憲法

August 12, 2017

知ってはいけない 隠された日本支配の構造〜講談社現代新書

知ってはいけない 隠された日本支配の構造

rule japan
矢部 宏治
さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
追記 なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか


paul83 at 19:59|PermalinkComments(0)

August 01, 2008

憲法9条は世界の平和への希望 (改憲の本質)5

世界が注目する憲法9条

1999年ハーグ平和会議
「各国議会は、日本の憲法9条のような戦争を禁止する決議を採択すべきである。」

2005年GPPAC(紛争予防国際会議)
「日本国憲法9条はアジア太平洋地域全体の集団安全保障の土台となってきた。」

2006年バンクーバー世界平和フォーラム
「各国政府は、日本の9条のように、憲法により戦争を放棄すべきである。」

日本国憲法
第2章 戦争の放棄

  • 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。(英語訳)Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.
  • 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 (英語訳)In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.


憲法はくらしと人権を守る土台

憲法は国民の思想信条の自由、集会・結社の自由、生存権、教育権、労働基本権などを保障する。貧困と権利の侵害は、国が憲法を無視して責任を放棄しているから。今こそ憲法を生かしていかないといけない。

憲法は国の手をしばるもの

憲法99条は、「天皇または摂政および国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う」となっている。憲法は国民の手ではなく、国の手を縛るものだ


改憲のねらいは、日本を海外で戦争する国にすること

憲法9条を変えて、アメリカとともに海外で戦争をできるようにするのが改憲の中心的なねらい。自衛隊がイラクへ行ったが、政府は憲法9条があるから武力行使はできないとしていた。この制約を無くすことは「戦争する国」になることで、それは国民の自由や権利も大きく制約されるということでもある。

憲法9条は戦争をしない国の誓い

太平洋戦争では日本軍の侵略によりアジア諸国で2000万人、日本人も310万人が犠牲となった。日本国憲法はこの痛恨の経験から二度と戦争しないことを世界に誓って制定された。憲法9条を変えることは、アジアの人々への誓いを捨てることであり、アジアから孤立し、緊張をもたらす道だ。

FAQ(よくある質問)

Q1 日本の憲法は古くなったのでは?

A たしかに日本憲法は一度も変えていません。アメリカ憲法の改定は27回ですが、変えたものは「黒人奴隷制」などの非民主的条項です。フランスでは1789年の人権宣言が憲法の人権条項として今も役割を発揮しています。日本国憲法は、国際的にも「手本」と呼ばれる内容を持っており、環境権やプライバシー権などの新しい権利にも充分対応しています。改定しないからだめということではなく、優れた9条や人権条項は変える必要がありません

Q2 アメリカの押しつけ憲法では?

A 1946年に日本政府が作成した憲法草案は、天皇主権を変えず、ポツダム宣言違反だとGHQ(連合国最高司令部)に拒否されます。代ってGHQが草案をまとめますが、主要な部分は鈴木安蔵を中心とする憲法研究会の草案を元にしています。また、9条は、広島の惨禍を目の当たりにした幣原喜重郎首相(当時)の提言により書き込まれます。国会審議で25条(生存権)、二院制などを補強した日本国憲法は、圧倒的多数の国民に支持されました。ところがアメリカは、憲法施行の翌年から日本の再軍備と9条を変えるように要求。最近の改憲の動きもアメリカの「憲法変えろ」が背景です。改憲こそアメリカの押しつけです

以上、終戦記念日を前に、今日もらった「憲法改悪に反対する東京共同センター」のチラシの要旨をまとめてみた。

世界的に有名な反戦歌




paul83 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)