歌詞

May 08, 2011

原発ジプシー

日本人の有名なベテラン・フォークシンガー、加藤登紀子さんが、「原発ジプシー」(1997年発表)なる曲を歌っていた。ご想像のとおり、原発で作業する下請け労働者についての歌。発売当時、やはり放送禁止歌扱いされたようだ。

先日、東洋経済の週刊 東洋経済 2011年 4/23号 「東京電力特集」を読んでみたら、そこに原発で働く労働者の実態についての記事が掲載されていた。これまでタプーだったと思われるこの記事が掲載されたのには驚いた。いや、この特集号自体が以前は考えられなかったような東京電力の実態を暴いた一冊になっている。

その記事によると、東京電力は原発内での作業員一人あたりに一日9万円を支払っているが、実際に作業員の手に入るのは9000円程度だという。下請け孫請けは良いところで、何重にも派遣されて、9割がピンハネになっているそうだ。作業員は失業者、ホームレスなどの弱者が多く、最初に言われた金額よりもかなり少ない報酬でも泣き寝入りするしかないような状況だそうだ。

こんな労働者を必要とする悪魔の原子力発電は、即刻廃止すべきだと思う。

以下に、「原発ジプシー」のオリジナル歌詞の音源と、変更後の歌詞を掲載する。


見えない光 体に受け
赤いブザーの鳴り響くまで
闇の世界で仮面を着けて
旅するサイレンス             
さまようサイレンス

名前は知らない、その日限りの
体に刻む傷を数えて 
ガラスの壁に地獄を覗く
震えるサイレンス
聞こえるサイレンス 

海辺の街の小さな宿に
仕事求めて流れ着いたよ
うまい話しかそれとも命取り
見えないサイレンス
ざわめくサイレンス

夕日は赤く海は輝き
久遠の波寄せる浜辺に
巨大な影は悪魔の贈り物
旅するサイレンス 
さまようサイレンス

(元々は「サイレンス」の部分は「ジプシー」だった。また、タイトルも、ジプシーが差別用語ということで「闇の中で」に改題されたそうだ。)




paul83 at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

July 03, 2008

英語とポップスチ畍発音その2(ビートルズ)5

前回、「英語とポップスぁで紹介したThe Beatlesの3曲、意外に簡単だったでしょう?そんな方がたのために上級編を用意した。なぜかJohn Lennonがリードボーカルの曲ばかりだ。

4.Revolution
5.Good Morning Good Morning
6.Polythene Pam

7.Rock'N'Roll Music

4.は不滅の名曲 Hey Jude のB面曲で、「革命」をテーマにした硬派な歌。Georgeのエレキギターが全編前面にフィーチャーされ、かなりのハードロックに仕上がっている。ホワイト・アルバムにスタジオライブ風で軽いのりの別バージョンが収録されている。

曲の所々に早口の部分があるが、2番と3番の後半部分が特に早い。2番がより難しいと思う。太字の部分にアクセントが入り、その他の部分が早口になる。

2番
But if you want money for people with minds that hate
All I can tell you is brother you'll have to wait

3番
But if you go carrying pictures of Chairman Mao
You ain't going to make it with anyone anyhow
(going to はお決まりの gonna になっている)

REVOLUTION 歌詞


5.はサージェント・ペッパースに収録された、ニワトリの鳴き声で始まり色々な効果音が入って楽しい曲。

全体的にノリが良く、早口の曲で、後半に出てくる以下の部分が特に早い。
People running round it's five o'clock.
Everywhere in town is getting dark.
Everyone you see is full of life.
It's time for tea and meet the wife.

Good Morning Good Morning 歌詞


そんなに難しくは無いかもしれない。でも、この曲を完全に合わせて歌えたら気持ち良いよ。キーもあまり高く無いし。

6.は極めつけ。アビ-ロード後半のメドレー部分の短い曲、Polythene Pam。これもかなり早い。特に2番の最後の部分、

Get a dose of her in jackboots and kilt
She's killer-diller when she dance at the Hilt'
She's the kind of a girl that makes the "News of the World"
Yes you could say she was attractively built

最後のATTRACTIVELYという単語自体、早く言い難い単語だ。
Polythene Pam 歌詞


こう見るとビートルズの中期以降の曲ばかり紹介したのだが、初期の曲でもChuck Berryのカバー、7.Rock 'n' Roll Musicビートルズ・フォー・セール収録)も結構早い。出だしの部分がすごい。太字の部分を一気に歌ってしまう。

Just let me hear some of that rock'n'roll music

この他にも結構歌い難い部分が多いので挑戦して欲しい。

ROCK'N'ROLL MUSIC 歌詞



paul83 at 06:36|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

June 26, 2008

英語とポップスち畍発音その1(ビートルズ)

英語のポップスが英語教材として優れているのは、第三に、歌う練習をすると必然的に難しい発音にチャレンジするし、早口の歌詞も完璧に言ってみたくなるので、モチベーションが高い発音の練習にもなる。

発音できない音は聞き取れないと言われるので、発音が改善されるほどにより深い聞き取りができるようになる。

早口といえば真っ先に「ラップ」が思いつくが、ラップはちょっと早すぎだし、黒人スラングも多いで、止めたほうが良い。

私は高校時代にビートルズの歌をいつも聞いて一緒に歌詞を見ながら歌っていたのだが、難しい早口の歌詞がある曲を挙げるとしたら次の3曲だと思う。 

1. I Am The Walrus
2. Helter Skelter
3. Happiness Is A Warm Gun


これらの曲を上手に歌えると、とても気持ち良いのだ。僕はこの練習で自分の発音をかなり改善できたと思う。歌詞のリンクと動画を紹介するのでチャレンジしてみて欲しい。

1.は<僕はセイウチ>だという、歌詞が難解で何を言いたいのか良くわからないが、面白おかしい内容なのだろう。「マジカル・ミステリー・ツアー」のサウンドトラックに使われたJohn Lennonの作品。歌の冒頭から「僕は彼で君が僕で…」などという歌詞がリズミカルに出てくる。

Corporation tee-shirt, stupid bloody Tuesday.
Man, you been a naughty boy, you let your face grow long.

この部分が難しい。特にStupid bloody Tuesday が言い難い。
I AM THE WALRUS 歌詞



2.は「ホワイト・アルバム」収録のポール・マッカートニーによるヘビメタサウンド。短めのイントロからすぐに早口の歌詞が続く。ちょっとうるさいので、ヘビメタが好きじゃなければスキップしてください。
HELTER SKELTER 歌詞


3.も「ホワイト・アルバム」収録で、組曲のような構成のJohn Lennonの曲。スローなイントロ・パートの歌詞に続く3行目から始まる部分が歌い難い。

She's well acquainted with the touch of the velvet hand
Like a lizard on a window pane
The man in the crowd with the multicoloured mirrors
On his hobnail boots
Lying with his eyes while his hands are busy
Working overtime
A soap impression of his wife which he ate
And donated to the National Trust


僕はこの部分が特に好き。歌うと快感です!

HAPPINESS IS A WARM GUN 歌詞

最後に思い出したのだが、サージェント・ペッパー収録の"Good Moring Good Morning" などもっと早口な歌がある。次回その2で紹介しよう。



paul83 at 19:45|PermalinkComments(1)TrackBack(2)