いじめ

August 06, 2015

自民党のくまだ裕通、議員辞職すべし!

弱い者いじめを自慢する議員、熊田裕通は直ちに辞職せよ!

kumada_abe自民党のくまだ裕通という「国会議員」が自分の公式サイトにとんでもないことを書いたようだ。それも写真つきで。ツイッターで大量に批判ツイートされ、炎上に炎上を重ねているので、もうみんな知っていると思うが、これにはとても腹が立つので敢えてブログで抗議したい。

こんな人が国会議員になれるなんて開いた口が塞がらないが、こんな彼の人格が明確になった以上、有権者はこの人を議員辞職させるべきだと思う。 これがこの記事の結論だ。

 こんな記事を書いた。もうすでに削除されたのでウェブ上に出回っている画像をご紹介する。

kumadagiin
要約すると、(恐らく)彼が高校生のときに臨時で勤務していた若い女教師が生意気だったので仲間と一緒にトイレの個室に閉じ込めてとんでもない虐めをして喜んだということを告白しているのだ。

このような犯罪を犯罪とも思わず、若気の至りで許されるような、もう時効だろう、みたいな感覚で公表する感覚。

そして、この写真、ツッパリの集団に見えるこんな写真を自慢げに載せるような感覚。 

これこそ恥知らずだろう。犯罪のカミングアウトをしている。

そのときは警察に逮捕されなかった としてもこのような犯罪を犯したと自白している人を国会議員としてそのままにしておくのは道理に反するのではないか。

こんなことは当時の仲間同士で集まったときに話題にする以外は恥ずかしくて他人に話せることではない。普通はそう思うだろう。

この「議員」はそんな常識的な感覚も持ち合わせていない。 自慢のように書いている。おいおい、集団で女性に暴力振るったことのどこが自慢なの?弱い者いじめだろう!

ここに登場する、虐待を受けた臨時女教師はこれを読むことによりそのときのつらい思いが蘇り、今頃また苦しんでいるかもしれない。これこそ、セカンドレイプだ。そんなところにも心を配れない浅はかさ。

ネットで大騒ぎになったから謝罪を掲載してその記事を削除した。

しかし、メディアの取材に秘書が答えた内容が、火に注ぐ油だった。

「少年時代は、たいがいの男の子がスカートめくりをしたことがあると思います。そのような事実を書いただけで、深い意味があるわけではないです。過去にやっていた悪ふざけを肯定してもいません。あくまでも、過去からの流れの中で出てきたことです」
え〜!ここでスカートめくりを持ち出すかよ!

スカートめくりをたいがいの男の子がしたことがあるなんて、そんなはずないだろう。 

また、深い意味がなくこんなエピソードを晒すその感覚が批判されていることに気付いていないところでもうおしまいだ。

議員も秘書も、女性蔑視の古い思考で凝り固まっているということが暴露されたわけだ。

選挙でこの人に投票した有権者も、こんな人とは知らずに投票したのだろう。こんな酷い人間だということが分かったからにはこの人を支持し続ける訳には行かないはずだ。

一刻も早くこの「議員」と、同類の議員も一緒にバレる前に辞職することを願って止まない。

くまだ裕通に関するまとめのページ

 

paul83 at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 24, 2013

北海道新聞の記事 「朝鮮学校 理が通らぬ無償化外し」

元記事:北海道新聞の記事

昨日 以下のようなタイトルの記事が掲載された。

朝鮮学校 理が通らぬ無償化外し

これぞ正論だと思うので、全文を引用する。

文部科学省は、朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外した。省令を改正したうえで、各校にその旨を通知した。

無償化の本来の狙いは教育費を軽減し、学習の機会均等を保障することにある。

制度が創設された2010年度には、高校の教育課程に相当する各種学校も無償化の対象とし、インターナショナルスクールや中華学校にも適用された。

文科省の専門家会議は、朝鮮学校も基準を満たすとしたが、当時の民主党政権内で異論が出され、「審査中」のまま政権交代に至った。

制度の趣旨、条件ともに朝鮮学校を除外する理由は見当たらない。文科省は除外の撤回を検討すべきだ。

下村博文文科相は、日朝間の懸案である拉致問題に進展がないことなどを除外の理由に挙げた。

北朝鮮は昨年12月、事実上の長距離弾道ミサイルを発射し、今月は3度目の核実験を強行した。国際社会に背を向け、国内外に脅しをかける国家は非難に値する。

しかし、高校無償化は教育の話である。政治や外交の観点から適用の是非を判断するのは理が通らない拉致被害者である横田めぐみさんの父親滋さんも「子どもに責任を負わせるのは筋違いだ」としている。

核実験を受けて、朝鮮学校への補助を打ち切る動きが一部の自治体に出ている。存続が危ぶまれる学校もある。これでは子どもたちの学ぶ権利が失われかねない。

国内になぜ朝鮮学校が存在するのか。その歴史的経緯に思いを致すことを忘れてはなるまい。

無償化から除外する動きに対し、10年には国連の人種差別撤廃委員会が「子どもの教育に差別的な影響を与える」と懸念を表明している

今年1月、全国から政府に寄せられたパブリックコメント(意見公募)は、除外を支持する意見が約1万6千件だったのに対し、反対も約1万4千件あった。反対の多さを重く受け止める必要がある。

高校に当たる朝鮮高級学校は、札幌も含めて全国に10校あり、約1800人が学ぶ。北朝鮮籍に限らず、韓国籍の生徒も多い。

卒業生は日本のほとんどの大学で受験資格が認められており、大学卒業後、大半が国内で就職する。将来、日本社会に貢献する人材といっていい

政府は高校無償化の実際の効果として、高校中退の減少を挙げている。無償化が、学校教育に欠かせない重要施策であることは明らかだ。こうした現状を踏まえ、政府には朝鮮学校の除外を見直すことを、あらためて求めたい。 
-----------------------------------------引用ここまで--------------------------------------
 東京朝鮮中高級学校ホームページ
高校無償化の対象から朝鮮学校を除くのはやっぱり多数による少数に対するいじめであり、抑圧だろう。圧倒的多数である日本国民の良心なしには生き続けられないような弱い立場にいるのが朝鮮学校であり、朝鮮学校生徒たちではないのか。ここで今一度日本人の良心を信じたいと思う。
ブログランキング・にほんブログ村へランキングに参加してます!協力してね!


paul83 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 19, 2010

「いじめ」は「殺し」! あるツイッターのつぶやきより

ツイッターは140文字までの文をつぶやくコミュニティで、日々ユーザーが増えている。僕もツイッターでつぶやき始めた。フォローしてくれる人が増えるとどんどん面白くなる。お手軽なブログ感覚だ。

そんなツイッターの中で、注目すべきつぶやきを見つけた。それは「いじめ」に関する見解だ。この方のIDは sumiyakist さんで、学校でいじめに遭って登校拒否をしているお嬢さんをお持ちだ。

彼女が10個近いつぶやきで長い自己主張をされていたので、ご本人の許可をいただいてこちらにブログ記事として転載させていただいた。ツイッターのつぶやきはいつの間にかはるか彼方に消えてしまう。その前にひとつの記事としてまとめたかった。

そんなに長くない文だが、非常に意味が深いと思う。

転載ここから------------------------------------------------------------------

いま、日本中の学校で起きている「いじめ」は、「いじめ」と言うよりは、「殺し」と表現した方が、より現実に対して誠実な捉え方だ。 「殺し」に成功したケースでは、被害者はみな自殺している。
       
理由もなしに、自殺する子なんかいない。
  
子どもを、いじめによる自殺で失った方のサイトなんかを注意深く読んでいると、かならず、被害者妄想的なコメントが多々寄せられているのが分かる。

つまり、「いじめがあったなんて、事実無根の被害者妄想はやめてください。迷惑です。名誉毀損です。あなたは私たちをいじめています。」と言った様な性質のコメントである。

いじめによる殺人は、常に、分業化、というシステムによって達成される。これは、「縦割り行政」に似ている。

これは、ナチスがユダヤ人を大量虐殺する時に依存したシステムだと記憶している。ある人は、貨物列車で、ユダヤ人をある場所まで運ぶ、ある人は、小屋を見張る。 ある人は、シャワー室だと聞いているガス室まで、ユダヤ人を誘導する、ある人は、始業のチャイムを成らすような気軽さで、朝の朝礼と共に、毒ガスのボタンを押す。

これらの行動は全て、組織の命令に従ってしているだけの事であり、その行動に対して、罪の意識を持つものなど誰もいない。

ベトナム戦争では、この手法が更に研究され、権力者の地位や名誉を、平和を訴える民から守るために使用されるようになった。


転載ここまで ------------------------------------------------------------------

sumiyakistさんをフォロー  僕をフォロー
Twitter Icon
by Twitter Backgrounds


paul83 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 19, 2006

自分の子供がいじめの加害者にならないように!3

いじめについて、学校はどう対応すべきか?

今日NHKでいじめについての番組を偶然見た。

オーストラリアの学校での実践を紹介していた。紹介された学校では、小学生が実際にいじめの場面を演技して、このことで、お互いの気持ちはどうなるであろうかと討論をさせていた。

豪州の学校では、両親と連携をとりながら、いじめについて次の3つを常に心がけていると言う。

1.いじめは当然あるということを前提に考える。
2.いじめには迅速に対応する。
3.加害者にならないように教育する。

1.について、日本ではいじめがあると学校のイメージダウンになるので、いじめについては否定するのが当然のようになっている。しかし、オーストラリアでは、いじめがあるのは当然で、それに対してどのように取り組んでいるのかが重要なのだ。

2.は、常に生徒たちの様子を観察し、いじめの小さな芽が現れた時点で、当事者同士で話し合って解決させている。 ただし、日本の学校ではシカト、仲間はずれなど社会的ないじめの割合が、殴ったりする身体的ないじめよりはるかに高いのに対して、他の国々は、身体的いじめの方が高いという違いがある。

3.は、いじめを黙って黙認したり、見ないふりをするのもいじめの加害者であるという考え方で、親は自分の子がいじめの加害者になっていないか家庭で心配しているという。自分の子がいじめられていないか心配する日本とは正反対である。

今後、日本の全ての教師と親が子供がいじめの加害者にならないように教育することがとても大事だと思う。文部科学省や教育委員会、果ては学校の教師までが、学校のいじめ自体を否定し、いじめ報道により生徒数が減るのを恐れている現状をそのままにしないためには、やはり学校の「顧客」である、親たちの意識改革が必要だと思う。以前、いじめている友達の名前まで出して自殺した中学生に対し、学校は、いじめが原因ではなく、個人の人間関係上のトラブルが原因であると言い切ったことがあった。ここに僕は学校の校長や(校長の天下り先と言われている)教育委員会の保身主義を見ることが出来る。



paul83 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)