大西つねき

March 26, 2020

今年高卒のエルちゃんの「存在意義」

来島エルの存在意義

kijima_eru
今年高校を卒業したばかりの 来島エルという女性歌手がいる。彼女は今、れいわ新選組大西つねき 氏の活動に参加し始めた。 講演会でも歌った。彼女はウクレレで弾き語る。かわいい顔には似合わない、力強いボーカルで聞く人を魅了する。なんといっても彼女の歌詞がすごい。まさに学校や家庭で虐げられる子供の気持ちを赤裸々につづっているのだ。




来島エル
ちゃんは先日、大西つねき 氏の動画に出演し、インタビューに答え、歌を二曲披露している。この記事ではそのうちの一曲、「存在意義」をご紹介する。


「存在意義」 作詞・作曲 エル

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

僕の友達は僕の代わりを見つけて
駄弁ってる、駄弁ってる、しゃべってる
そんな軽い関係だとは思ってもなかった
ここから僕が消えたところで
出席番号がずれるだけ

僕が歌ったところで花しか聞いてくれないし
僕が泣いたところで天気だけが変わってく

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる
座ってる

この教室に僕はいなくたっていいし
なのに、なんで僕は生きてんだろう
この世界にいなくたっていいのに

僕が死んだところで誰も泣いてはくれないし
死んだら歌えなくなっちゃうから
だから生きなきゃいけんの

僕の曲はどう聞こえてんのかな
誰かの心に残るかな
僕は今も、今も、生きていていいのかな

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

いかがだろうか? 大西つねき 氏は れいわ新選組 オリジナルメンバーでありながら、自身の党、フェア党の党首でもある。フェア党への寄付で、エルちゃんのフェア党イベント出演への寄付を受け付けるという。エルちゃん用、とコメントを付ければ寄付ができる。ぜひこちらから寄付をしてほしい。



paul83 at 16:42|PermalinkComments(0)

July 20, 2019

れいわ新選組 当事者たちの票を集めるか!

もしも、当事者たちと寄付者たち全員の票を集めたら?れいわ新選組

いよいよ明日、日本の国政選挙、参院選の投票日である。 今年4月に山本太郎が立ち上げた、社会問題の当事者集団 れいわ新選組に誰が投票するのかを考えてみた。
reiwa candidates
週間プレイボーイ
誌に掲載された9人の立候補者のプロフィール

それぞれの立候補者と同じバックグラウンドの人が皆、それぞれに投票したらすごいことになると思う。現在の自民党公明党の支持者の中にも該当する人がいるはず。その人たちの票も奪えるのである。

ふなごやすひこ木村英子
この二人には全国の難病患者と身体障害者全員。
所属会社や団体の同僚。
野原ヨシマサ
現在の公明党の方針を批判している野原さんのような創価学会員全員。
辺野古米軍基地反対勢力。
大西つねき
経済についての講演やユーチューブ動画で感銘を受けた人々、元々「フェア党」党首としての支持者たち
三井よしふみ
全国のコンビニオーナーと、大銀行の良心的な従業員。
はすいけ透 
原発労働経験者、福島原発被災者、東電の良心的従業員
やすとみ歩
東大の教え子、支持者全員、同性愛者全員。
辻村ちひろ
環境運動活動家、辺野古基地反対勢力。
渡辺てる子
全国の非正規労働者、ワーキング・プア、シングルマザー(ファーザー) 全員。

そして、れいわ新選組のために3億円以上の寄付をした寄付者、サポートしたボランティアの皆さん!

与党支持者と同様に、既存野党の支持者にも該当者は多いはず。だからといって野党統一候補の票を奪っているという苦情はお門違いだ。何十年の歴史がある政党や所属政治家たちが、できたばかりの新米政治グループに文句言ったら、あまりにもみっともないだろう!

また、れいわ新選組はこれまで投票したことがない有権者の投票を獲得し、投票率が上がり、そして自民、公明勢力が不利になるのである。

明日の投票日に向けて、次の点を押さえておいてほしい。

1.投票率が上がれば与党の組織票の効果が弱まり、与党に不利になる。
2.れいわ新選組のように消費税減税〜廃止を目指している既成政党はない。
3.投票しないということは現状を受け入れ、認めるという行為であるばかりでなく、自分の権利を権力者に捧げる行為だ。そういうふうに権利を放棄しているうちに、その権利は与えられなくなることだろう。そのときに後悔しても遅いのだ。

日本の18歳以上のすべての有権者の皆さん、みんな投票に行こう!



paul83 at 17:57|PermalinkComments(0)