チャン・ユファ

May 16, 2009

アレアレア(立川)での演奏〜チャン・ユファに投票してね!5

AREAREA GROWING LIVE AWARD立川(東京都)のアレアレアでは、中のラーメンスクエアでアマチュア・ミュージシャンに演奏をしてもらい、これを投票制のオーディションにしている。

4月14日には僕が一押ししているチャン・ユファが出演し、そのときの15秒の動画も以前紹介したが、アレアレアグロウイング・ライブ・アワードの投票画面で彼女の歌を聴くことができる。好きな人の歌を動画で聞いて、誰もが投票できるようになっている。重複投票はできない。

ぜひここへ行ってチャン・ユファの歌を聞いてください。良いと思ったらAREAREAでのLIVE by チャン・ユファぜひココで投票してください!お願いします! (投票画面へ進めば見たい歌手を選択できます)

歌は前の記事のYOUTUBE動画と同じ"Live Your Dream"ですが、伴奏はカヤグムだけです。



paul83 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

April 15, 2009

チャン・ユファ Live in Tachikawa5

145dcdbb.JPG

4/14の火曜日、立川駅南口のAREAREA2にあるラーメンスクエアに初めて行った。目的は、前の記事で紹介した、韓国琴であるカヤグムを弾きながら自作の曲を歌うチャン・ユファがライヴを行うからだ。

ここは全国でも有名なラーメン屋さんが軒を連ねて、その広場には10個ほどのテーブルと多数の椅子が用意され、誰もが休めるようになっている。

月に何度かステージを作り、夕方に明日の成功を夢見るミュージシャン達がライブを行っている。独自の投票システムで年間グランプリを選出するようだ。

今回は写真のようなスタイルで登場。前回のNOMADでのライブとほぼ同じ曲目を、今回はカヤグムだけで披露した。他の楽器が無かった分だけ、カヤグムの切ない音色と彼女の演奏技術の高さが際立って聞こえた。お客様は席が一杯になるくらい集まっていた。結構有名なんだな。

ラーメンスクエアへは彼女も初めて来たそうなので、せっかくだからと一部のお客様と彼女を交えて一緒にラーメンを食べて健闘を称えた。



paul83 at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

April 12, 2009

チャン・ユファ ライブ情報 4/14 立川AREAREAに登場!5

カヤグムの弾き語りシンガー、チャン・ユファ4月14日に立川駅南口に登場します。

夜7時から30分間、AREAREA2のラーメンスクエアにてソロ演奏。駅前の大きなテレビにも映し出されます。

興味ある人は見に行ってみてね。



paul83 at 08:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 11, 2009

チャン・ユファのライヴ@NOMAD in 代官山5

今日は渋谷まで出かけて、代官山のNOMADというライヴハウスへ行ってきた。前回紹介したチャン・ユファのライヴを見るためだ。

この日は5組ほどのバンドが順番に演奏する。その3番目が彼女。早めに行って、その前のバンドのライヴから観覧することにした。

僕が会場に着いたとき、たまたま彼女がロビーに出ていて出迎えてくれた。こんなに簡単に会えるとは思っていなかったので、少し面食らったが、激励できたのでよかった。

前のバンドの演奏中に会場へ入ったが、そこは30人ほどの座席がある小さなホール、それでも空席が目立っていた。

チャン・ユファ@NOMADそのグループの演奏が終わると、次々と観客が入ってきて、席は全部埋まり、立ち見客まで出てしまった!チャン・ユファは結構人気あるんだなあ、と感心してしまった。

彼女のライブはまずディズニーのアニメ、「リトル・マーメイド」をモチーフにし、挿入曲の "Under the Sea"のサウンドに演奏を合わせ、いきなり英語のセリフを「エア」(口パクシンクロ)して、驚かせてくれた。

彼女のライブ、オープニングは毎回このように色々楽しませてくれるようだ。

今日演奏したのは以下の曲。4.の民謡メドレー以外は自作曲。

1. Live Your Dream
2. I Know ~ 気付いたこと
3. 君色(きみいろ)
4.
民謡メドレー独奏(Instrumental)
5. 君がいるから〜Because You Are Here
6. We Will Meet Again〜また出会える君へ
7. You Can Do It

1,2は一ヶ月前くらいに完成したという新曲。3.はラブソング。

4.は韓国・朝鮮の民謡をメドレーにしたもの。本人曰く、3曲をミックス、いいとこ取りということらしい。さすがにカヤグムのプロだけあって、演奏はしっかりしているのが分かった。

6.は病気に負けずに頑張った、友人のお母さんのことを歌った曲。

タイトルは英語が多いが、歌詞は日本語で、英語はほとんど出てこない。

チャン・ユファの声は澄んで清らか、癒しの雰囲気を漂わせている。歌い方は基本に忠実だが、時折沖縄民謡のような節回しが表れた。彼女の声を聞いているとメロディと相まって、なんだかほのぼのした気持ちになれる。その歌詞はとても前向きで、一緒に歌えば元気が出てくる。カヤグムの演奏はもちろんピッキングで、アメリカン・フォークの父、Pete Seegerが得意とするバンジョーの調べを彷彿させる。彼女の曲間のMCは特徴のある舌足らずな話し方で、座席に座れない立ち見のお客さんたちに気を使ったりして、優しさと思いやりを感じさせてくれる。

もう僕はファンになりました。まだCDも作れず、自己宣伝の場も限られているので、僕は微力ながら、ネット上で応援して協力して行きたい。



paul83 at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(4)

April 04, 2009

カヤグムの引き語りシンガーソングライター〜チャン・ユファ

チャン・ユファ

ギターやピアノの弾き語り自作自演歌手は数多く、ギターならさだまさし、ピアノなら八神純子(古い?)。 三味線弾きながら歌う演歌歌手もいましたね、「帰ってこいよ〜」。

ここに紹介するのは韓国の代表的な民族楽器、カヤグムの弾き語りシンガーソングライター、チャン・ユファ

カヤグムとは韓国の民族楽器で日本でいうところの。 韓国ドラマ、ファンジニで、その母親、盲目のヒョングムが弾いていた楽器である。 日本にある民族学校の中学校には必ずといってよいほど部活でカヤグムを練習する女子生徒たちがいる。 そんな中の一人が、今、シンガーソングライターとなって芸能プロダクションのオーディションにチャレンジ中! 実は彼女、僕が高校で教師をしていたときに担任をしたクラスの生徒のひとり。 

ここ数年間ずっとデモのテープをプロダクションに送ったりしてオーディションなどにチャレンジして来た。 で、2007年8月6日に東京都新宿区で行なわれた、歌舞伎町スター・公開オーディションでは審査員特別賞を受賞。 

彼女が最近、更なる大きな飛躍のチャンスを獲得したようだ。

彼女が来る4月10日(金)、渋谷代官山のライブハウス、NOMADで演奏するのだが、これが実はあるプロダクションの2次オーディションを兼ねている。

音楽を聞くのが好きで、特に在日コリアン歌手の白竜朴保、ちょっと違うが、新井英一沢知恵などコリアンつながりの歌手に興味を持ち応援している僕にとって、これは何よりも嬉しいことであり、今後の彼女の活動に注目していきたい。ライブ当日は僕も出かけて応援しようと思う。

サポートギタリストマリカさんのブログ・関連記事

録れコン2007 で最終審査に残った証しがここにあります。エントリー曲、「ありがとう」の試聴再生もできます。

NOMADのブログでライブのレポートを発見!



paul83 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(3)