稲城

February 09, 2011

稲城にある文化遺産 常楽寺

常楽寺の入り口
朝、妻と共にウォーキングに出かけて、通りがかったお寺に入ってみた。お寺の名前も知らなかったのだが、入ってみてここは常楽寺といって、東京都の文化遺産に指定されていると知った。

境内には様々な菩薩増や仏像、お地蔵様、鐘、五重塔など、見所満載で、随分楽しめた。

様々な像の表情がとても豊かで、面白かった。40枚以上も写真を撮ってしまった。写真はライブドアのアルバムにアップしたよ。よかったら見てね!

見所一杯なのでぜひみんな行って見てね。京王相模原線の稲城駅から徒歩5分ほどのところにあるよ。
常楽寺 辰年の僧侶増
常楽寺 湧き水の竜
文化遺産と地域経済文化遺産と地域経済
著者:澤村 明
同成社(2010-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


paul83 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 23, 2007

稲城のスーパー銭湯『季乃彩プレオープン!5

本日(11/22)夕刻、妻が新聞のチラシの中で、以前から噂されて気になっていたスーパー銭湯『季乃彩(ときのいろどり)』のオープン前の「先行入浴会」招待のチラシを見つけた。来週11月26日(月)が正式オープンなのだが、この木、金、土にかけてこのイベントが実施されている。招待券を持っていけば300円で入れる。通常料金は平日700円、土日祝が900円。

この入浴会は8時終了なので、チラシを見つけた午後5時45分時点でもう時間が無い。急いで夕飯を取って妻と二人で出かけた。家から自転車で20分ほどの距離だ。電車だとJR南武線、南多摩駅から徒歩5分(と書いてあったが、10分近くはかかりそう)。今年できた大きな図書館の向かいにある。

本日が初日と言うことで、新しい建物なので当たり前だが、とても綺麗だ。床屋さんまである。「和」をテーマにした内装はとても落ち着いた雰囲気だ。

「銭湯」とは名ばかりで、これは大規模な温泉健康ランド。本当の温泉を楽しむことが出来て、お風呂の種類も豊富。露天風呂も充実している。一人用石釜風呂や、寝湯もある。ドライサウナは新しいだけあって、内装に使われているヒノキの香りが心地よかった。温度は結構熱かったが、人が出入りするたびに温度が下がるのがはっきり分かる。よもぎ蒸し風呂もあるし、今回は入れなかったが、別料金の岩盤浴がある。こちらは春夏秋冬に分けられているそうで、どんなものか楽しみだ。

休憩所は3箇所あり、一箇所は畳で枕が設置してあり、ごろ寝が出来る。あと二箇所はそれぞれリクライニングシートが豊富に揃っている。テレビが無いのが玉に瑕(たまにきず)。

でもこれで平日700円は安い!ちなみに我が家により近い「稲城浴場」は文字通りのスーパー銭湯で、サウナ利用を含めると700円。同じ値段だ。だったらちょっと距離が遠くても「季乃彩」に来たいものだ。

稲城市民だからこそ楽しめた、先行入浴会。とてもよかった。もっと早くチラシを見つけていればもっとゆっくりして、中で食事もしただろうに。

 



paul83 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)