外来語

April 13, 2015

プレゼンテーションがプレゼン?!

えっ!プレゼンってプレゼントじゃないの?!


カタカナ語は巷に溢れていて僕も案外多用している。コンピュータ関係の用語はカタカナで長くなる。書き物の原稿の文字数を稼ぐには良いが、文字数の余裕がない時はどうしても避けたいものである。

プレゼンテーションも9文字もあって長い語の一つだが、これを短縮して「プレゼン」と言うのは違和感があって避けたいと思う。なんか気持ち悪い。しっくり来る訳語がない。「概要説明」「提案提示」「研究発表」など全部含んでしまう語だからね。まあ、「発表」で代用できそうだけど。

でも、後半を単にバサっと端折っただけの「プレゼン」は嫌いだ。略し方がナンセンス!「プレゼント」と勘違いする人も絶対いるよ!英語のpresentは最後のtが聞こえないことが多いんだから!

英語でつづると PRESENTATIONとやはり長い単語だが、カタカナにすると7音節にもなるが英語だとたったの4音節。強勢が二つある単語のひとつ。なので、せめて第一、第二強勢部分を並べて「プレテー」とでもすれば理解できる。

一般に普及した外来略語とはいえ「プレゼン」と言うのは気恥ずかしい。

paul83 at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)