実態

October 31, 2011

原発労働者の内、百名以上が行方不明だということ

ミクシィ、言わずとも知れた日本を代表するソーシャルメディアで、福島原発事故と当初問題になった、100人以上が行方不明でどれだけの被バクをしているか分からないことについて真実を語る日記であった。

この日記を書いた者は少し経ってIDが消滅した。強制退会されたという意見も多いが、意図的に自分から退会したことを否定できるような要素もない。

この行方不明100名以上の問題についてはテレビでもすでに報道されている。

20110810 原発作業員143人“所在不明” 投稿者 PMG5
この動画では東電の労働者動員と管理のずさんさを批判している。が、これよりも重要なのは、その人々が生きているかどうかということだ。

そういう疑念を抱かせる日記がミクシィで投稿され、そのユーザーが退会した。その日記をミクシィから転載する。

--------------------------------------------------------------------------------------------
緊急のお知らせ
▼ 2011/10/30 18:15
皆様
長らくログインできずにおりまして、大変ご心配おかけし深くお詫び申し上げます。

早速ですが、本題に入ります。

東京電力は、福島第一原発で作業員百数名が行方不明となっていると報告していますが、あれは嘘です。

実際は、放射性物質の廃棄に伴って強い放射線に曝され、心筋異常を起こしてしまい命を落としています。また、その方々は福島県立医科大学に『放射線障害研究用検体』として徹底的に管理されています。

もちろん、一企業が作業員を殺したとなれば大問題となる。だからといって作業員の数が減ったことを隠す訳にはいかない。その狭間で出された結論が『行方不明者多数』というものです。

行方不明と処理された作業員の家族には、莫大な額のいわば口止め料が支払われています。そのために公言する方がいないのです。これは一種の脅しだと思います。

私もこれをミクシィで発言するべきなのか考えました。しかし、事実をお知らせするのも私の役目であると考えました。

この日記は、多分に即刻削除されると思います。また、転載をされますとその方にも何らかの制約がかかるものと思います。

しかし、情報統制に屈し真実を隠してしまっても状況は良くなりません。

以降も更新は続けますが、暗揄的な表現が多くなるかもしれません。その場合は私にメッセージいただければ、より深くご説明させていただきます。

では。
--------------------------------------------------------------------------------------------


 この日記の内容、誰が完璧に否定できるあろうか。信じるには余りにもひどすぎる。このブログが問題になって僕のID削除など、憂き目に遭ったとしたら、これは真実だと言うことだ。もし何もなくこのブログが未来永劫残っていれば、きっと杞憂に過ぎなかったと言うことになるであろう。この記事にご注目していただきたいと思う。もう既に日記の主は退会し、それを述べたコミュニティは生きているという状況なのだ。


paul83 at 02:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)