デモ

June 08, 2019

メーデー IN 韓国

もう1ヶ月以上経ってしまったが、今年は韓国で5月1日を迎えた。5月1日はどんな日か!皆さんはきっと、新しい元号、令和が始まった日だと言うだろう。日本の皆様にはおめでたいことこの上ない。

僕はたまたまその日をソウルで迎えた。韓国では日本で元号が変わったことなんて一般人にとってはどうでもいいこと。だからどうした、くらいのお話だろう。

それよりも、何よりも、5月1日は世界的な労働者の日なのだ。1886年のシカゴを中心としたアメリカの労働者がこの日にゼネラルストライキを起したのにちなんで、世界80カ国で労働者のための祝日となって、学校も仕事も休みである。カレンダーも5月1日は赤で表示されている。(一部、別の日を「労働者の日に制定した国は除く)

韓国の今年のカレンダーでは、予想に反して、5月1日は勤労者の日と表示があるが、赤数字にはなっていなかった。どうやら韓国でもこの日の位置づけは微妙なようだ。
May Calendar Korea


それに対して日本のカレンダーは、ゴールデンウィークの真っ最中にもかかわらず、その日は黒字で表示されるごく普通の平日である。それが今年は冒頭に述べた理由でめでたく赤色になった。来年以降も祝日になると思われるが、その日は「天皇即位の日」となる。世界標準と比べてなんと大きな違いだろう。

去年の5月前半のカレンダー

calendar May 2018

今年の5月前半のカレンダー

May Calendar Japan

僕が小学生だった1970年代には日本でもこの日の前後にストライキとかが行われたような気がする。日本はこの日が祝日ではないので、労働組合とかの集会は現在は前後にある日曜日に行われているはず。

日本の大企業優遇政策というのはこんなところにも現れているような気がする。

そして、韓国。韓国では厳密に法に従って言うなら、法定祝日ではなく、従業員5人以上の作業所で、責任者は従業員にその日に有給休暇を与えなければいけないとなっているそうだ。ただし、公共機関とか、公共的性格を帯びた銀行や大病院で働く公務員的な労働者は除外らしい。一般庶民が仕事を休むが、彼らが公共機関は利用できるということだ。(画期的じゃない?)

僕はその日にソウル支庁の近くの光化門に行ってみた。予想通り、大規模なデモ行進に遭遇することができた。

そのときの映像だ。



動画の中で叫ばれている労働者の要求は、僕が聞いた限り大きくは2つである。

1.非正規労働者廃止。
2.最低賃金1万ウォン(≒1000円)。


これは今の日本でも必要な要求じゃないのか?

このデモは、ソウル市庁舎前のこの集会から始まった。ソウル市庁舎前ではこのような大勢が集会に参加したのである。
mayday cityhall




paul83 at 21:56|PermalinkComments(0)

August 31, 2015

国会議事堂前、12万人デモ、韓国SBSの報道

8月30日、国会議事堂周辺を12万人の人々が埋め尽くし、安保法案、別名「戦争法案」を反対して歴史的な規模のデモが起こったが、日本のメディアでの報道をまだ見ていない。

そんな中、韓国のSBSテレビの報道があったので紹介したい。

埋め込めないので次のURLリンクをクリック!
SBS anpojapan
 
スクリプト、本サイトから韓国語原文転載

이른바 전쟁가능법안을 밀어붙이는 일본 아베 총리의 퇴진을 요구하는 시위가 일본 전역에서 대대적으로 벌어졌습니다. 12만 명의 시위대가 국회를 포위하고, 도로를 점거하는, 일본에서는 보기 드문 장면이 펼쳐졌습니다.

도쿄에서 최선호 특파원이 보도합니다.

<기자>

오늘(30일) 낮 일본 국회 앞입니다.

끝없이 불어나던 시위대가 순식간에 차도로 쏟아져 나왔습니다.

[아베 물러나라! 아베 물러나라!]

집단적 자위권 관련법, 이른바 전쟁가능법안을 밀어붙이는 아베 정권을 용납할 수 없다는 시위대입니다.

젊은 층의 참여가 크게 늘면서 오늘 국회 포위시위에는 역대 최대 규모인 12만 명이 참가했습니다.

시위대가 국회 앞 대로를 완전히 점거하자, 경찰은 차 벽을 만들어 시위대를 에워싸기 시작했습니다.

양측의 대치는, 국회는 물론이고 총리실을 비롯한 주변 관청가로 끝없이 이어졌습니다.

[모리 미카/가족 단위 집회 참석 : 집단적자위권 법안이 통과되면 과거 일본, 군국주의 일본으로 되돌아갈 수 있습니다. 역사에 대한 반성과 함께, 아이들을 전쟁에 보낼 순 없죠.]

도쿄 외에도 일본 전역에서 200여 건의 동시 다발 집회가 이어졌습니다.

그러나 미국과 밀월관계를 바탕으로 중국에 대항하는 군사력을 키우겠다는, 아베 총리 구상에 야당은 물론 자민당 내에서도 대항마가 없습니다.

아베 총리는, 다음 달 20일 총재 선거를 통해 3년 더, 총리 재임에 나설 태세입니다.

다음 달 중순 전쟁 가능 법안 국회 처리를 앞두고, 국회를 장악한 아베 정권과 군국주의 부활을 우려하는 국회 밖 민심은 정면충돌을 피할 수 없어 보입니다.

(영상취재 : 박용준) 

paul83 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)