ソフトウェア

March 07, 2013

インターネット、パソコン初心者の方、詐欺フリーソフトに気をつけてね!

インターネット、パソコン初心者の方、
詐欺フリーソフトに気をつけてね!

にほんブログ村 その他日記ブログ 気まぐれへ
人気ブログランキング
ユーチューブのサイトを見ていると最近こんな広告がしょっちゅう目に入る。この図はあくまで一例で、似たような趣旨の広告がたくさんある。この場合、周囲の緑色の枠が激しく点滅してクリックを促していた。
warningPC
 「お使いのパソコンの性能が低下しています!Windowsのエラーを直ちに修正してください!」の文の下に「ダウンロード」のボタンがある。

この文はご親切にもパソコンの内部を解析して、問題点を教えてくれているように見える。

しかし、そもそも個人のパソコンの内部を勝手にチェックするなんて、外部からのウイルスや不正なプログラムがすることだ。だから、チェックなんか本当にされてたら、リカバリーがベストだと言える。

実はこれはただの広告に過ぎない。この四角の右下に小さい文字で、"About this ad"とある。意味は「この広告について」。そう、これはバナー広告なのだ。

こんなにパソコンユーザーに危機感を抱かせてクリックさせる広告がまともな商品を宣伝しているわけがない。

この広告をクリックすると次のようなページに飛ぶ。
warningPC2 読んでみるとどうも役立ちそうなソフトに思われるが、このソフトでパソコンをスキャンすると間違いなく大量のパソコン内部の問題点を見つけ出す。

この問題を解決するためには有料版を購入せよ、との指示が出る。

ふと右上を見ると、大手セキュリティソフトのメーカー、マカフィーと、ウィンドウズのメーカー、マイクロソフトのロゴが付いている。

これで信頼してダウンロードしてしまう人がとても多いと言われている。

このソフトは「詐欺ソフト」だと断じていい。絶対にインストールしてはいけない。後にアンインストールもうまくできないようだ。

最初のパソコンスキャンで表示された問題点は全部である。有料ソフトを買わせるための嘘なのだ。

右上のロゴは決してマイクロソフト社マカフィー社が公認したという意味ではない。

パソコンの状態を調べるなら、こんな広告に促される前に、そのためのソフトをしっかり購入して活用しよう。

パソコンの動作が遅いと感じたら、この「ファイナルパソコン高速化」というソフトが僕のお勧めである。


ファイナルいつでも高速化

paul83 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 16, 2012

パソコン、動作が遅いと感じたら、ソフトで高速化しましょう!5

「ファイナルいつでも高速化」で
パソコンをいつでも軽快に保ちましょう!

にほんブログ村 その他日記ブログ 気まぐれへ
以前ご紹介したデータ復元ソフトの定番、ファイナルデータで知られるAOSテクノロジーズからパソコンの高速化ソフトが発売された。その名もズバリ、ファイナルいつでも高速化

final_speedup
パソコン
は普通に使っているうちに動きが遅くなってkる。インターネットで閲覧したデータが溜まる。
 
ソフトのインストールやアンインストールをしているうちにレジストリ部分に要らないごみが溜まる。
 
データが断片化してハードディスクの動きが多くなると、ハードディスクが熱くなる。

これらはすべてパソコンの動作が遅くなる原因となる。

パソコンの動作速度を常に購入時のサクサク動く状態に保ってくれるソフトウェアがあり、それらは「高速化ソフト」と言われる。

ファイナルいつでも高速化1本で5台までパソコンを高速化できます。価格も3000円台とリーズナブル。クラウドのデータベースを活用するので、動作もサクサクで、パソコンに負担をかけない。

PC高速化診断サイト

主な機能
AOS_speedup

≪高速化≫ 
  1. 強力なデフラグ機能…ハードディスクの断片化を解消 
  2. レジストリ最適化…肥大化した不要なレジストリ情報を削除 
  3. メモリ最適化…限られたメモリを最適化し空きメモリ容量を増加 
  4. OS・アプリケーション起動の高速化…不必要なスタートアップ・常駐アプリケーションの改善 
  5. インターネットアクセスの高速化…Webの閲覧を高速化 
  6. ファイルダウンロードの高速化…ファイルのダウンロードが平均3倍速に 

≪快適化≫ 
  1. パソコンの状況診断…最新のデータベースにより最大5台までのパソコンを状況診断 
  2. ドライバの自動更新…各種デバイスドライバを最新版に自動更新 
  3. スケジュール機能…日時を決めて計画的に実行 
  4. クラウドで遠隔PCの状況確認…離れた所にあるPCの状況を確認 
  5. パソコンのパフォーマンス測定…パソコンの総合的な機能チェックと計測 
  6. 世界ランキング表示…ベンチマークテストの結果を世界中のパソコンと比較 

≪セキュリティ≫ (別途一台あたり年間ライセンス800円が必要)
  1. セキュリティの強化…他のセキュリティソフトとの併用も可能  
  2. ウイルス検知…世界中で数々の賞を受賞したセキュリティエンジン搭載  
  3. スパイウェア検知…悪質なマルウェアの侵入を防ぐ 
  4. アドウェア検知…不必要な広告・アドレスバー表示をストップ 
  5. クラウド型セキュリティエンジン搭載…パソコンに負荷をかけず最新のチェックが可能

ぜひご活用ください!アマゾンジャパンでも結構評判は良いみたいですよ!
http://journal.mycom.co.jp/news/2012/06/05/099/index.html

paul83 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 08, 2012

USBメモリーが読めなくなったら?

もしUSBメモリーのデータが読めなくなっても
コレがあれば復元できるよ!

ファイナルデータ 10plus 特別復元版
現在、どんな仕事をしている人でも、パソコンを使っていることだろう。僕の場合は、パソコンがないと仕事できない!

教案、スライド作り、生徒とのメール連絡、ホームページブログの更新、授業時のDVDや音楽の再生など、すべてパソコンでしている。

なので、パソコンが万が一壊れてしまったら大変なことにる。パソコンのハードディスクの中には授業のデータはもちろん、自分や生徒の個人情報が入っている。

パソコンが壊れなくても、重要なデータを誤って削除してしまうこともある。パソコン本体内のデータなら一度ゴミ箱に入るので、すぐに元に戻せるので良いのだが、たとえばデジカメのSDメモリーカードやUSBメモリーの中のデータを削除するとゴミ箱に行かずにその場で直ちに消えてしまう。このように消えたデータはウィンドウズの機能では元に戻せない!

なので、僕は常にデータのバックアップをとってるし、万が一の事態に備えてデータ復元ソフトを利用している。 バックアップ先は外付けハードディスクだが、その外付けハードディスクが壊れて大変な経験をしたことがあるので、完全には安心できない!だから、少なくともデータ復元ソフトとバックアップソフトは必須なのだ。

この動画は、データ復元ソフトの代表格、ファイナルデータ10プラス 特別復元版のPV。


実は先日、友人がUSBメモリーを開けなくなって困っていた。USBメモリーをパソコンに挿すと、「フォーマットされてません」とメッセージが表示される。

仕事の大切なデータが入っていたので彼女は途方にくれていので、僕が愛用しているデータ復元ソフト、 ファイナルデータ10+ (FD10)を紹介してあげた。手伝ってほしいというので一緒に作業してあげた。

すると簡単にデータを全部復元できたので、大喜びだ。こんなことで喜んでもらって、とても気持ちよかった。

このようなデータトラブルは誰にでも起こり得ること。人を選ばない!にもかかわらず、僕の知る限りバックアップも取らず、データ復元ソフトも利用していない人が多いみたいだ。

パソコンで作成したデータはユーザーの分身と同じであり、失くしたデータはお金では買えない。データ復元ソフトはちょっと高価だが、万が一のために一家庭に一本は常備しておきたいところだ。データトラブルが起きたら少しでも早く対処するのが鉄則!時間が経つほどデータ救出が難しくなる場合がある。

先ほどご紹介したファイナルデータ10+は、データ復元ソフトの中で最も歴史が長く、販売シェアも12年連続トップを走ってるだけあって、信頼性は抜群だ。実力ナンバーワンだと言えるだろう。

相撲賭博事件のときに力士の携帯メールデータを復元したのもこのメーカー、AOSテクノロジーズのデータ復元技術だった!僕も以前のバージョンで何度かピンチを救っていただいた。そのときは本当に心から感謝した。

ファイナルデータ10+のすごいところは、パソコンがシステムエラーにより起動しなくなっても、CD-ROMやUSBメモリーから起動して、ハードディスクの中のデータを復元できるところ。あらゆるデータトラブルに対応できるスグレモノだ

このPVは、以前のバージョンの動画だが、基本機能は同じで、より分かりやすいのでご覧あれ。 


ファイナル丸ごとバックアップ また、バックアップソフトも8000円以上の高価なものが多いのだが、ファイナルデータのシリーズ製品で僕も活用しているファイナル丸ごとバックアップは5000円を切る。それでも機能は充実していて、何よりも操作画面がシンプルで使いやすいところが気に入っている。

万が一のときに、
ファイナルデータあれば憂い無し!困ったときのファイナルデータ頼み!
転ばぬ先のファイナルデータ、転んだ後こそファイナルデータ!

ブログランキング・にほんブログ村へ データトラブルに遭ったらぜひ僕に一度ご相談ください!




paul83 at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 18, 2012

お子様のインターネット閲覧、規制してますか?

お子様のインターネット、しっかり規制して自由に使わせよう!ブログランキング・にほんブログ村へ

このところネットを通した犯罪に子供が巻き込まれ被害を受けることが増えている。とても心配だ。

インターネットにはためになる情報と、それと同じくらい、いや、それよりもたくさんの、ポルノを筆頭に出会い系サイト、自殺サイト、違法薬物薬物販売サイト、学校の裏サイトなど有害な情報が混在している。にもかかわらず、学校ではパソコンとインターネットの活用法を教え、ネットを通して便利なツールを活用できる場合も最近はとても多い。また、ネットで調べ物をする宿題も少なくない。なので積極的にインターネットを活用させるべきだと思う。なので子供のネット閲覧を大人が規制しながら使わせないといけない。

そのためにインターネット閲覧を規制するためのインターネット・フィルタリング・ソフトが学校を始めとする多くの公共機関に普及され、一般家庭にも普及しはじめている。

子供のインターネットの閲覧を規制するのは思春期の子供達を持つ親御さんたちには難しい面もあると思う。なので、テレビの報道でもあったように子供の要請でフィルタリング機能をオフにしている家庭も多いようだ。

好奇心旺盛な思春期だからこそフィルタリングをかけるべきだと思う。これは教育的に必須なことだ。

法的にも2009年4月に「青少年ネット環境整備法」が制定され、子供がいる全ての家庭でフィルタリングソフトを導入することがすでに義務化されている。

そこで、値段もお手ごろで、機能も充実したソフト、インターネット・フィルタリング 7 Net Nannyが好評だ。

このソフトは有害サイトをキーワードとサイト情報で判別して子供がアクセスできなくするのはもちろん、ウェブ・ブラウザを通して子供がどんなサイトにアクセスしたか、全てを把握できるようになっている。また、ウェブ閲覧可能な時間帯や、一日の最大使用時間を設定することができる。コンピューターが正確に時間を測って、時間になると切断するので、親子の間で、「あと10分だけ!」とか、言い合って妥協したりすることも避けられる

ウイルス対策ソフトの中にもフィルタリング機能を備えているソフトがあるが、ノートンマカフィーウイルスバスターの有害サイトフィルタリング性能はそれぞれ28%57%66%とあまり思わしくない。(某ソフトウェアメーカーの去年の実験結果より)現在シェアナンバーワンと思われるi-フィルター 6.0 データベース・フィルタリング機能はかなり高いと思われるが、これらのソフトは有害サイトのURLを随時データベース化してそのサイトへアクセスできなくする方法をとっている。これだとどうしても有害サイトがデータベースに含まれるまでのタイム・ギャップが生じてしまったり、健全なサイトまでブロックされてしまう可能性が高い。

この点ではAOSテクノロジーズ社のインターネットフィルタリング7+(Net Nanny)は、リンク部分からリンク先のキーワードをリアルタイムに瞬時に読み取ってアクセスをブロックするので、データベースに頼らなくてもよい。自社検査によると97.7%の有害サイトを検出したそうだ。

無料体験版もあるので、まだフィルタリング対策をしていないご家庭では、AOSのサイトダウンロードしてぜひ試してみて欲しい。

Net Nanny インターネットフィルタリング7plusi-フィルター 6.0

paul83 at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 26, 2012

パソコンの大事なデータを消してしまったときの対処法

パソコンに入っているデータ重要だ。パソコンが壊れたら、新しいのを買えば済むのだが、パソコンの中に溜め込んだデータはお金では買えない。

僕は仕事の関係で、こんなトラブルと数え切れないくらい聞いてきたし、僕自身も経験した。

  1. 必要なデータをゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にした後にもう一度そのデータが必要になってしまった。
  2. 外付けハードディスク、USBメモリ、SDカードが認識されず、「フォーマットしてください」と表示される。
  3. バックアップを取っていない状態でパソコンが起動しなくなった。データを救出したい。
皆さんもパソコンを長く使えば使うほど上記のどれかを経験されていることだろう。今はしっかりバックアップを取られているのではないだろうか。

実は上記のようなトラブルがあっても慌てなければデータを取り戻すことが出来る。こんなときのためにデータ復元ソフトというものがある。

パソコンデータはゴミ箱から削除しても管理情報がなくなるだけでデータ自体は残っている。次に上書きされるのを待っている状態なのだ。だから気が付いた時点ですぐに対処しないと復元できる可能性がどんどん下がる。

また、復元ソフトをそのときに急いで買ってもインストールをするのは、それでハードディスクに上書きされるのでご法度だが、CDから実行できるので、そうすれば問題ない。

では、パソコンが正常に起動しない場合はどうすればよいか?実はこの種のソフトは製品CD-ROMからCDブート(起動)できるので、Windows98以降のパソコンならほとんど復元が可能だ。

finaldata10データ復元ソフトは何種類か出ているが、やはりAOSテクノロジーズのファイナルデータシリーズが最も信頼できる。2000年に日本初のデータ復元ソフトとして発売され、現在まで同分野ソフトで売り上げシェアナンバーワンを続けているし、専門誌での比較においても最高の実績を示している。本日(1/26)正に新バージョン、ファイナルデータ10プラスが発売されるのだ。

今回から通常版の価格が下がりお求め安くなった。この機会にぜひ買っていざというときに備えよう!

最後に競合製品との比較表をご紹介しよう。
finaldatachart1
finaldatachart2



paul83 at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 09, 2011

アミ・ボイスがあれば声で入力、キーボードレス!5

パソコンを自由にストレスなく使用するには何よりもキーボード操作がスムーズにできることが前提である。

キーボードのブラインドタッチ(キーボードを見ないで原稿だけを見ながら入力すること)ができないと入力に時間がかかってしまう。

ブラインドタッチができても英語なら直接入力なのでそのまま原稿だけ見続けて打てるが、日本語は漢字かな変換が必要なのでそのためにスペースキーを打ち、必然的に原稿と実際に表示されている画面を比べる必要がある。英語入力より時間がかかって当然なのだ。

自分で話した声がそのまま文字になったらどんなに良いだろうか。

この要望を満たしてくれるパソコンソフトがある。

それは株式会社アドバンスト・メディアが製造販売しているアミ・ボイス(AMI VOICE)というソフトだ。

このソフトをパソコンにインストールして起動。付属のUSB接続ヘッドセットをつないで頭に装着。普通に話すとそのことばがそのままテキスト入力される。




このソフトの画期的なところ

1.正確な漢字かな変換
これは単語単位で認識するのではなく、文単位で前後のつながりを認識して適切に変換してくれる。普通の調子で話せばかなり正確に変換される。単語単位で区切ったり、ゆっくり過ぎると却って混乱しておかしくなる。誤変換されたら後にワープロと同様に簡単に再変換して修正することができる。

2.誰の声でも認識する。
以前の音声認識入力ソフトはユーザーの声を登録して認識するものであったが、これは音声的な研究の結果、誰の声でもしっかり発音しさえすれば認識できる。

3.モードを選択できる。
ブログ日記・メール、しゃべりことば、書きことば、政治経済と4つのモードから選べる。

また、ユーザー特有の固有名詞や専門用語はそのままでは誤変換の元だが、登録さえすればしっかり変換してくれる。

実践動画



このソフト、使い慣れたらキーボードで入力するのが面倒になること間違いない。

唯一の難点は、英語は認識できないこと。元は英語のソフトを日本語にローカライズしたソフトなのだが、英語認識機能は実際、ネイティブスピーカー並みの発音ができないと認識不可とのことで現状の日本では商品化は無理なようだ。

これは医療や教育など法人向けにさまざまな教育機関などで活用されているソフトですでに良さは実証されている。音声認識・入力ソフトは一般向けにはこれしかないようだ。

医療用電子カルテとして利用されているアミボイスの紹介動画


興味ある人は、メーカー社員さんが4/15(金)にビックカメラ有楽町店4階でデモしてくれるので行って見てね。

学生の皆さんにはアカデミック版もあるので要チェック!

韓国語のアミ・ボイスがあればいいんだけどな〜

USBヘッドセット付属
(こちらがおすすめ)
 
USBヘッドセット無し


ダウンロード版は楽天で!


paul83 at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)