ヒップホップ

May 24, 2009

英語はリズムだ! その2 ヒップホップ・チャンツ

68b309ee.jpg いざ、「英会話・リズムワールド」をアマゾンで探してみると、出品者によ ってただ同然の価格で販売されていた。 早速購入したが、当然のごとくテープは付属していない。テープは無いのかと出品者に問い合わせたところ、無いとのこと。

ヤフオクでアルクの昔の教材をまとめて出品している人がそのテープも 含めて出品していたのだが、全部まとめて買う気はないのでパスした。

確か、アルクの看板通信講座、ヒアリング マラソン の中級コースに連載されていたような気がするのだが、心当たりのある方、教えてくださ い。 近所の古書店も行ってみたが、教材の別売りテープなんて、なかなか見付かりそうも無い。

そんな中、代替の教材も同時に探してみたが、ある古書店で面白い教材になりそうな本を偶然見つけた。「 マリー・マツダのヒップホップ・チャンツ」(研究社)。これは最近の書籍なので当 然CD付である。

これは日常会話をHIP-HOP式にラップ化して覚えてしまおうというもの。 さっそく買って聞いてみた。まず基本文の羅列のような歌があり、その 歌が何度も繰り返される間に、ラップっぽい対話が入っている。

中学生にはちょっと早すぎるかなと思うスピードだが、英語自体が簡単 なので、生徒たちは喜んでついてくるかも知れない。 これはうまく利用すれば、英語のリズムを身につけるいい教材になると思う。 実際にレッスンで使ってみたが、今のところは生徒たちの興味を引いて いるようだ。ぜひこれを長く続けて行ってみたい。

paul83 at 10:10|PermalinkComments(0)