ホームページ

June 15, 2015

ライブドアブログの良いところ

デイリーモーションの動画を貼れるのがイイよね!



僕のブログデビューはライブドアだった。堀江社長がとても有名だったから選んだような気がする。2005年の3月2日が最初の記事だ。Oh! 開設10周年だった!おめでとう!(自分のブログに)

以前はもうひとつライブドアブログを管理していたが今はそっちの方は放置状態。このブログも更新頻度がかなり低くなってしまった。なぜならば、数年前からアメブロの方がメインになったから。

アメブロのユーザーはみんな感じていると思うが、禁止タグが多すぎる。また、その禁止タグが順次増加していて、その内容が知らされない。なのできづかずに禁止タグを使うとどれが原因なのかわからず、かなりの時間を浪費したことも度々。

反面、ライブドアブログは自由度が高い。今もっとも重宝している機能は、デイリーモーションの動画が埋め込めること。

写真を左右に寄せて配置できるのも良い。アメブロでは自分で「align」タグを追加しないといけない。

他にアクセス解析も頼もしい。最近いきなり僕以外のアクセスがなくなったのは直前のこの記事のせいではあるまいか?

まぁ、とにかく、こんなライブドアブログが完全無料化とは何と太っ腹だろう!

今後、更新頻度を上げて行きたいと思う。

paul83 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 29, 2010

さよなら、インフォシークのISWEB!

今月末を持って楽天が提供するウェブサービス、インフォシークのISWEB(あいずうぇぶ)の無料版が終了してしまう。とても残念だ。

僕はこのサービスでふたつのIDを利用して、「英語楽習室」という英語学習を楽しむサイトと、自己紹介サイト「SONNYのホームページ」を管理してきた。また、僕が好きなゴダイゴのファンサイトも作った。

最初に作ったのが、2000年頃で、当時働いていた英語スクールの公式サイトの援軍サイトとしてひとつ作成し、公式サイトで自分が作った英語学習コーナーを、会社を辞めてからISWEBで引き続き管理してきた。

僕が初めて利用した無料ウェブスペースであるISWEB。とても使いやすいサービスだった。

楽天・インフォシークの皆様、長い間、お世話になりました!ありがとうございました!

だからここから撤退するのは残念だが、有料で使い続けるのには抵抗を感じる。なので、今の公式サイトで利用している有料ジオシティズの中に組み込ませることにした。自己紹介サイトの方は、10年以上前に作った初のヤフージャパンIDの無料ジオシティズサービスに引っ越した。

今後とも僕のサイトをよろしくお願いします!

英語楽習室
SONNYのホームページ




paul83 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 06, 2006

唯一の被爆国?3


今日は米国が広島に原爆を投下して61年目の日だ。僕は勿論当時生まれていなかったので、当時がどんな風であったかは、テレビやビデオなどを通して知るのみだ。
ブルーハーツの「1985」

僕は日本は被曝国として世界的な核廃止に向けて、国を挙げて取り組むべきだと思っている。だが現実には、日本は核兵器を持ってはいないが、「核の平和利用」という聞こえの良い言葉で原子力発電所を稼動させ続けている。戦争が起こって、原発が空爆されたらどうすると言うのか。それこそ「大型原子力地雷」のようなものではないか。

原子力発電所を反対する運動は一時期盛り上がったが、最近は忘れられているようだ。東京電力はさりげなく原子力発電所の必要性を宣伝しているが、視聴者の潜在意識にはしっかりと<原子力発電所=あって当たり前>と植え付けられているのではないか。そんな人はこの歌の歌詞を見て欲しい。
MONJU by 朴保&切狂言

サマータイム・ブルース〜Summertime Blues by RCサクセション

ラブ・ミー・テンダー〜Love Me Tender by RCサクセション

日本の一部の識者たちは、「日本は唯一の被曝国」とよく言うが、それを肯定的にとらえて、今後の核廃絶につながる行動を起すのならよい。しかしそうなっていない現実からして、僕はこれを否定的に捉える。

日本は、敵軍によって原子力爆弾を落とされたという意味では確かに唯一無二である。しかし、より広い意味で被曝している国は他にもある。

それはアメリカが原爆実験を行なった場所だ。米国内のニューメキシコ州で、広島・長崎に先立って核実験が行なわれた。このとき多くの米兵が被曝している。戦後はネバダ州で数多くの実験があった。このとき参加した兵士が被曝したかどうかはよく分からない。これらは米国の国内被曝。他国には被害を与えていない。

他にアメリカは太平洋の島々周辺で水爆実験を行なった。1946年から1958年にかけて、マーシャル諸島のビキニ環礁とエニウェトク環礁で、合計なんと88回も、である。当時そこに住む人々はロンゲラップ島に強制移住させられた。実験で彼らが被爆したのは明らかだ。米軍は被爆の状況を調べるために、彼らをモルモットのように利用したのだ。医師が来ても島民たちの治療はせずに、髪の毛などのサンプル採取しかしなかったという。詳細はこちらのHPでよくわかる。

ビキニ水爆実験 被曝者はいま

ここで、米国がどんなに極悪非道なことを、罪も無い素朴な人々に行なったかがよく分かる。
そんな国が今世界の中心で「戦争」を叫んでいるのだ。

他にも元ロシアのウクライナ共和国とその周辺の人々の多くがチェルノブイリ原発事故によって被爆し、住む場所から追われている。これもれっきとした被曝だ。

「日本は唯一の被曝国」とのたまう識者たちは直ちにこの表現を正すべきだ。そして、日本は非核国になる道を進むべきだと思う。 「明日無き世界」へ向かうのはまっぴらだ。

グラウンド・ZERO by 白竜

HIROSHIMA by 朴保&切狂言

世界の全ての被爆犠牲者に哀悼の意を表します。



paul83 at 11:17|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

July 02, 2006

久々のホームページ更新

今日は久しぶりに、ホームページを更新した。

音楽のムービーが無料で楽しめるサイトがあったので、各歌のページに色々とリンクした。

Bob Dylan「風に吹かれて」には本人のムービーもいくつかあり、他の歌手のカバーまでリンクした。

ブルーハーツのチェルノブイリもリンク。海外のサイトなのに、日本や韓国のムービーも結構あるようだ。



paul83 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 21, 2006

荒らされ放題の掲示板1

僕のサイト、トピカルソング・プロテストソングの傑作集に掲示板を設置しているが、最近やたらと二種類の投稿が殺到している。ひとつは一挙に10個くらいの投稿だ。 これらは全てくだらない、エロサイトへのリンクを含んだものだ。

これぞ「掲示板荒らし」なのだろう。その掲示板はここだ。

誰か対策を教えて欲しい。とりあえず、この掲示板は閉鎖しようと思う。とても残念だ。どうすれば過去の貴重な書き込みを保存できるのだろうか。

楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/ 1,500円以上の注文は送料無料!
キーワードを入力して書籍検索ボタンを押して下さい。


paul83 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 11, 2005

911 4周年を向かえて 詩を追加4

39ac6e91.jpg

911・同時多発テロ 今日は日本での選挙投票日・テロが起きないことを祈りながら書きます。

同時多発テロのときに世界がアメリカに向けた同情は、4年経った今、ブッシュ政権の対テロ政策により、雲散霧消となった気がする。 米国は自分たちが初めて本土を攻撃されたのだが、米国はこれまで無数の国々を攻撃してきた。 冷静に考えれば最初から同情の余地などなかったのである。

特にパレスチナ・イスラムの人々にとっては、米政府がイスラエルと友好関係を深め、イスラエルのパレスチナに対する暴行を支持し続けていることが大きな問題だ。 米国は、恒常的にイスラエルのパレスチナに対するテロを支援してきたことになるのだ。 911のテロは、イスラムの世界からの報復と見るしかない。

すると、ブッシュ政権のとった政策―アフガン空爆・イラク戦争など―はテロに対する報復に対する報復なのだ。 キングギドラの「911」は本質をうまく表現していると思う。

そこで今回は自然界が米国本土に殴り込みをかけた。 カタリーナである。 この被害は甚大であるが、米政府の対応が槍玉にあがっている。 救援活動に大いに問題ありだ。 特に目立ったのは貧困層の人々に対する措置だ。 お金持ちは皆、事前に警告が出た時点で、自家用車や飛行機などで自力で非難していた。しかし、貧困層には車もないので、救援のバスを待つしかない。 バスが足りなくて待っている間に、彼らは飢え、病に冒される。 まさに「Kill the Poor」(貧乏人を殺せ)政策である。

この災害で問題となっていたのが、略奪行為。 商店を破壊し、物を盗むものたちがたくさん出てきたという。 僕が思うところ、すでに非難した人たちは自分の命と引き換えに自分たちの商品を放棄したのだと思う。 その商品を、命の危険に晒されながら、生き延びるるために奪って食べるのが本当にいけないことなのだろうか? その防止のためにたくさんの州兵を動員するなんて、本末転倒ではあるまいか。

拳銃所持が合法化されている米国で、このような混乱状態に陥れば、自分の武器を持っている者が自然と幅を利かすだろう。 この混乱に乗じて、強盗・殺人が出てきてもおかしくない。

世界で被災者に対し、多くの援助が送られているが、米国の救助隊よりもカナダの救助隊が先についた、New OrleansのとなりのSaint Bernerd市民などは米政府に見捨てられたと思ってもおかしくないだろう。

今回「プロテストソング・トピカルソングの傑作集」に911がらみの曲を特集した。今回新しく作ったのが、

Bruce Springsteen の3曲 The Rising, Into the Fire, Devils and Dust.

Jimmy Cliff の "Terror (September 11th"

Bon Joviの"Undivided"

Paul McCartney"Freedom"

他にもたくさんあるので、ぜひ今日たくさんの人たちに遊びにきて欲しい。



paul83 at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 08, 2005

プロテストソング・トピカルソングの傑作集4

cdc8835d.gifプロテストソング・トピカルソングとは?

僕はCD収集を長い間続けてきた。英語学習の手段として、というのを口実にし、英米、カナダ、ジャマイカ、など、英語圏の歌手の歌を聴いている。

特に、社会的なテーマを持った歌。 主に反戦平和の主張を込めた歌などを楽しんでいる。 これらを「プロテストソング」、「トピカルソング」という。

60年代は Bob Dylanがプロテストソングの王様としてもてはやされた。 彼の「戦争の親玉」なんて最高傑作だといえるのではないかと思う。

日本では忌野清志朗や、中川敬などが、プロテストソングを発表して頑張っているが、日本のシンガーはあまりこんな歌は歌わないし、社会もあまり受け入れてくれない。 長渕剛「静かなるアフガン」に対してもネット上で様々なバッシングがあったことには閉口した。

周りには同じような趣味を持つ人がいないので寂しいが、今回ある人のホームページを譲り受けてリニューアルした。 「プロテストソング・トピカルソングの傑作集」だ。

英米・日韓の有名な曲を集めた。 今回のリニューアルに伴い、ブルーハーツやさだまさしなど、日本語の名曲を追加した。 今、終戦の日を迎え、終戦記念日が間近でもあり、多くの皆さんに訪問して欲しいと思い、ここに発表した。



paul83 at 20:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

April 02, 2005

マライア・MIMI・キャリー?

あの米国ポピュラー史上最高の女性シンガー、マライア・キャリーNew Album ニュー・アルバムマライア・キャリー CD【MIMI】初回盤■送料無料(3/30発売)を発売した。いつものように日本先行発売だ。本国より2週間近くも早い。アルバムジャケットも日本独自のようだ。ネットでは期間限定で全曲試聴可能にしていたそうだ。

来日のニュースをテレビで見て新譜のことを初めて知った。MIMIとは、彼女の愛称だそうだ。

偶然だが、最近彼女の既発アルバム、"#Ones"◆マライア・キャリー 〜シングル・ベスト・コレクション〜 "Daydream" "Rainbow" を久しぶりにポータブルCDで聞いていて、次のアルバムはいつだろう、って思っていたところだった。このアルバムも早く買って聞いてみたいと思う。

これに合わせて、ホームページを更新した。

paul83 at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 14, 2005

ゴダイゴのサイトを作ったよ! その他更新情報!5

今日はホームページを色々と更新した。 ひとつ目は、僕が大好きだった日本人バンドGODIEGOのホームページを立ち上げた。 僕の「英語楽習室」はインフォシークの無料ホームページサービスを使用しているが、IDを godiego で登録したのだ。だから、いずれゴダイゴのホームページを作ろうと常々思っていた。これは、以前から「僕が好きなミュージシャン」で紹介していたページをホームページとして独立させたもの。掲示板も設置した。 ゴダイゴの足跡がわかったり、アルバムを購入できたり、それなりの内容はあると思う。今後も少しずつアップデートしていきたい。 ゴダイゴ@アマゾン 二番目は、ショッピングページにソフトウェアページを作った。ここではアマゾンを通してソフトを購入できる。今回は英語学習とハングル関係の売れ筋のソフトを紹介してみた。 三番目は、キム・ハノのページで、東京大空襲を振り返って書いたエッセー、「ああ、3月10日」の改定版を、彼のブログから転載した。 以上。 多くの人に見てもらえたら嬉しいな。

paul83 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)