臨界事故

March 25, 2007

大地震@北陸2

石川県能登半島周辺で震度6強の地震が、本日3月25日9時42分頃に起った。地震の被害の全容は現時点ではまだ見えないが、現在テレビで報道がどんどん成されているので、注目したい。

石川県能登半島といえば今、事故隠蔽で注目を浴びている志賀原発がある。これが一番心配である。原発についての第一報がテレビで報じられたが、「放射能漏れの心配はない、施設被害は現在調査中」だそうだ。施設被害を調査中で、放射能漏れがないってどうして断定できるのだろう? きっと電力会社としては、「放射能漏れの心配」があってはいけないのだ。もし、実際に放射能漏れがあったとしても、「なかった」ことにしてしまうと思う。大体、地震が起るような場所に原発を建てるのが間違っている。ようするに、地震大国に原発は建てるべきではないということが、今後世論の中心になっていくと思う。
決定版 原発大論争!―電力会社vs反原発派
われわれは原発と共存できるか―原子力論争の背景 (1977年)



paul83 at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(1)