殺し

March 19, 2010

「いじめ」は「殺し」! あるツイッターのつぶやきより

ツイッターは140文字までの文をつぶやくコミュニティで、日々ユーザーが増えている。僕もツイッターでつぶやき始めた。フォローしてくれる人が増えるとどんどん面白くなる。お手軽なブログ感覚だ。

そんなツイッターの中で、注目すべきつぶやきを見つけた。それは「いじめ」に関する見解だ。この方のIDは sumiyakist さんで、学校でいじめに遭って登校拒否をしているお嬢さんをお持ちだ。

彼女が10個近いつぶやきで長い自己主張をされていたので、ご本人の許可をいただいてこちらにブログ記事として転載させていただいた。ツイッターのつぶやきはいつの間にかはるか彼方に消えてしまう。その前にひとつの記事としてまとめたかった。

そんなに長くない文だが、非常に意味が深いと思う。

転載ここから------------------------------------------------------------------

いま、日本中の学校で起きている「いじめ」は、「いじめ」と言うよりは、「殺し」と表現した方が、より現実に対して誠実な捉え方だ。 「殺し」に成功したケースでは、被害者はみな自殺している。
       
理由もなしに、自殺する子なんかいない。
  
子どもを、いじめによる自殺で失った方のサイトなんかを注意深く読んでいると、かならず、被害者妄想的なコメントが多々寄せられているのが分かる。

つまり、「いじめがあったなんて、事実無根の被害者妄想はやめてください。迷惑です。名誉毀損です。あなたは私たちをいじめています。」と言った様な性質のコメントである。

いじめによる殺人は、常に、分業化、というシステムによって達成される。これは、「縦割り行政」に似ている。

これは、ナチスがユダヤ人を大量虐殺する時に依存したシステムだと記憶している。ある人は、貨物列車で、ユダヤ人をある場所まで運ぶ、ある人は、小屋を見張る。 ある人は、シャワー室だと聞いているガス室まで、ユダヤ人を誘導する、ある人は、始業のチャイムを成らすような気軽さで、朝の朝礼と共に、毒ガスのボタンを押す。

これらの行動は全て、組織の命令に従ってしているだけの事であり、その行動に対して、罪の意識を持つものなど誰もいない。

ベトナム戦争では、この手法が更に研究され、権力者の地位や名誉を、平和を訴える民から守るために使用されるようになった。


転載ここまで ------------------------------------------------------------------

sumiyakistさんをフォロー  僕をフォロー
Twitter Icon
by Twitter Backgrounds


paul83 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)