チャンツ

March 05, 2013

英語はリズムだ!その3 チャンツで楽習!

英語はリズムだ!その3 チャンツで楽習!

にほんブログ村 音楽ブログへ
以前に紹介したマリー・マツダのヒップホップ・チャンツは勉強が遅れがちな生徒にはかなり難しいかもしれない。では、もっと適した リズム教材は無いものかと、新宿の紀伊国屋書店へ行ってみた。

まずは洋書売り場で、ESL用の教材を見てみた。Jazz Chants/ジャズ・チャンツというのは いくつも出ていたが、CD等が付いていない。唯一付いていたシリーズは本当に小さな子供向け教材なので、内容が幼稚過ぎて使えなさそう。一冊3000円近くもするので、買い控えた。

54a4d2b3.jpgそこからすぐに英語関連書籍のコーナーへ直行。英会話のところでやっと見つけました、チャンツで楽習! 決定版(NHK出版)という打って付けの本を!

NHKのCDブックで、教育ラジオの「基礎英語」でやったものを発展させて新たに作ったもの。中学2年から中学3年生の関係代名詞までの英文法をカバーする、32ものチャントが収録されている。それぞれ生徒たちの周りにありそうなシチュエーションで対話が作られており、内容も面白い。

これこそ僕がやりたい英語教育にピッタリだと思った。その後、実際に試してみたところ好評である。

この一例が動画でアップされていた!この動画を紹介している英語講師のブログでご覧あれ。

人気ブログランキング

paul83 at 10:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 24, 2009

英語はリズムだ! その2 ヒップホップ・チャンツ

68b309ee.jpg いざ、「英会話・リズムワールド」をアマゾンで探してみると、出品者によ ってただ同然の価格で販売されていた。 早速購入したが、当然のごとくテープは付属していない。テープは無いのかと出品者に問い合わせたところ、無いとのこと。

ヤフオクでアルクの昔の教材をまとめて出品している人がそのテープも 含めて出品していたのだが、全部まとめて買う気はないのでパスした。

確か、アルクの看板通信講座、ヒアリング マラソン の中級コースに連載されていたような気がするのだが、心当たりのある方、教えてくださ い。 近所の古書店も行ってみたが、教材の別売りテープなんて、なかなか見付かりそうも無い。

そんな中、代替の教材も同時に探してみたが、ある古書店で面白い教材になりそうな本を偶然見つけた。「 マリー・マツダのヒップホップ・チャンツ」(研究社)。これは最近の書籍なので当 然CD付である。

これは日常会話をHIP-HOP式にラップ化して覚えてしまおうというもの。 さっそく買って聞いてみた。まず基本文の羅列のような歌があり、その 歌が何度も繰り返される間に、ラップっぽい対話が入っている。

中学生にはちょっと早すぎるかなと思うスピードだが、英語自体が簡単 なので、生徒たちは喜んでついてくるかも知れない。 これはうまく利用すれば、英語のリズムを身につけるいい教材になると思う。 実際にレッスンで使ってみたが、今のところは生徒たちの興味を引いて いるようだ。ぜひこれを長く続けて行ってみたい。

paul83 at 10:10|PermalinkComments(0)

May 23, 2009

英語はリズムだ!その1 英会話・リズムワールド

僕の本業は英語研究・教育である。英語教室は今、巷に溢れている。特に最近目覚しいのは児童英語教室で、大手チェーンを始めとして、日本全国至る所に教室がある。

こういう私も児童英語の講師もしていて、そんなスクールのオーナーでもある。

以前、中学・高校で英語を教えたこともあり、大学生対象のレッスンもしたことがあるが、僕のレッスンには必ず英語の歌がある。

英語の歌は生徒たちを英語に興味を持たせるのに利用できるだけではない。英語の歌は、英語独特の発話法である、強弱のリズムを自然に身に付けさせてくれる。

正しいリズムで英語を話すためには、英語の発音の難しいところである、音声の化学変化(発音されなかったり、2語が音声結合したりすること〜リエイゾン)が上手にできなければいけない。

英語の歌が普通に歌えるようになるということは、これらの化学変化も自然に克服していることとなる。

しかし、英米の有名なポピュラーソングにしろ、マザーグースに代表される子供向けの童謡にしろ、あくまで外国語として学ぶ学習者向けに作られてはいないので、歌詞の語句や文法面で何かと不都合なことが多い。

歌の他にチャンツというものがある。これは元々言語教育用に、基本的な英文をBGMのリズムに合わせて言う練習だ。ラップの基礎みたいなものだ。そう、子供向けのラップだ。これだと歌が下手な人にも負担にならないし、ラップ自体、 J-POPの中でe4c16fdc.jpgも普通に使われるようになったので、生徒たちも興味を持って取り組みそうだ。

事実、僕が高校で英語を教えたとき、アルク(ALC) の教材「英会話・リズムワールド」を利用したことがある。これは会話のダイアログをリズムに合わせて、ラップのように対話する教材で、結構生徒たちに人気があった。順番で前に出て来させて発表させたりしたものである。最近そのときの生徒と会ってみたところ、最初にやったダイアログの最初の4行くらいをまだ覚えていて、空で言えたのだ! それを授業でやったのは15年も前の話である。その部分は僕も覚えていたので、一緒にやってみたが、これは感動的だった。

その経験のあと、自分のレッスンで歌とチャンツを中心にして英語を教えることができないものかと思い、既存の教材を探してみることにした。



paul83 at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)