庶民の声

July 04, 2019

れいわ新選組 十人の侍

れいわ新選組を庶民の政党にしよう!

本日 参議院選挙の火蓋が切って落とされた!

この写真は、山本太郎 率いる れいわ新選組から 立候補した、真の意味での愛国烈士の皆様!

それぞれのプロフィールは公式サイトで閲覧できるが、すごい人ばかりが集まった!現役東大教授、創価学会会員、拉致被害者家族から、重度障がい者、そしてホームレス経験者の派遣女性労働者まで!

そして、今回の参議院選挙での戦略は、東京の選挙区に「沖縄の創価学会員」野原よしまさ 氏を立て、残りの9人は比例区での立候補。比例区の立候補者の中で今年からできたといわれる「特別枠」に、難病ALS患者のふなごやすひこ氏 と 幼いころから重度障害を抱えた木村英子氏 を立てた。二人とも自力では歩けない、車椅子と介護者を必要とする方々である。山本太郎代表本人は、この次の3番手としての立候補者となった。先の二人が比例で当選して、ようやく自身の当選が見えてくるという驚きの戦略である。

10人の立候補者の特徴を一言で言えば、「日本のさまざまな社会問題の当事者たち」である。当事者抜きで何でも決められてしまう今の政治にもの申す、決死のサムライ軍団なのだ!


IMG_9253

山本太郎議員は東京の選挙区で参議院選挙で当選して以来、ずっと庶民の意見を代表しながら、所謂既成の政治の概念を打ち破ることをしながら永田町では白い目で見られながらも、一般の人々の熱い視線を浴び、庶民の視線から湧き出る言動を行ってきたが、すでにお伝えしたとおり、今年一人で独立し、「れいわ新選組」を立ち上げた。資金は純粋に一般の人々から集め、3億円に届く勢いで資金が集まってきている。

山本太郎 代表以外の立候補者の情報を公式サイトから抜粋した。

蓮池 透

元 東京電力社員
元 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長
東京電力で32年間原子力関連業務に従事した経験から、
原発現場の実態を伝えるとともに、
福島第一原発事故を当事者目線で分析、考察。
原子力の廃止を訴える。

【著書】
「私が愛した東京電力」(以上、かもがわ出版)
「拉致と日本人」(岩波書店)
告発」(ビジネス社)

やすとみ歩

大阪府出身。
京都大学経済学部卒業後、株式会社住友銀行勤務を経て、同大学大学院経済学研究科修士課程修了。
京都大学人文科学研究所助手。
ロンドン大学政治経済学校(LSE)の森嶋通夫教授の招きで、滞在研究員として渡英。
京都大学大学院経済学研究科より博士(経済学)を取得。
博士論文を『「満洲国」の金融』として出版し、第40回日経経済図書文化賞を受賞。
名古屋大学情報文化学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授、
情報学環助教授、東洋文化研究所准教授を経て、現職。

【主著】
『「満洲国」の金融』(創文社)
生きる技法(青灯社)
『経済学の船出〜創発の海へ〜』(NTT出版)
『超訳 論語』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『合理的な神秘主義〜生きるための思想〜』(青灯社)
『ドラッカーと論語』(東洋経済新報社)
『マイケル・ジャクソンの思想』(アルテスパブリッシング)
『老子の教え〜あるがままに生きる〜』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
など多数。

木村 英子

全国公的介護保障要求者組合・書記長
全都在宅障害者の保障を考える会・代表
自立ステーション つばさ・事務局長
経歴けいれき
1965年 横浜市で生まれる。歩行器ごと玄関から落おちて障害をもつ。
1972年 「ゆうかり園」に入所。施設に付属した養護学校に通う。
1984年 神奈川県立 平塚養護学校 高等部卒業。
    地域で自立生活を始はじめる。
1994年 「自立ステーションつばさ」設立(東京都多摩市)。

三井よしふみ

元銀行員・元セブンイレブン・オーナー
熊本県出身
明治大学 経営学部 卒業
住友銀行 入行 のちに 三井住友銀行
東京外為事務部 国際金融事務部 資金為替部
ロンドン支店 事務総括部 国際総括部
インドネシア現地法人監査部 早期退職
千葉県内でセブン-イレブンを開業
9年目に本部から契約解除

軽量貨物運送業 現職

【主著】

【YouTube】

野原よしまさ

沖縄創価学会壮年部

辻村ちひろ

環境保護NGO職員

【分担執筆】
図説日本の山」(朝倉書店)
身近な環境を調べる」(古今書院)

大西つねき

元J.P.モルガン銀行資金部為替ディーラー

経歴
東京都出身 
上智大学外国語学部英語学科卒業
シアトル大学政治科学専攻
J.P.モルガン銀行資金部為替ディーラー
株式会社インフォマニア代表取締役
政治団体フェア党代表

【著書】
ふなご やすひこ

難病ALS当事者
全身麻痺ギタリスト
株式会社アース副社長

【著書】
『生きる力』(岩波書店 2006年)共著
『しあわせの王様』(小学館 2008年)共著
『三つ子になった雲』(日本地域社会研究所 2012年)
『死ぬ意味と生きる意味』(上智大学出版 2013年)共著
『しあわせの王様』増補新装版(ロクリン社 2016年)
他、論文扱い雑誌寄稿/4篇

渡辺てる子

元派遣労働者・シングルマザー
女性労働問題研究会運営委員
レイバーネット日本運営委員

【共著】
女性労働研究 2013年 57「『一般事務』派遣のキャリアアップのウソ」(青木書店)
女性労働研究 2016年 60「格差・差別にあえぐ派遣の女性労働者、そのエンパワーメントの方法を探る」(すいれん舎)
女性労働研究 2019年 63「派遣労働者から見た『雇い止め』」(すいれん舎)

れいわ新選組は既存野党の票を奪うのではなく、これまで投票に行ってない人たちの表を得ようとしている。どうか、東京で当選、比例区でも最低でも山本太郎代表まで当選し、国会議場の大変革を起してほしい!

reiwashinsengumi
YT poster trim


paul83 at 23:56|PermalinkComments(0)