児童虐待

December 13, 2007

NHKにゴダイゴ登場!30分も!5

昨晩、NHKにゴダイゴが登場した。SONGSという番組で30分間ゴダイゴの特集だ。

代表曲Monkey Magicで始まり、ヒット曲メドレーがあり、最後は新曲BIG MAMAで締めた。

この番組を見て嬉しかったのは最後のBIG MAMAを聞けたこと。テレビでは初演奏ではないだろうか?ケネディ夫人を歌っていると聞いたことがあるが、夢を持って生きようというテーマで、ちょっとハードロック的なアレンジだった。

もうひとつ嬉しかったことがある。それはこのブログでも何度か書いているが、ボーカル・タケカワユキヒデの声のキーのことだ。今回は見事オリジナル・キーになっていた!(タケ、引き続き頑張ってね!)

この番組では途中でインタビューを挟んでいて、中国やネパールでの話が、他のアジアの国々の映像と共に放送された。NHKに民放ドラマ「西遊記」のシーンや、ベストテン番組のシーンが出てきたのが画期的だと思った。

この番組を見て思い直したことがある。それは彼らが1979年の国際児童年のテーマとして歌った「ビューティフル・ネーム」についてである。

あの歌が流行った頃は僕はまだ中3か高1だったので、子供たちのことを歌ったんだな、くらいしか考えなかったが、この頃よく問題になっている児童虐待について考えた時、当時も日本ではそんなに問題にはなっていなかったと思うが、諸外国の子供たちの状態―戦争状態や飢餓状態に置かれた子供たち―を考えてこの歌を聴くと、なんと素晴らしい歌なのかと、今更ながら感激してしまった。

1999年に一時再結成した時に発表したアルバムのタイトルが"What A Beautiful Name!"であり、そこでニュー・バージョンを発表したのもそんな意味での彼等のメッセージであったと思うと、今になって彼等の音楽の奥深さを思い知らされる。彼等はこの歌を中国でもネパールでも現地の言葉に訳して歌い、観客に合唱させたのだ。

この番組、なんと再放送が二回も予定されている。まだ見ていない方はぜひご覧あれ。

12月18日(火) 総合 午前 1:50〜
12月19日(水) BS2 午前 8:30〜

詳細



paul83 at 20:45|PermalinkComments(2)