反戦

August 01, 2008

憲法9条は世界の平和への希望 (改憲の本質)5

世界が注目する憲法9条

1999年ハーグ平和会議
「各国議会は、日本の憲法9条のような戦争を禁止する決議を採択すべきである。」

2005年GPPAC(紛争予防国際会議)
「日本国憲法9条はアジア太平洋地域全体の集団安全保障の土台となってきた。」

2006年バンクーバー世界平和フォーラム
「各国政府は、日本の9条のように、憲法により戦争を放棄すべきである。」

日本国憲法
第2章 戦争の放棄

  • 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。(英語訳)Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.
  • 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。 (英語訳)In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.


憲法はくらしと人権を守る土台

憲法は国民の思想信条の自由、集会・結社の自由、生存権、教育権、労働基本権などを保障する。貧困と権利の侵害は、国が憲法を無視して責任を放棄しているから。今こそ憲法を生かしていかないといけない。

憲法は国の手をしばるもの

憲法99条は、「天皇または摂政および国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う」となっている。憲法は国民の手ではなく、国の手を縛るものだ


改憲のねらいは、日本を海外で戦争する国にすること

憲法9条を変えて、アメリカとともに海外で戦争をできるようにするのが改憲の中心的なねらい。自衛隊がイラクへ行ったが、政府は憲法9条があるから武力行使はできないとしていた。この制約を無くすことは「戦争する国」になることで、それは国民の自由や権利も大きく制約されるということでもある。

憲法9条は戦争をしない国の誓い

太平洋戦争では日本軍の侵略によりアジア諸国で2000万人、日本人も310万人が犠牲となった。日本国憲法はこの痛恨の経験から二度と戦争しないことを世界に誓って制定された。憲法9条を変えることは、アジアの人々への誓いを捨てることであり、アジアから孤立し、緊張をもたらす道だ。

FAQ(よくある質問)

Q1 日本の憲法は古くなったのでは?

A たしかに日本憲法は一度も変えていません。アメリカ憲法の改定は27回ですが、変えたものは「黒人奴隷制」などの非民主的条項です。フランスでは1789年の人権宣言が憲法の人権条項として今も役割を発揮しています。日本国憲法は、国際的にも「手本」と呼ばれる内容を持っており、環境権やプライバシー権などの新しい権利にも充分対応しています。改定しないからだめということではなく、優れた9条や人権条項は変える必要がありません

Q2 アメリカの押しつけ憲法では?

A 1946年に日本政府が作成した憲法草案は、天皇主権を変えず、ポツダム宣言違反だとGHQ(連合国最高司令部)に拒否されます。代ってGHQが草案をまとめますが、主要な部分は鈴木安蔵を中心とする憲法研究会の草案を元にしています。また、9条は、広島の惨禍を目の当たりにした幣原喜重郎首相(当時)の提言により書き込まれます。国会審議で25条(生存権)、二院制などを補強した日本国憲法は、圧倒的多数の国民に支持されました。ところがアメリカは、憲法施行の翌年から日本の再軍備と9条を変えるように要求。最近の改憲の動きもアメリカの「憲法変えろ」が背景です。改憲こそアメリカの押しつけです

以上、終戦記念日を前に、今日もらった「憲法改悪に反対する東京共同センター」のチラシの要旨をまとめてみた。

世界的に有名な反戦歌




paul83 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 24, 2007

Happy Xmas (War Is Over) ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)5

街を歩くとまだ11月なのに、グリーンと赤のクリスマス・カラーが目立つ。聞こえてくるのはクリスマス・ソング。 僕はクリスマス・ソングが好きだ。クリスマス・ソングにはキリスト教の聖歌からポップ・スター、フォーク・ロック・アーチストのオリジナルまで様々だ。中でも僕のお気に入りは、John Lennon(ジョン・レノン)Yoko Ono(小野洋子)による「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」(Happy Xmas【War Is Over】)である。Beatlesファンの僕としては当たり前である。これは平和を求めるクリスマス・ソングの最高傑作だと思う。ここにこの歌の動画をYouTubeから探したので、リンクしようと思う。

反戦バージョン

LENNON ORIGINAL

Celine Dion

Celine Dion & Gloria Estefan & Charlotte Church

Sarah Mclachlan

The Corrs

 

 



paul83 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 13, 2007

戦争の親玉 ボブ・ディラン 日本語訳詞

<戦争の親玉>

やあ、戦争の親玉諸君
大砲を作る諸君
殺人飛行機を作る諸君
大きな爆弾を作る諸君
壁の後ろに隠れている諸君
机の後ろに隠れている諸君
諸君に知ってほしい
私は諸君の仮面を見通せるって事を

絶対に何もしない諸君、
破壊の為の製造以外は
諸君は僕の世界の中で遊んでいる
まるでこれが諸君の可愛いおもちゃであるように
諸君は銃を手に取り
私の視線から逃れる
向きを変えて遠くへ逃げる、
銃弾が飛んできたら

昔のユダのように
諸君は嘘をつき欺く
世界戦争は勝つことが出来ると
私に信じてほしいと思っている
しかし私は諸君の目を読み
そして諸君の考えを見抜く
まるで下水道を流れる水を
見通すように

諸君は自分の引き金は留めておいて
他の人々に発砲させる
諸君は後ろでただ見ている
死者の数が増えると
別荘の中へ隠れる
若い人々の血が
体から流れ出て
泥の中に埋められている間に

諸君は最悪の恐怖を振りまいた
今までで最悪の
子供を産む恐怖
この世界に
私の赤ちゃんを恐れさせる
まだ生まれても、名付けられてもいない
諸君は自身の血管を流れる
血ほどの値打ちも無い

私がどれだけ知っているか
諸君に話せるほどの
諸君は私が幼いと思っているかもしれない
諸君は私がまだ充分学んでいないと思っているかもしれない
しかしひとつだけ確かなことがある
私は諸君より若いけど
イエス様でさえ
諸君がしていることを許しはしない

ひとつお尋ねします
そんなにお金が好きなの?
それが諸君に容赦を買ってくれるの?
買ってくれると思うの?
私は諸君がいずれ気付くと思う
死がその代価を支払う時
諸君が稼いだその金は
諸君の魂を買い戻してはくれないと

私は諸君が死んでくれればいいと思う
そして死はすぐにやってくるだろう
私は諸君の棺桶の後をつける
青白い午後に
そして諸君が埋められるのを見るさ
お墓の底へ
そして私はその墓石の上に立ち
諸君が本当に死んだか確認するのさ

ボブ・ディランのプロテストソングで最も激しいメッセージが込められたものの一つです。



paul83 at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

"Masters of War" 戦争の親玉(英語詞)Bob Dylan

"Masters of War"
written by Bob Dylan

Come you masters of war
You that build the big guns
You that build the death planes
You that build the big bombs
You that hide behind walls
You that hide behind desks
I just want you to know
I can see through your masks

You that never done nothin'
But build to destroy
You play with my world
Like it's your little toy
You put a gun in my hand
And you hide from my eyes
And you turn and run farther
When the fast bullets fly

Like Judas of old
You lie and deceive
A world war can be won
You want me to believe
But I see through your eyes
And I see through your brain
Like I see through the water
That runs down my drain

You fasten the triggers
For the others to fire
Then you set back and watch
When the death count gets higher
You hide in your mansion
As young people's blood
Flows out of their bodies
And is buried in the mud

You've thrown the worst fear
That can ever be hurled
Fear to bring children
Into the world
For threatening my baby
Unborn and unnamed
You ain't worth the blood
That runs in your veins

How much do I know
To talk out of turn
You might say that I'm young
You might say I'm unlearned
But there's one thing I know
Though I'm younger than you
Even Jesus would never
Forgive what you do

Let me ask you one question
Is your money that good?
Will it buy you forgiveness?
Do you think that it could?
I think you will find
When your death takes its toll
All the money you made
Will never buy back your soul

And I hope that you die
And your death'll come soon
I will follow your casket
In the pale afternoon
And I'll watch while you're lowered
Down to your deathbed
And I'll stand o'er your grave
'Till I'm sure that you're dead

ボブ・ディラン1963年発表の作品で、戦争を裏でコントロールしている人々を痛烈に非難した歌。

プロテストソングの代表級です。



paul83 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)