの曲や、Mary Hopkinという美人シンガーでは成功したが、運営には成功せずに倒産したと思うのだが、未だにビートルズのCDにはリンゴの絵が使用され、当時そのままにApple Recordと書いてある。

この二つのAPPLESが手を組むようだ。 ダウンロードで音楽を購入するのがかなり流通してきた今もビートルズの曲は販売されていないという。 ビートルズ・アップルコンピュータ・アップルが目をつけ、今後I-PODを通してダウンロード販売を開始するのではないかという噂が流れているようだ。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000639-reu-ent

今一度ビートルズとは何だったのかを考えて、アルバム紹介ページを作ったので、ここにお知らせします。



paul83 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)