減税

May 26, 2019

財務省前で大勢が愛を、消費税減税を叫んだ!

zaimusho

山本太郎
議員は かつてから消費税廃止を訴えている。いきなり0%が無理ならば、まずは5%に戻しましょうと。この不景気の中で消費税を10%に上げるのは更に景気を悪くすると。

安倍政権は景気が悪いとは言わない。まるでタブー(禁句)のように。アベノミクスが成功しているということにしなければいけないからだろう。

そんな安倍政権も、衆参同時選挙を前に、国民の動向次第では消費税増税の延期を、もう3回目になるようだか、打ち出す可能性も出てきた。

そのような状況で、野党が一丸となって消費税増税の凍結を主張したところで、自民党も凍結を決めたなら、野党が勝てる訳がない。だから、減税が重要なのだと主張している。

そして山本太郎は果敢にも財務省正門前で、いつもの「街頭記者会見」ではなく、次のようなタイトルの集会を5月21日に開催した。

「財務省の前で愛を叫ぶ 増税? 凍結? 空気を読め! 集会」


ここでは山本太郎議員はMCを努め、一般の集会参加者たちが一人ずつ前に立って財務省や安倍政権に対する演説を行ったのだ。現在失業中の人、奨学金返済に苦しんでいる人、など、赤裸々な主張が次から次へと飛び出し、途中から一人3分以内という時間制限を設けることになった。

また、演説の合間には山本太郎の音頭でコールを行った。そのコールだが、ラッパと太鼓を使ってプロ野球の応援スタイルで行われ、大いに盛り上がった。田中龍作さんの記事によると、数百人が集まった模様。

集会の様子をそのまま約2時間の動画がこれである。長いので、他のことをしながらでもいいので、BGM代わりに全部聞いてほしい!



このイベントを企画する際に、山本太郎議員は全国会議員にお知らせ、案内を配布したけど、国会議員は一人しか来なかったと言う。その一人は、もちろん本人、山本太郎 議員!


どれだけ他の政治家が、国民の方を向いていないか、この事実だけでわかるというものだ。国民の立場で考えていると本当に考えている野党議員がいるならば、同じようなイベントをぜひ企画して、自己主張してもらいたい!

田中龍作ジャーナルが掲載した記事
山本太郎公式ホームページ

reiwashinsengumi


paul83 at 11:28|PermalinkComments(0)