八神純子

September 23, 2019

デビュー41周年の八神純子

八神純子@エニスホール 野木

Yagami NogiYagami Sign

八神純子
僕が中高生の頃、日本のポップミュージックはゴダイゴを中心に男性ロック歌手の曲を主に楽しんでいたが、八神純子という女性歌手、シンガーソングライターは同じ頃に人気を博した女性歌手の中でも特に気に入って、よく聞いていた。彼女の歌声は素晴らしい高音が出て、しかもセクシーなのだ。当時から現在まで、僕が知る女性歌手の中では世界一魅力的な歌声の持ち主だと思っている。八神純子の声が世界一だから、どんな曲を歌っても名曲に聞こえてしまうのだ!

2008年の過去記事:



八神純子はこれまでもたびたびテレビ出演していて、その映像をYOUTUBEで見たり、他の新しい音源を聞いたりしてきたが、歌声の劣化がほとんどないことにとても驚嘆していた。そんな彼女も61歳。還暦を越えてどれだけしっかり歌えるか、とても興味深かった。

前もって、2017年のライブ音源がSPOTIFYで聞けるので聞いてみたが、しっかりした高音を維持しながらも少し不安を感じる歌声に聞こえたのだ。This Is The ヤガ祭り@Spotify 

実は八神純子、今年8月に新曲をリリースしている。タイトルは “Here We Go”で、今回のコンサートのタイトルにもなっている。こちらは正式音源が SPOTIFY などのストリーミングサイトで聞けるようになっているので、ぜひ聞いてほしい。



コンサート
そんな彼女が僕が住んでいるところの隣町、栃木県野木町のエニスホールでコンサートを開くというので、妻の提案を受けて前売り券を買って一緒に見に行ってきた。昨日のことである。冒頭述べたような事前復習、予習をした上で挑んだコンサート鑑賞だった。

IMG_9745

コンサートで、彼女の声は、最高だった!先に紹介した最近のライブ音源より遥かに安定した美声を堪能することができた。彼女曰く、若い頃には出せなかった声を出せるようになったということで、これにはびっくりだった。

前半1時間、休憩を挟んで後半1時間、そしてアンコール2曲と、2時間半のフル・コンサート。バッキングはキーボード、ドラムス、ギターの3人に、本人のエレキピアノというシンプルな構成。ベースの音を誰が出しているのか分からなかったが、演奏の厚みはキーボード・シンセサイザーによって保たれていたと思う。

前半では幻のアルバム、メローカフェや、現在製作中のアルバムからの未発表曲二曲を含め、全盛期のヒット曲としては「ポーラー・スター」「思い出のスクリーン」「思い出は美しすぎて」が歌われた。ほぼシングルレコードと変わらない歌声で聞かせてくれた。

後半は、オープニングにご当地名を入れた曲を歌った後、「みずいろの雨」「Mr. ブルー~私の地球」「パープル・タウン〜You Oughta Know By Now」というヒットパレード、更に 「Take A Chance」「Rising」とノリのいい定番曲を続け、ほぼ満席状態の会場は総立ち!僕の年齢層から、その上の人たちがほとんどだが、大いに盛り上がった。

最後はタイトル曲、「Here We Go」で締めくくり。

東日本大震災被災地支援と「一年と十秒の交換」
他には、1985年発曲で、当時の南アフリカのアパルトヘイト政策を批判して作られた「ジョナネス・バーグ(ヨハネスブルグ)」や、東日本大震災のときに宮城県女川町への支援活動の間に作られた「1年と10秒の交換」など、メッセージ性の高い曲が歌われたのは嬉しかった。

八神純子は震災後に毎年のように女川町などの東北地方を訪ねて被災者支援活動を行っている。「1年と10秒の交換」という曲は、女川町で旅館を経営していた両親を津波で失い、旅館の後を継いだ娘の話を基にしてできた。その娘さんはその旅館の後を継いで行く気持ちを強く持っていたが、そのことを両親に言うことができなかった。その理由は、いつでも言えるからと思っていたから。まさか、こんな形で両親を失うとは誰も想像できないだろう。その娘さんはそのことを両親に伝えられなかったことをとても悔やんでいたという。それで、自分の1年を神様にあげるから、10秒でいいから両親に会ってその一言を伝えたいというその娘さんの願いを歌にした。八神純子はこの話を聞いて、人に伝えたいことがあったら、しまっておかずにその場ですぐに言うことにしたのだそうだ。

アンコール
アンコールは「Mr. メトロポリス」。これは僕がかつてFM放送をテープに録音してよく聞いたライブ音源に含まれていたので、とても懐かしかった。このあと、バンドメンバーはステージを去り、最後に一人、ピアノの弾き語りで「明日の風」。2時間歌い続けた最後が、歌唱力が最も要求される弾き語りだなんて、なんという自信だろうか。

彼女はトークの中で、年を取ればとるほど、より心は燃えてくると言った。年をとったから、穏やかな歌を好んで歌うとか、バラードばかり歌うとか、そんなものではなく、熱く歌い続けたいという、そんなことばを実証した、熱いステージであった。60歳を超えて、まだまだ発展し続ける八神純子を見た。熱心なボイストレーニングと、演奏、作曲活動を続けて、懐メロ歌手ではない現在進行形のシンガーソングライター、八神純子の、僕は元ファンみたいな感じだったが、これを機会に、またファンになって応援しようと思った。

このコンサートの後、予定がなければCDを買ってサイン会に参加できたのに、これも運命。久しぶりに夫婦一緒に楽しい時間を過ごすことができた。ありがとう、ジュンコさん!

ちなみに、このような人気歌手のフル・コンサートは1999年のゴダイゴ期間限定再結成時の大宮ソニックシティ公演以来、20年振りであり、これで僕の全てである。

最後にテレビで2011年くらいに放映されたヒットメドレー!八神純子入門編動画!



paul83 at 14:38|PermalinkComments(0)

October 26, 2015

八神純子の「ブルー」、渡辺真知子の「思いでは美しすぎて」

八神純子と渡辺真知子の持ち歌交換 on FMラジオ(1979)

7年も前だが、「最高の女性ボーカリスト、八神純子」という記事で某FMラジオ局の番組で八神純子渡辺真知子と持ち歌交換をしたことを書いた。八神純子渡辺真知子「ブルー」を、渡辺真知子八神純子「思い出は美しすぎて」
yagami_watanabe

このときの音声を最近聞くことができた。どちらも上手に歌っている。

ユーチューブ/YOUTUBE上でその音声を見つけたのでこちらにご紹介しよう。

八神純子「ブルー」


渡辺真知子「思い出は美しすぎて」


7年前の記事では八神純子の歌唱の方が渡辺真知子本人よりも上手かったと書いたが、改めて聞いてみるとどっちもどっち、どちらもすばらしい歌唱だった。

それにしても今でもこの歌をきれいなステレオサウンドで聴けるなんて、すばらしいことだ。1979年、36年前だよ!

ついでだが、八神純子、歌声がセクシーだとは思っていたが、話し声、話し方までセクシーでかわいい!トークの様子も含めたラジオ番組丸ごと、たしか以前、Youtubeにあったんだけど、 見つからないなぁ…削除されたかな?
 にほんブログ村 音楽ブログへ←挨拶代わりにクリックしてね!

paul83 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 20, 2008

最高の女性ボーカリスト八神純子5

僕が中学・高校時代であった70年代後半から80年代前半。当時僕はモノラルのラジカセを持っていて、それでAMやFMラジオを聞いていた。そして好きな歌が流れたらその場でカセットテープに録音して、そのテープを何度も聞いたもの。

当時僕はゴダイゴ甲斐バンドツイストクリスタルキングなど、ロック系のバンドを好んで聞いていた。シングル盤も買った。そんな中で、唯一好きだった女性シンガーがいた。八神純子だ。彼女の歌の上手さはもちろん、特に声が最高だ。音域が広く、高音で裏声に入ったところの声はたまらなくセクシー。

ラジオ中心だった僕は彼女の顔はあまり見たことが無く、分からなかった。デビュー曲の「思い出は美しすぎて」は深夜放送などでよく流れていて、印象的な歌ではあったが、特に気に入ったわけではなかった。 「みずいろの雨」が大ヒットしたことによりテレビにもよく登場するようになったが、あまりテレビを見ていなかった僕にとって、顔は別にどうでも良かった。あまり印象に残っていない。シングル盤「Mr. ブルー〜私の地球〜」を買ったとき、そのジャケットの写真が初めて知った彼女の顔だった。

当時FM東京に彼女のラジオ番組があった。それは毎週聞ける時は聞いていた。トークはそこそこ楽しめた。彼女のバックバンドはメルティング・ポットという名前で、ライブでハーモニーを担当する女性がおり、その女性が八神純子の声とそっくりで、レコードでよくある一人ハーモニー(自分の声を複数重ねてハーモニーを作ること)をライブでも再現できることにとても感謝していたことが印象深い。とにかく、彼女の話す声も美しく、聞いているだけでうっとりしてしまうのだ!

番組中でスタジオ・ライブもあったし、ゲスト歌手とお互いに相手の歌を歌いあうという企画もあった。これはゲストがよっぽど歌が上手じゃないと、八神純子のイメージアップにしかならないと思った。僕が覚えているのは、「迷い道」のヒットで有名になった渡辺真知子がゲストの時。このとき、八神が歌った、渡辺「ブルー」は素晴らしかった。はっきり言って、渡辺のオリジナルよりよっぽど良かった。申し訳ないが、渡辺が歌った八神の曲はたしか「思いでは美しすぎて」だったと思うが、あまり印象に残っていない。

ここにYOUTUBE岩崎宏美とのトークと「聖母たちのララバイ」のデュエットを見つけた。岩崎は歌の上手さでは僕も認めるところなので、二人のデュエットはどちらも負けていない。これは見る価値アリです。

Inside八神純子「パープル・タウン」でアメリカ・ニューヨークのことを歌ったが、アメリカ人スタンレーさんと結婚してアメリカに行ってしまった。しばらく活動をしてなかったが、ある日突然CDショップで彼女の洋楽カバーアルバムを見つけた。 "Inside of Myself"ビートルズカーペンターズヴァネッサ・ウィリアムススティービー・ワンダー、ビートルズ等の名曲を全編英語でカバーしたアルバムだった。それもJune Stanleyという名前で!衝動的に買った!1996年ごろだったと思う。彼女の美声で世界的なヒット曲を聞けるなんて、なんと素晴らしいことだろう。とても嬉しく、HAPPYであった。

So Amazing 翌年更に新譜 "So Amazing" が!そこでは「みずいろの雨」のニュー・バージョンが入っていたし、子育ての経験から書かれたと思われる可愛い曲、 「Star Child」もあり、未だに素晴らしいセンスの新曲を発表していた。多くは歌詞が英語であった。面白かったのは、シングルカットされそうな代表曲、「Stay Gold」は英語詞の"Some Cool Place"の日本語版。同じ歌の英語・日本語両方を聞けるなんて、まるでゴダイゴだな、と思い、とても嬉しかった。

そのStay GoldとタイトルトラックSo AmazingYouTubeで見つけたので、こちらもぜひ見てください。ちなみに、現在ビッダーズのオークションのこちらで結構良い値段で出品されてますね。  Amazon Japanでの紹介ページ

STAY GOLD

So Amazing



paul83 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)