聞き流す

July 10, 2009

石川遼プロがすすめるスピード・ラーニング5

Ryo Ishikawa聞き流すだけで英語の実力が付くという「スピードラーニング」 が今注目されている。世界大会で大活躍中の高校生プロゴルファー、石川遼選手がこれで英語力をメキメキと上達させているからである。

石川遼選手はお父さんに薦められて「スピードラーニング」で英語学習を始めた。現在も通学時間の90分間聞いているという。高校生として勉学に励みながらプロゴルファーで成功を収めている大忙しの石川選手にとって通学時間が貴重な学習時間になっている。限られた学習時間を効率よく学習できる教材として「スピードラーニング」が活躍している。。

この教材は、英文と日本語訳が交互に流れてくるので、軽い気持ちで聞き流しているだけで英文が頭の中に入ってくる。バックには静かなクラシック音楽が流れて脳波を落ち着かせてくれるので、潜在意識の中に大量の英文を効果的にインプットできるようになっている。

英文が分からなくても訳文がすぐに流れるのでストレスもあまり感じない。興味を引くような内容なので飽きない。だから長続きする。これが聞き流すだけで英語が身に付くというポイントだろう。

聞いてみたところ和訳がとても自然。最初に日本語だけ注意深く聞いて内容を理解した上で、その後で英語表現だけに集中するのも効果的ではないかと思った。

英語教材は易しい内容から難しい内容へと段階的にレベルを高くしていくのが常であるが、「スピードラーニング」は各レベル内では同じようなレベルの英語なので聞きたいところから始めることができる。

石川遼選手にとっては世界大会で各国の選手達と交流を深めたいという欲求が英語学習成功への大きな動機付けとなっていると思われるが、そんな彼が「役に立ちました」というこの教材、10日間は無料試聴ができるので、これから英語をやり直したいという方、これからTOEICを受けようとしている方など、強い動機がある人にはきっと役に立つだろう。

『スピードラーニング韓国語』
【イタリア語】!
【スペイン語】!
【ドイツ語】!

paul83 at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)