新型コロナ経済対策

May 03, 2020

金を刷れ、皆に配れ!(山本太郎)

taro yamamoto print money

れいわ新選組の山本太郎代表が、NHKテレビの日曜討論に、参加はできなかったが、ビデオで出演した。与えられた90秒間をフルに活用して、日頃主張しているコロナ経済支援対策の提案を行った。


その内容の文字起しを掲載する。

外に出るな、休業要請に従え。一方でほとんど補償はない。これでいったい何が起きたか。

仕事が減った、無くなった、当然収入が途絶える人続出、お店、自宅、家賃、ローン、支払えない。生活するお金も底を尽く。この状態、完全に憲法違反です。

全国の有志が行った電話相談に寄せられた声です。

  • 2年間派遣で働いたが契約期間中なのにコロナで切られた。
  • タクシー運転手をしているが、週1回の勤務に変更され休業手当は無い。
  • 家賃を払えず、追い出された。所持金は数百円しかない。
  • 40年スナックを経営、四月の売り上げが6千円。

このままでは近い将来、多くの人々が失業、廃業に追い込まれ、生活の基盤がなくなり、野垂れ死ぬ可能性があります。コロナ恐慌です。

これを止める方法は至ってシンプル。「金を刷れ。皆に配れ」 です。新規国債発行で全ての人々を救う。真水100兆円。それだけでは足りない。その後、追加でもう100兆円必要です。

医療従事者、保育、介護、食品の生産、加工、輸送、販売など休めない職種には最低でも国からの危険手当、一日に2万4千円は必要です。

どの会社も潰さない、どの労働者も失業させない、誰の命も落とさせない。

「金を刷れ。皆に配れ」 です。

詳しくはれいわ新選組 ホームページまで。

こちらの画像のシェア、大歓迎!
yamamoto taro message



paul83 at 15:00|PermalinkComments(0)

April 18, 2020

反緊縮 麻生財務大臣の豹変

10万円の一律給付が実現!

昨日、日本政府によって全国的な緊急事態宣言が行われ、ついに日本政府は新型コロナウイルスの経済対策として、一律の現金給付を決定した。これが実現するまで、共産党れいわ新選組山本太郎代表、オリーブの木黒川敦彦代表、三橋貴明さんや藤井聡さんなどの著名人や、自民党内でも安藤裕さんなど多くの人々がスピーディな現金給付が必要だと主張してきたし、国民も大きな声を上げてきた。それがようやく政府を動かした!国民が声を上げ続ければ政府も政策を変えるということを実証した、歴史的な出来事ではないだろうか。

これまで安倍首相は、麻生財務大臣財務省の意向を汲んで、一律現金給付に否定的な主張を、繰り返してきたが、その麻生財務大臣、実はかつてはこのような国家の財政出動を擁護する人だった。日本は自国通貨を発行できるから経済破綻は有り得ないと声高に叫んでいたのだ。
aso taro edit

この機会にれいわ新選組山本太郎代表が、動画でそのことを揶揄してくれた。最初の10分だけでも見る価値があると思う。後半はこれまで山本太郎代表が繰り返し解説してきたことを、新たに繰り返している。国の借金は政府の借金であって、政府の赤字は民間の黒字であるというお話などである。




この動画が、まさに麻生太郎が変節する前の、頼もしく偉そうな雄姿である。必見である。



日本国民が一人10万円もらえるようになったのはとてもおめでたい話であるが、今後いつまでこの新型コロナウイルスによる緊急事態が継続するかは誰にも予測できない中で、継続的な現金給付、損失補償と共に、さらには消費税の一時的な廃止、水道光熱費の免除、健康保険や年金の支払い免除などを求めて引き続き声を上げていくことが重要だと思う。

最後に、消費税アップに対して否定的なことを主張している麻生太郎氏の動画をご紹介しておきたい。しかし、こう言っていた麻生太郎氏が、どうしてここまでどケチ財務大臣に成り下がってしまったのか。この豹変の本当の原因は何なのか。何か深い闇が潜んでいる気がする。



paul83 at 05:17|PermalinkComments(0)