プロテストソング

December 08, 2016

長渕剛がFNS歌謡祭で渾身のメッセージ!

長渕剛の”即興"プロテストソングか!

歌手、長渕剛が昨晩、フジテレビ系の歌番組、FNS歌謡祭に初出演。代表曲で結婚式の定番曲でもある「乾杯」を歌った。それも超ハイパースペシャル・ブルース・バージョンをギター一本で引き語り!何が超ハイパースペシャルなのかというと、イントロ部分に即興とも言えるギター演奏に合わせてメッセージを追加したのだ。そのメッセージとは!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00000103-dal-ent  (参考記事)

アメリカの大統領が誰になろうとも、
凶と出るか吉と出るかって、
そりゃ俺たち次第じゃねえか
今日もマスメディアの誰かが
無責任な話ばかりしている
正義の面(ツラ)して知ったかぶりしてる奴の
言うことに耳を傾けている俺
これ以上答えのねえ話なんか聞きたかねぇ
歌の安売りするのやめろー
日本から歌が消えていく
日本から言葉が消えていく
自らの言葉をつむぐ歌い手たちが
群れを成して魂の歌を産むならば
俺たちは歌によって正しい道を
見付ける事が出来るのに
歌よ残れ、歌よ残れ
俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本、
そして福島も頑張ってんだ
オリンピックもいいけどよぉ
若者の貧困、地域の過疎化どうする?
騙されねぇぜマスコミ
騙されねぇぜヒットチャートランキング
騙されねぇぜワイドショー

ところでけなげな少女の瞳が
今日も銃弾に撃ち抜かれていく
岸に倒れた名もない兵士は
母の名を叫んで死んだ
アジアの隅に追いやられてきた
しなび切ったこの島国で
屈辱の血反吐を吐きながら
今日も俺たちは歌う

ここまでストレートに赤裸々に感情を吐露しているとは。これはれっきとした即興プロテストソングだ!

YOUTUBEにもテレビ画面を撮影したと思われる動画がたくさんアップされている。

こちらが一番見やすい。気迫の演奏、百聞は一見にしかず!Seeing is Believing!  CHEERS!
 


paul83 at 08:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 05, 2012

ニューポート・フォーク・フェスティバル(1963)のボブ・ディラン

ニューポート・フォーク・フェスティバル(1963)の
ボブ・ディラン〜風に吹かれて/Blowin' In The Windにほんブログ村 音楽ブログへ

ボブ・ディラン-Bob Dylanは1963年のニューポート・フォーク・フェスティバルで大々的に紹介された。そのときにプロテストソング(protest songs)の代表とも言える風に吹かれて-Blowin' In The Windを歌っているが、ジョーン・バエズ-Joan Baezピーター・ポール・アンド・マリー-Peter Paul & Maryフリーダム・シンガーズ-Freedom Singersらのコーラスをバックにしてのギター1本の弾き語りは圧巻である。
 

以前このフェスティバルのCDをテープに録音して何度も聞いたものだが、そのカセットは随分前に無くなり、しばらくぶりにYouTubeの動画で楽しむことができた。(2008.11.1.当時)

現在はその動画は残念ながら削除されてみることは出来ないが、今日、アナログレコードからの音源をアップしている冒頭の動画を見つけた。

あのときの動画はどこへ?当時アップしてくれた人に感謝したい。THANK YOU! モノクロだが、若かりし日のディランはもちろん、ピート・シーガー-Pete Seegerもちらっと表れた。とても素晴らしい動画だ。また見てみたい。恐らくこのDVDに収録されていることだろう。
 

ニューポート・フォーク・フェスティバル 1963~1965 [DVD]歌詞とその他の動画

paul83 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 17, 2009

ニール・ヤングの反戦アルバム5

9db3f092.jpg

僕は最近、偶然にニール・ヤングのアルバム、"Living with War "を聞くことができた。これは驚くべきアルバムだった。 ニール本人が「これはメタル・フォーク・プロテストアルバムだと宣言しているとおり、アルバム全体が反戦メッセージで満たされている。プロテスト・アルバムだ。タイトルから、戦争の話題からいつも逃げられない現代の生活を表している。

これは2006年発売のアルバムで、もう3年も前のこと。この中で特筆すべきなのは、ストレートなプロテストソングが沢山入っていること。例えば、「大統領を告発せよ」"Let's Impeach the President"という曲は、イラク戦争についてフセインとアルカイダの関係について、フセインの大量破壊兵器所持疑惑について、発言が変わっていることを取り上げている。曲中にブッシュ前大統領の肉声も入っていて、歌詞カードには記されていないが、プロモーションビデオで英語字幕で確認することができるようになっている。最初の発言と、後で翻した発言が順番に入っててとても分かりやすい。

次に、「指導者探し」"Looking For A Leader"では、「アメリカに指導者はいるが、ホワイトハウスには指導者がいない」という趣旨で、曲中に「恐らく次の大統領は女性か黒人かも知れない」と、当時からポスト・ブッシュ候補として注目されていたヒラリー・クリントンや、バラック・オバマを示唆している。オバマに関しては、コリン・パウエルと一緒に、黒人大統領の可能性として一緒に実名が出てくる。このPVには、初代からG.W.ブッシュまでの歴代大統領の写真や動画が順番に出てきて面白い。ブッシュの次は、まだこの時点では「」となっている。

他にも、「自由の旗」"Flags of Freedom"は歌詞の中に1963年に公民権運動で盛んに歌われた、Bob Dylan「風に吹かれて」"Blowing In The Wind"を登場させ、曲は、やはり、Bob "Chimes of Freedom"の続編のような作りになっていたり、「落ち着きの無い消費者たち」"Restless Consumers"では、報道規制下のマスメディアの報道に一々反応して振り回される大衆を描き、テレビやラジオは信じられないと歌っていたりする。

ニール曰く、こんなことは20台の若い連中がやってくれるだろうと思ったが、未だに自分たちの世代が現役で頑張って続けていかなければならないと、若いミュージシャンたちに対する失望を表現していた。

プロテスト・ソング研究家と自負していた僕が、ニールに関しては関心外だったので、今になってこのアルバムを見つけて、とても残念だ。もっと早く紹介できればよかったのに。

ここで全曲のPVを見ることができるので、興味ある人はぜひ見てください。ほとんどのPVの下方にイラク戦争での月ごとの死者数が紹介されている。久しぶりに通して聞く気になるアルバムを見つけた。しばらくは歌詞の内容を楽しませていただくとしよう。

プロテストソングの傑作集



paul83 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

August 06, 2008

原爆を許すまじ 〜原爆反対のテーマソング4

原爆投下63周年を迎えて、日本語で原爆廃絶を願う歌は無いのかと思い探してみたら、あった、あった、「原爆を許すまじというそのものズバリのタイトルが。どうやら昔は反核反戦集会などでみんなでよく歌っていたようだ。

アマゾンジャパンで検索してみたが、CDでは労働歌や軍歌のアルバムに入っているが、特にメジャーな歌手がカバーしてはいない。とても大切なテーマを扱ったトピカルソングなのになぜあまり取り上げられないのだろう? 曲や詞が古いと言う人もいるが、アレンジを新しくしたり、新しい歌詞を追加したりしてもっと普及されればいいのに。 MIDIMIDI2

原爆許すまじ

1 ふるさとの街やかれ 
身よりの骨うめし焼土(やけつち)に
今は白い花咲く 
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を  
われらの街に

2 ふるさとの海荒れて 
黒き雨喜びの日はなく
今は舟に人もなし 
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を  
われらの海に

3 ふるさとの空重く 
黒き雲今日も大地おおい
今は空に陽もささず 
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を  
われらの空に

4 はらからのたえまなき 
労働にきずきあぐ富と幸
今はすべてついえ去らん 
ああ許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を  
世界の上に

「原爆を許すまじ」収録CD@アマゾン

トピカルソング・プロテストソングの傑作集

 



paul83 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 06, 2007

反戦歌 「花はどこへ行った?」 ピート・シーガー作4

1964年にthe Kingston Trioによってヒットし、その翌年にはPeter Paul & Maryによって世界的にヒット。この後、ベトナム戦争を背景とした反戦歌として多くのフォーク歌手によって世界中で歌われ広まった。Joan Baezも英語やドイツ語で歌ってきた。他にもthe Brothers Fourのバージョンも日本で人気が高かった。

この記事は別サイトに移動しました。



paul83 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)