英会話

March 05, 2013

英語はリズムだ!その3 チャンツで楽習!

英語はリズムだ!その3 チャンツで楽習!

にほんブログ村 音楽ブログへ
以前に紹介したマリー・マツダのヒップホップ・チャンツは勉強が遅れがちな生徒にはかなり難しいかもしれない。では、もっと適した リズム教材は無いものかと、新宿の紀伊国屋書店へ行ってみた。

まずは洋書売り場で、ESL用の教材を見てみた。Jazz Chants/ジャズ・チャンツというのは いくつも出ていたが、CD等が付いていない。唯一付いていたシリーズは本当に小さな子供向け教材なので、内容が幼稚過ぎて使えなさそう。一冊3000円近くもするので、買い控えた。

54a4d2b3.jpgそこからすぐに英語関連書籍のコーナーへ直行。英会話のところでやっと見つけました、チャンツで楽習! 決定版(NHK出版)という打って付けの本を!

NHKのCDブックで、教育ラジオの「基礎英語」でやったものを発展させて新たに作ったもの。中学2年から中学3年生の関係代名詞までの英文法をカバーする、32ものチャントが収録されている。それぞれ生徒たちの周りにありそうなシチュエーションで対話が作られており、内容も面白い。

これこそ僕がやりたい英語教育にピッタリだと思った。その後、実際に試してみたところ好評である。

この一例が動画でアップされていた!この動画を紹介している英語講師のブログでご覧あれ。

人気ブログランキング

paul83 at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 13, 2009

「ローマの休日」を聞き流して英語楽習!5

前の記事で紹介した「スピードラーニング」は英語の音声が流れてその直後に日本語訳が聞こえてくる。長い文は節で区切って訳文が流れる。これをいつも聞き流していればいつの間に英語のリスニングが上達するという仕組み。

英文の中に未知の単語が含まれていてもすぐに日本語の訳文が流れてくるのでその単語や熟語の意味を推測できるので、ストレスが溜らない。未知の語を辞書で調べる必要も無い。

「スピードラーニング」は毎月教材が送られてくるタイプの教材。

今回紹介するのは、このブログでは2度目だが、一式を一度購入すれば完了の単発教材、 「聞き流すだけで英語をマスター・ローマの休日」 。10,000円くらいで購入できる。

ハリウッド映画の人気作品、オードリー・ヘップバーングレゴリー・ペックが主演を務めた名作、「ローマの休日」全編を利用した教材。映画DVD1枚とCD3枚のセット。DVDは和英同時表示の字幕を出したり消したりできる。

この教材の特徴は、「スピードラーニング」とは反対に、日本語訳が先に流れてきて次に映画のせりふが流れてくる。驚くべきは、そのせりふは本物の音声を音程を変えずにスローにしたもの。初心者でも聞き取りやすく配慮されている。 「スピードラーニング」と比べると区切りがかなり細かい感じがする。各文節、句ごとに訳を確認できる。

CD3枚のうち2枚が日本語と英語の順番で出てくる日本語―英語版。もう1枚は英語の音声が映画とまったく同じナチュラル・スピードで収録されている。

日本語―英語版を何度も聞いて、時々3枚目を聞きながらどれくらい聞き取れるか試してみるとよいだろう。

また、日本語―英語版である程度聞き取れるようになったら、日本語を聞いた瞬間でどれだけ英語を思い出せるか予測してみるのも効果的だと思う。

日本語―英語版の収録どおりでているスクリプト・ブックが付いているので、大いに活用したい。(原文のみのスクリプトも掲載されている)見ながら聞くよりは、何度か同じ箇所を聞いてみた後で確認するような使い方が良いと思う。何度聞いても聞き取れなかった英文をスクリプトで確認すると記憶に残りやすいと思う。

「スピードラーニング」も「ローマの休日」」も聞き流すだけで英語をマスターするのが売りだが、僕の体験では、部屋のCDプレーヤーでひたすら流しっぱなしで聞くよりは、ポータブルプレーヤーで外に持ち出して移動時間に聞き流す方がはるかに効果的だった。

英語と日本語。どちらが先に聞こえる方が効果的なのだろうか。

個人的には日本語が先の方がその英語訳を予測する楽しみがあり、英語表現自体への関心を維持できて良いと思う。英会話はリスニングとスピーキングを繰り返すコミュニケーションだと言えるが、スピーキング力アップを目指すなら日本語が先の方が適していると思う。

英語が先の場合はキーワードを拾って内容をつかむリスニング力を磨くには非常に向いている。しかし聞き取りテストをずっと続けているような感じがして、内容は楽しめるが、英語表現はあまり印象に残らない。あとから日本語が聞こえるので安心してしまい、日本語のほうにより関心が向いてしまう恐れがある。

以上が僕の感想だが、どちらもよくできた教材なので、よろしければお試しあれ!

聞き流すだけで英語をマスター:ローマの休日(DVD+CD3枚+教本)【聞き流すだけで英語をマスター】聞き流すだけで英語をマスター:ローマの休日(DVD+CD3枚+教本)
10,290円

早い英語もゆっくり聞ける「音程を変えずに英語をスロー再生」。楽々聞き取れます!
Ads by 電脳卸

 



paul83 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 24, 2009

英語はリズムだ! その2 ヒップホップ・チャンツ

68b309ee.jpg いざ、「英会話・リズムワールド」をアマゾンで探してみると、出品者によ ってただ同然の価格で販売されていた。 早速購入したが、当然のごとくテープは付属していない。テープは無いのかと出品者に問い合わせたところ、無いとのこと。

ヤフオクでアルクの昔の教材をまとめて出品している人がそのテープも 含めて出品していたのだが、全部まとめて買う気はないのでパスした。

確か、アルクの看板通信講座、ヒアリング マラソン の中級コースに連載されていたような気がするのだが、心当たりのある方、教えてくださ い。 近所の古書店も行ってみたが、教材の別売りテープなんて、なかなか見付かりそうも無い。

そんな中、代替の教材も同時に探してみたが、ある古書店で面白い教材になりそうな本を偶然見つけた。「 マリー・マツダのヒップホップ・チャンツ」(研究社)。これは最近の書籍なので当 然CD付である。

これは日常会話をHIP-HOP式にラップ化して覚えてしまおうというもの。 さっそく買って聞いてみた。まず基本文の羅列のような歌があり、その 歌が何度も繰り返される間に、ラップっぽい対話が入っている。

中学生にはちょっと早すぎるかなと思うスピードだが、英語自体が簡単 なので、生徒たちは喜んでついてくるかも知れない。 これはうまく利用すれば、英語のリズムを身につけるいい教材になると思う。 実際にレッスンで使ってみたが、今のところは生徒たちの興味を引いて いるようだ。ぜひこれを長く続けて行ってみたい。

paul83 at 10:10|PermalinkComments(0)

May 23, 2009

英語はリズムだ!その1 英会話・リズムワールド

僕の本業は英語研究・教育である。英語教室は今、巷に溢れている。特に最近目覚しいのは児童英語教室で、大手チェーンを始めとして、日本全国至る所に教室がある。

こういう私も児童英語の講師もしていて、そんなスクールのオーナーでもある。

以前、中学・高校で英語を教えたこともあり、大学生対象のレッスンもしたことがあるが、僕のレッスンには必ず英語の歌がある。

英語の歌は生徒たちを英語に興味を持たせるのに利用できるだけではない。英語の歌は、英語独特の発話法である、強弱のリズムを自然に身に付けさせてくれる。

正しいリズムで英語を話すためには、英語の発音の難しいところである、音声の化学変化(発音されなかったり、2語が音声結合したりすること〜リエイゾン)が上手にできなければいけない。

英語の歌が普通に歌えるようになるということは、これらの化学変化も自然に克服していることとなる。

しかし、英米の有名なポピュラーソングにしろ、マザーグースに代表される子供向けの童謡にしろ、あくまで外国語として学ぶ学習者向けに作られてはいないので、歌詞の語句や文法面で何かと不都合なことが多い。

歌の他にチャンツというものがある。これは元々言語教育用に、基本的な英文をBGMのリズムに合わせて言う練習だ。ラップの基礎みたいなものだ。そう、子供向けのラップだ。これだと歌が下手な人にも負担にならないし、ラップ自体、 J-POPの中でe4c16fdc.jpgも普通に使われるようになったので、生徒たちも興味を持って取り組みそうだ。

事実、僕が高校で英語を教えたとき、アルク(ALC) の教材「英会話・リズムワールド」を利用したことがある。これは会話のダイアログをリズムに合わせて、ラップのように対話する教材で、結構生徒たちに人気があった。順番で前に出て来させて発表させたりしたものである。最近そのときの生徒と会ってみたところ、最初にやったダイアログの最初の4行くらいをまだ覚えていて、空で言えたのだ! それを授業でやったのは15年も前の話である。その部分は僕も覚えていたので、一緒にやってみたが、これは感動的だった。

その経験のあと、自分のレッスンで歌とチャンツを中心にして英語を教えることができないものかと思い、既存の教材を探してみることにした。



paul83 at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 27, 2009

英語を努力して習得したい人にはお奨め出来ない教材5

【英会話】努力不要の英会話教材
【安心の長期5年保証付】
勉強しない【 勝ち組 】英会話
英語の聞き取りは私たちにはとても難しい。 いくら英語の能力が高い人でも、ネイティブスピーカーのナチュラルスピードの発言は中々聞き取れないという。恥ずかしながら、僕もそうだ。

英語を母国語としない人が英語をナチュラルスピードで話すことは大変難しい。 話せるくらいは聞けるといわれる語学学習で、これはナチュラルスピードは完全には聞き取れないということ。但し、キーワードだけしっかり聞き取れれば一般的な会話で不自由することは無いし、わからない個所を質問して確認しながら進めれば会話は成り立つ。

しかしながらナチュラルスピードで話される映画のセリフなんかは聞き取れるようになりたいと誰しも思うだろう。

そういう人にはエブリデイ・イングリッシュをおススメする。

これは約1.5倍の速さで再生される英語を聞きつづけ、利きなれた頃にはナチュラルスピードがスローに聞こえるという逆説的な可能性を追求した教材。

ナチュラルスピードと1.5倍速スピードで同じ内容の英会話が収録されているCD6枚のセットで360もの教材が収録されている。6ヶ月間で終了するのを一応の目安としているが、自分のペースで進めれば良いと思う。

とても面白いので、ぜひ一度試してみたいものだ。 試してみた人がいたらその効果の程を教えてほしいと思う。 サイトには視聴サンプルもあるのでお試しあれ。


paul83 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 26, 2008

西東京市のひばりが丘で基礎英会話レッスン スタートです!5

bb054a96.jpg

ひばりが丘のカルチャー(パルコ5F)で10月より英語の歌を利用した基礎英会話の授業を行います。無料体験レッスンを9月24日に行いました。

ちょうど今来日中のポール・アンカの代表曲、「ダイアナ」で盛り上がりました。

まだ受講生の枠がいくらか空いてますので、希望者は早く申し込んでくださいね!
申込締切は9月27日です!



paul83 at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(1)