夫婦

November 09, 2010

結婚記念日のハンバーグ

今日は僕ら夫婦7回目の結婚記念日だった。

結婚直前に失業と再就職を経験し、結婚後もう一度失業と再就職。その後更に失業し、自営業で英語を教え始めてそれを本業としつつ、副業もしながら日々暮らしている状況だ。

こんな状況できているので、妻には大変な苦労をかけている。妻は厳しい財政を上手にやりくりしながら、僕に毎日美味しい料理を作ってくれる。

妻は調理師の資格を持っているし、洋菓子作りの先生でもあった。更には去年から今年にかけて韓国に長期滞在しながら韓国の宮中料理やお餅の作り方など多くのことを学んでこの秋に帰ってきたばかりだ。

そんな妻が今後どんな道に進むべきかを一緒に考えながら過ごした結婚記念日。せっかく苦労して多くのことを学んで来たのだから、ぜひ日本で花を咲かせられるように協力してあげたいと思う。

ということで、今まで一度も行ったことなかった、最近できたハンバーグステーキ屋さんに行って食事をした。

HI3E0007初めてのレストランなので、まずプレーンのハンバーグステーキを頼むことにし、そこにドリンク、スープ、サラダ、スイーツ付きのセットを頼んで、結婚記念日を祝った。

以前知り合いからあまりいい評判は聞いてなかったのだが、結構美味しかった。ホールの人の接客も良かった。

しかし、夕食時にもかかわらず、お客がほんの1,2組しかいなかったのが気がかりだった。妻が言うには、写真でも分かると思うが、ハンバーグが乗ったお皿の端が二人の両方とも欠けていたのが残念だったとのこと。

ちなみにそのハンバーグ屋さんは「俵屋」というところだ。

英語スクールをもっと隆盛させつつ、料理研究家である妻をブレークさせるためにより一層頑張っていこうと思った今日でした。



paul83 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)