シンガーソングライター

March 26, 2020

今年高卒のエルちゃんの「存在意義」

来島エルの存在意義

kijima_eru
今年高校を卒業したばかりの 来島エルという女性歌手がいる。彼女は今、れいわ新選組大西つねき 氏の活動に参加し始めた。 講演会でも歌った。彼女はウクレレで弾き語る。かわいい顔には似合わない、力強いボーカルで聞く人を魅了する。なんといっても彼女の歌詞がすごい。まさに学校や家庭で虐げられる子供の気持ちを赤裸々につづっているのだ。




来島エル
ちゃんは先日、大西つねき 氏の動画に出演し、インタビューに答え、歌を二曲披露している。この記事ではそのうちの一曲、「存在意義」をご紹介する。


「存在意義」 作詞・作曲 エル

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

僕の友達は僕の代わりを見つけて
駄弁ってる、駄弁ってる、しゃべってる
そんな軽い関係だとは思ってもなかった
ここから僕が消えたところで
出席番号がずれるだけ

僕が歌ったところで花しか聞いてくれないし
僕が泣いたところで天気だけが変わってく

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる
座ってる

この教室に僕はいなくたっていいし
なのに、なんで僕は生きてんだろう
この世界にいなくたっていいのに

僕が死んだところで誰も泣いてはくれないし
死んだら歌えなくなっちゃうから
だから生きなきゃいけんの

僕の曲はどう聞こえてんのかな
誰かの心に残るかな
僕は今も、今も、生きていていいのかな

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

いかがだろうか? 大西つねき 氏は れいわ新選組 オリジナルメンバーでありながら、自身の党、フェア党の党首でもある。フェア党への寄付で、エルちゃんのフェア党イベント出演への寄付を受け付けるという。エルちゃん用、とコメントを付ければ寄付ができる。ぜひこちらから寄付をしてほしい。



paul83 at 16:42|PermalinkComments(0)

April 18, 2009

カヤグム・シンガー・チャン・ユファのショート・ムービー5

韓国の民俗楽器・カヤグムを弾きながら自作の歌を披露するシンガーソングライター、チャン・ユファ。 彼女の立川でのライブを携帯で動画として録画してみました。そして、初めてユーチューブにアップロードしてみました。

携帯で、かなりデジタルズームアップしているので画質は荒いですが、曲とその雰囲気は味わっていただけるでしょう。 ただし、14秒しかありませんので、悪しからず。


どうですか?気に入っていただけました?



paul83 at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 04, 2009

カヤグムの引き語りシンガーソングライター〜チャン・ユファ

チャン・ユファ

ギターやピアノの弾き語り自作自演歌手は数多く、ギターならさだまさし、ピアノなら八神純子(古い?)。 三味線弾きながら歌う演歌歌手もいましたね、「帰ってこいよ〜」。

ここに紹介するのは韓国の代表的な民族楽器、カヤグムの弾き語りシンガーソングライター、チャン・ユファ

カヤグムとは韓国の民族楽器で日本でいうところの。 韓国ドラマ、ファンジニで、その母親、盲目のヒョングムが弾いていた楽器である。 日本にある民族学校の中学校には必ずといってよいほど部活でカヤグムを練習する女子生徒たちがいる。 そんな中の一人が、今、シンガーソングライターとなって芸能プロダクションのオーディションにチャレンジ中! 実は彼女、僕が高校で教師をしていたときに担任をしたクラスの生徒のひとり。 

ここ数年間ずっとデモのテープをプロダクションに送ったりしてオーディションなどにチャレンジして来た。 で、2007年8月6日に東京都新宿区で行なわれた、歌舞伎町スター・公開オーディションでは審査員特別賞を受賞。 

彼女が最近、更なる大きな飛躍のチャンスを獲得したようだ。

彼女が来る4月10日(金)、渋谷代官山のライブハウス、NOMADで演奏するのだが、これが実はあるプロダクションの2次オーディションを兼ねている。

音楽を聞くのが好きで、特に在日コリアン歌手の白竜朴保、ちょっと違うが、新井英一沢知恵などコリアンつながりの歌手に興味を持ち応援している僕にとって、これは何よりも嬉しいことであり、今後の彼女の活動に注目していきたい。ライブ当日は僕も出かけて応援しようと思う。

サポートギタリストマリカさんのブログ・関連記事

録れコン2007 で最終審査に残った証しがここにあります。エントリー曲、「ありがとう」の試聴再生もできます。

NOMADのブログでライブのレポートを発見!



paul83 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(3)