キング牧師

January 15, 2012

キング牧師の演説 "I HAVE A DREAM"

キング牧師

今日はマーチン・ルーサー・キング牧師/Martin Luther King Jrの誕生日。1929年生まれなので、生きていれば83歳。アメリカでは国家的祝日/NATIONAL HOLIDAYとなっています

米国の黒人たちの権利獲得のための非暴力闘争/non-violent struggle であった公民権運動の指導者である彼は1968年4月4日、38歳で白人の銃弾という暴力に倒れ亡くなりました。

自分の人生を黒人の権利のために捧げたとも言えるキング牧師の有名な演説、「私には夢がある/I Have A Dream」の動画をご紹介します。
I HAVE A DREAM の英語スクリプトと和訳にほんブログ村 その他日記ブログへ
キング牧師の力づよいことば―マーティン・ルーサー・キングの生涯


paul83 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2012

今週はアメリカの祝日三連休!

マーチン・ルーサー・キング牧師の誕生日休日!

HAPPY NEW YEAR! 新年初の記事は、地球の反対側の国の祝日について書こうと思う。

今週今日から月曜日までアメリカでは連休である。1月の第3月曜日はマーチン・ルーサー・キング/Martin Luther King Jr. 牧師の誕生日を祝う日で国家的な祝日なのだ。(Martin Luther King Jr. Day)
 

マーチン・ルーサー・キング/Martin Luther King Jr. 牧師(以降MLK)は1960年代に盛り上がったアメリカ黒人の人権奪回闘争、別名公民権運動の指導者。彼を中心に、かつて奴隷だったアメリカ黒人達が権利を獲得することになるのです。

そのMLKの誕生日が1月15日。この日が祝日になった理由は単純ではなかった。なんといっても白人が多数派で、米国全人口の役12パーセントにしかならない黒人は少数派。そんな彼らの英雄の誕生日が祝日になったのだから簡単ではなかったのは想像に難く無い。アメリカには昔からアフリカから黒人をモノとして買ってきて奴隷として働かせ、農業を発展させてきたという覆しがたい恥の歴史があるのだから。

ちなみにアメリカの祝日で個人にまつわるものは他に2つしかない。

2月第3月曜日 ワシントンとリンカーンの誕生日(大統領の日)
10月第2月曜日 コロンブスの日

アメリカ大陸を「発見」したイタリア人クリストファー・コロンブス/Christopher Columbus。アメリカ初代大統領で建国の父とも言われ慕われているジョージ・ワシントン/George Washington 大統領。南北戦争を終わらせる一環として黒人開放宣言をしたエイブラハム・リンカーン/Abraham Lincoln 大統領。これらに続けてアメリカ黒人を制度的に開放するために尽力したMLKの誕生日を祝日にするためにアメリカ黒人は立ち上がったのだ。

その運動を盛り上げた歌がある。それはスティービー・ワンダー/Stevie Wonderが歌う"ハッピー・バースデー/Happy Birthday"

この歌は、黒人最高の偉人を思い出し、その業績を祝福する日が一年に一回くらいはあってもいいではないか、という主張を込めた、スティービーの魂(ソウル/SOUL)全開の名曲だ。

この歌は最近日本のテレビでも時折耳にするようになった。誰かの誕生日をお祝いする場面で流れるが、ほとんど間違いなくサビの "Happy birthday to you"の部分から突然流れてくる。やはり僕と同じく80年代に青春時代を過ごしたスタッフが中心になっているんだと思ったりもするが、歌の持つ深い意味を考えると複雑な心境だ。

その意味深い歌詞とはこれ!和訳

You know it doesn't make much sense
There ought to be a law against
Anyone who takes offense
At a day in your celebration

'Cause we all know in our minds
That there ought to be a time
That we can set aside
To show just how much we love you
And I'm sure you will agree
It couldn't fit more perfectly
Than to have a world party on the day you came to be

Chorus
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
(Repeat)

I just never understood
How a man who died for good
Could not have a day that would
Be set aside for his recognition
 
Because it should never be
Just because some cannot see
The dream as clear as he
That they should make it become an illusion
 
And we all know everything
That he stood for time will bring
For in peace our hearts will sing
Thanks to Martin Luther King

Chorus

Bridge
Why has there never been a holiday
Where peace is celebrated
all throughout the world

The time is overdue
For people like me and you
You know the way to truth
Is love and unity to all God's children

It should be a great event
And the whole day should be spent
In full remembrance
Of those who lived and died for the oneness of all people

So let us all begin
We know that love can win
Let it out don't hold it in
Sing it loud as you can

Chorus
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
(4x)

Happy birthday Ooh yeah
Happy birthday,
To you

We know the key to unity of all people
Is in the dream that you had so long ago
That lives in all of the hearts of people
That believe in unity
We'll make the dream become a reality
I know we will
Because our hearts tell us so 

最後はソウルシンガーのスティービー、歌では物足りずに、ラップではなく、真剣にスピーチしている。

1980年にアルバム "Hotter Than July/ホッター・ザン・ジュライ"で発発表され、翌年にシングルカットされたこの歌が運動のテーマソングとなり、色んなところで流された。

その結果、この日が1983年レーガン/Reagan政権下で祝日になることが決まり、1986年に初めてMLK DAYが祝日となった。但し一部の州が反対し、アメリカの全50州で公式に祝日にるのは2000年まで待たなければならなかった。

アルバム "Hotter Than July/ホッター・ザン・ジュライ" からシングルカットされたものの、日米ではトップテンヒットには至らなかったものの、イギリスではチャート2位まで上がり、彼のシングルの中で最もたくさん売れたヒット曲となった。この事実の背景を色々と考えるのは意外と面白いかも知れない。

余談だが、僕はスティービーは大好き、でも黒人解放運動ではマルコムエックス/Malcolm X の方をより支持している。
にほんブログ村 音楽ブログへ



paul83 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 18, 2011

スティービー・ワンダーの「ハッピー・バースデー」

Hotter than July by Stevie Wonder1月15日は’60年代アメリカ公民権運動の指導者、マーチン・ルーサー・キング・ジュニア(Martin Luther King Jr. MLK)牧師の誕生日だった。公民権運動とこの牧師についてはこちらを。アメリカで昨日(1月の第三月曜日)は彼の誕生日を記念する祝日だったのだ。

1968年に牧師は暗殺された。その4年後に、MLKの誕生日を祭日にしようという運動が黒人達を中心に繰り広げられ、14年後にようやく国家的な祝日に制定されたのだ!(制定25周年!)

これと関連して、スティービー・ワンダー”Happy Birthday”という曲がある。この歌は、MLK Day 制定を求めてスティービーが1980年にアルバム"HOTTER THAN JULY" にて発表し、イギリスではシングルカットされ、ヒットした曲。MLK制定運動のテーマソングのように唄われ、大きな役割を果たしたであろうことは容易に想像できる。

この歌が最近日本のテレビのバラエティ番組などで単なる誕生日を祝う歌としてサビのところを中心にしょっちゅう流されるようになってきた。それはとても良いことなのだが、アメリカでのこの MLK Day 週末に本当の意味を反映して日本のテレビでこの曲が流されたことが一度でもあったのだろうか?

この歌の終盤にはスティービーが語りで、この日を祝日にすることを望むメッセージを述べている。興味ある方はぜひアルバムを買うかダウンロード購入して聞いて見て欲しい。

歌詞 ←なんとここで曲が聞けるよ!ページ上部のプレーヤーを再生してみて!YOUTUBEは下にあるよ。






paul83 at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

April 04, 2007

Stevie Wonder With 細木数子 タッキー 小室哲也 KEIKO5

今日(火曜日)細木数子のテレビ番組に、なんとあのスティービー・ワンダーが登場!それも小室哲也の自宅でインタビューだ。これは驚きだ。

Stevie 自身の口から、彼の名曲"Happy Birthday"についてのコメントが聞けてとても嬉しかった。 この歌は、最近では誕生日のお祝いとしてテレビなどでよく流されているが、元々はアメリカ黒人たちの英雄、Martin Luther King Jr.(キング牧師)の誕生日を祝福するためにStevieが作った歌なのだ。 この歌の最後の方には演奏に乗せて彼のことばでメッセージを入れている。 

この歌は、キング牧師の誕生日を国家的な祝日にするための運動のテーマソングとなり、遂にその目的を成し遂げたのである。 (キング牧師の誕生日は1928年1月15日で、1986年からアメリカのキング牧師の日が1月第3週の月曜日と定められた) Stevieの名曲紹介としてHappy Birthday, かわいいアイシャ(Isn't She Lovely), Sir Duke, 心の愛(I Just Called To Say I Love You), 缶コーヒーFIREのテーマ、Part Time Lover などのヒット曲と一緒に Latelyが紹介されていたのが嬉しかった。 この歌はHappy Birthdayと同じアルバム"HOTTER THAN JULY"に収録されているが、とてもシンプルな伴奏に乗せたシンプルなバラードだ。

ホッター・ザン・ジュライ(紙ジャケット仕様)
スティーヴィー・ワンダー
ユニバーサルインターナショナル (2003/01/29)
売り上げランキング: 79574
おすすめ度の平均: 5.0
5 スティービー最後の傑作
上記の曲は全てスティービー・ワンダーのベスト盤(Song Review) のイギリス盤に収録されている。 
Song Review: A Greatest Hits Collection
Stevie Wonder
Polygram International (2006/05/09)
売り上げランキング: 136624

二枚組のアメリカ盤と、日本盤には、Happy Birthdayが入っていないのだ。
スティーヴィー・ワンダー・グレイテスト・ヒッツ
スティーヴィー・ワンダー
ユニバーサルインターナショナル (2006/01/25)
売り上げランキング: 179

僕は迷わずにイギリス盤を買った。(輸入盤なので歌詞カードは無いのでご注意)

Lately は僕も良く知らなかったのだが、好きになったのは韓国のラップグループ、DJ DOCがアルバムで発表したハングルバージョンを聞いてからだ。DJ DOCと言えば、アゲアゲのオリジナルを歌ったグループだ。 彼らはラップではなく真面目なバラードとして感動的に歌い上げた。(最初に少しおふざけあり) ただ、現在そのDJ DOC3のアルバムは入手困難なようだ。

このTVで最後の Stevie のメッセージは、「戦争をしたり武器を作ったりする時間はあるのに、どうして愛するための時間は無いのか」というもの。 これぞ正にこの世からいじめを無くすためのメッセージではないだろうか。 これはまた、彼の最新アルバムのタイトル曲、Time To Loveのメッセージでもある。

A Time 2 Love
A Time 2 Love
posted with amazlet on 07.04.04
Stevie Wonder
Motown (2005/10/18)
売り上げランキング: 22225
おすすめ度の平均: 4.5
4 灰色のアルバム
5 現在のStevie Wonder
3 不惑を10余年,不惑らしくなった御大


paul83 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)