同時多発テロ

September 11, 2011

911同時多発テロ 10周年と音楽・映画

今日は9月11日で、アメリカで同時多発テロが起きた日。今年で10周年だ。

10年前の今日、日本時間では深夜に近いころだった。僕は東京の立川で英語教室の講師として働いており、教材作成のために事務所に詰めて仕事しながらテレビを流していた。すると急に臨時ニュースが入り、旅客機が突っ込んで破壊された世界貿易センタービルがテレビに映し出され、その衝突シーンが繰り返し流されている間に、もう一機の旅客機がツイン・ビルディングのまだ残っている方に突っ込むところがほぼ生で放映されるのを見たと記憶している。僕は大きなショックを受けた。今も当時のテレビを見ていた様子が脳裡に生き生きとよみがえる。

僕の会社の社長がアメリカ滞在中でちょうど日本へ発とうとしていた日の朝だったし、日本で一緒に働いていたアメリカ人講師もロサンゼルスに向かう飛行機に乗っていたのだ。

二人とも色々なトラブルに遭った。社長は日本へ来日を延期せざるを得なかったし、米人講師は小さな地方空港に降ろされ、グレーハウンドの長距離バスで長時間かけて家まで帰ったそうだ。

このテロにより大勢の犠牲者が出た。まずは罪も無く亡くなられた犠牲者とその遺族の方のご冥福をお祈りします。

この911テロ、当時のブッシュ政権の中東政策によって引き起こしたとも言われ、またブッシュ政権の策略によって起きたという謀略説もある。

マイケル・ムーア監督によるドキュメンタリー、「華氏911」はその説を裏付けるような作品となっている。

華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2004-11-12)
売り上げランキング: 15084
また、音楽の世界でも事故直後に日本のラップグループ、キングギドラが911という作品を制作。(リリースは日本の言論統制のため(?)一年延期)  アメリカではジョン・メレンキャンプが「トゥ ワシントン」という歌でブッシュ政権の石油利権を批判している。イギリスのビリー・ブラッグも「石油の価格」という歌を発表し、ビンラディンフセインも元々はアメリカが育てた独裁者だと言いながらブッシュ政権を非難。その後開始されたアフガニスタンの攻撃に象徴されるアメリカの独善主義は日本の長渕剛の「静かなるアフガン」やザ・ハイロウズ「アメリカ魂」をはじめとして世界で様々な非難の声が上がった。

ジャマイカの重鎮、ジミー・クリフも「テロ(9/11)」という曲を発表、「テロに対するテロは切りがなく恐ろしいこと」と歌っている。

今日は911テロの犠牲者を追悼しながら、この事件が意味するところを改めて考えてみてはいかがだろうか?アメリカでは911テロを第二の真珠湾攻撃と位置づけているのだから。


paul83 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)