日記

February 07, 2012

今年のジュニア英語スピーチコンテストは大混戦!

第34回全国ジュニア英語スピーチコンテスト決勝大会ブログランキング・にほんブログ村へ

edit_sIMG_8140
2月5日(日)に全国ジュニア英語スピーチコンテスト決勝大会が東京・千代田区の内幸町ホールで開催された。


今回は僕が指導した朝鮮中学校の中3生徒も出場。今年は東日本ブロック大会を通過できたのだ。タイトルは「Is K-Pop A Korean Culture?(K-POPは韓国の文化でしょうか?)」日本でブームになっているK-Popは日韓文化交流と言えるのかを問いかける内容。

 6番目までの発表者が全員がハイレベルなスピーチを披露していたので、今回は「参加することに意義有り」的なスタンスで聞いていたが、彼女の努力はとても素晴らしく、立派なスピーチを披露してくれた。

結果発表で優秀賞としてKの名前が告げられたときは本当に嬉しかった嬉。彼女が高校入試の翌日であったこの大会でベストを尽くすのがどんなに大変だったことだろうか!「おめでとう」「축하해요」「Congratulations」を何度言っても言い足りない気分だ。

editIMG_8210

ステップワールド英語スクールを始めて、ジュニア英語スピーチコンテストには三回目の挑戦(中学生は2回目)で決勝大会初出場での優秀賞となり、主催者の方からも激励のお言葉をいただいた。

このスピーチコンテストは、出場生徒はもちろんだが、僕にとっても一生忘れられない大きなイベントとなった。今後、朝鮮高校へ進学するとのことだが、引き続き英語で頑張ってほしいと思う。
edit_sIMG_8225




paul83 at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 20, 2011

フジTVでツリーのブロッコリ・サラダが!

去年のこの頃の記事で、妻が作ったクリスマスツリー型のブロッコリーサラダのディナーを紹介したが、そのサラダの作り方がフジテレビ紹介されていたので、なつかしかったので記事を書いてみた。

最初に作ったのは誰なのかなぁ...
treebroccoliにほんブログ村 その他日記ブログ 気まぐれへ
これが去年僕の妻が作ったクリスマスツリーブロッコリーサラダ!


paul83 at 11:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 15, 2011

クリスマスの英語のなぞなぞ5

12月も半ばを過ぎ、街はクリスマスカラーに彩られている。

クリスマスといえばいつも思い出す英語のなぞなぞがある。インターネットの在日コリアン専用の結婚相手探し掲示板で知り合った妻とまだメールのやりとりしかしていないときにメールでひとつの英語なぞなぞを出した。

初めて会った11月のある日、彼女はその答えを見事に当てたのだ。

そのなぞなぞとは次のようなもの。

RIDDLE
次の文字列が表しているメッセージを言い当てなさい。
 ABCDEFGHIJKMNOPQRSTUVWXYZ

この答えは、ケーキについて学んだ妻だからこそ判り得たと言える。答えはクリスマスと深い関係がある。

答を知りたい人はこのページを見てほしい。色々な英語のなぞなぞがあるので、ぜひクリスマス・デートで活用を!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリスマスなぞなぞ集

クリスマス・ソングはこちらから!
クリスマスのメッセージソング

では、皆さん、HAPPY XMAS!



paul83 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 16, 2011

大変だ!勝手にスパムメールが配信されていた!

今日いつも利用しているHOTMAILの受信箱を開くと、送信エラーのお知らせがいくつか来ていた。開いてみると僕のアドレス帳宛に登録されている人々のアドレスに向けて送信されていた。送信エラーが戻ってきたのはこれらのメールアドレスが相当古く、もう使用されていないからかと思ったが、そもそもどうしてこんなことになったのか。送信エラーはその後も次々と送られてきて、午後2時過ぎまでに50通は超えたと思う

スパム送信エラーで一杯に確か、以前僕のアドレス帳に登録されているHOTMAILアドレスから一定の期間置きに何度もスパムが送られてきたことがあったのを思い出した。今回は自分がスパムを発信する立場になってしまったのだと悟った。

なので、解決策をネットで探してみた。やはり僕と同じような経験をしている人が少なからずいて、解決策をいろんな人が指南してくれていた。

大きな方向性はふたつで、ひとつはウイルスに感染されているからチェックして駆除せよ、というもので、もう一つはパスワードを変更すれば止まるというものだった。

まずはパスワードを変更した。このアドレスは僕が1999年にインターネットデビューしたときに作った、最長期間利用してきたメールアドレス。今回初めてパスワードを変更することとなった。

次に、現在使っているセキュリティソフトとは違う、ネットで紹介されていたf-secureのオンラインスキャナー無料スキャンを実施した。ソフトをダウンロードするのに結構時間が掛かったが、それに比べればスキャンは早く終了。結果、12個のスパイウェアが発見、除去された。

これで送信エラーメールはパッタリと止まった。

あ〜よかった! と思ってこの記事を書いていたら、また一通送信エラーメールが届いたのでビックリ!今文面を見て、発信日時を確認すると、今日の午前中の発信メールの送信エラーだったのでホッとした。

みなさんも今後こんな事態になったら、まずはパスワードを変えて、無料スキャンで対処しましょう!それにしてもF-SECURE は無料でスパイウェア駆除までしてくれるなんて、太っ腹だよね。感謝します!m(_ _)m

また、スパムメールを受信した方、大変申し訳ございませんでした!広い心でお許しくださいませ!m(_ _)m

いくらなんでもこんな英語ばかりのメールを皆さんにお送りするはずはありませんので、賢明な皆様は適切に処理なさったと思いたいです。これらがいくつか抽出したメール本文面です)
スパム送信メッセージ
文面の内容は明らかに英語を母国語とする人へのメッセージで、本文1は「チャンスが目の前にある、逃すな!」、本文2は「デザイナーのグッズを買えた、これで仕事がたくさんで忙しい」、本文3は「借金取りはいつでもうるさい、ここを見たら大丈夫」という、いまひとつよく分からない内容でリンクをクリックさせようとしている。ここをクリックしたら大変なことになりそうなので、絶対にクリックしないほうが良いだろう。

ちなみに有料ソフトの30日間お試し版というのも紹介されていたが、ネット上の情報ではカスペルスキー がイチオシのようだ。

カスペルスキー 2012 Multi Platform Security 1年3台乗換優待版
株式会社 カスペルスキー (2011-09-09)
売り上げランキング: 7


paul83 at 22:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

February 09, 2011

稲城にある文化遺産 常楽寺

常楽寺の入り口
朝、妻と共にウォーキングに出かけて、通りがかったお寺に入ってみた。お寺の名前も知らなかったのだが、入ってみてここは常楽寺といって、東京都の文化遺産に指定されていると知った。

境内には様々な菩薩増や仏像、お地蔵様、鐘、五重塔など、見所満載で、随分楽しめた。

様々な像の表情がとても豊かで、面白かった。40枚以上も写真を撮ってしまった。写真はライブドアのアルバムにアップしたよ。よかったら見てね!

見所一杯なのでぜひみんな行って見てね。京王相模原線の稲城駅から徒歩5分ほどのところにあるよ。
常楽寺 辰年の僧侶増
常楽寺 湧き水の竜
文化遺産と地域経済文化遺産と地域経済
著者:澤村 明
同成社(2010-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


paul83 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 05, 2011

ホリエモンって?中学生でも儲けられるって言うんだけど…

僕はずっと本業では生活を維持できないので、副業をしている。平日は本業をやり、週末は副業だ。副業の時給は1000円を優に超える。仮に時給1000円として、この仕事を週五日、8時間勤務したとしよう。月4週間として20日。20万円だ。これでは一ヶ月、独身なら生きられるだろうが、結婚してたら足りない。時給が1500円だとしても24万円なので、大した違いは無い。週末土日の副業ならその60%だ。

早く、本業だけで生活できるようにしないといけないのだけれど、こんな状況でいると、何かいいお金儲けの方法は無いものかと考えるものだ。どんなに良いことをしようとも、お金が無いと何も出来ないのだ。

お金を本当に儲けるには大企業に就職するのもひとつの方法だが、僕のような誇るべき学歴の無い一般人にはお金持ちになるのは夢の夢。


堀江さん ホリエモンどんなに高い理想を掲げようとも、お金が無いと何も出来ない。コネでもない限り、貧乏人にはお金を貸そうとする人も居なさそう。

なのに!なのにあのホリエモンこと堀江さんは、中学生でも儲けられるって言うんだ。何てこった。いい大人が儲けられなければバカみたいだ。

その、元このライブドアブログの社長、堀江さんが登場するこんな動画を見つけた。



とても気になる。この動画の続きはこちら。さあ、どうしよう。考え中です。

この続きが気になる人はこちらをご覧ください。


まあ、こんなにおいしい話は無いと思うので、あまり期待していないけど、この不景気の時代、まともに従業員として働いても今後は安心できない。自営業の僕なんて、尚更。年金も健康保険も正社員と非正規社員や自営業者は、全然違う。

日本で革命が起こりそうもないし、中学生でも出来るというのなら、本当にできるのか試してみたい気にもなる。頼むぜ、ホリエモン!


paul83 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 24, 2011

なぞなぞ英語、アマゾンジャパンに在庫がある!5

以前も紹介した僕が書いた出版物、「なぞなぞ英語」(2002年9月 NOVA BOOKS刊)の在庫、ここ数年アマゾンジャパンでは「出品者から購入できます」の状態だった。さすがに発売から9年近く経つので仕方ないと思っていたのだが、最近アクセスしてみたらなんと!在庫があるではありませんか!驚きです。をクリックして確認してね!)


ところで出版元のNOVA BOOKS、どうなったんだろう?英会話のNOVAは学習塾の会社が運営を引き継いでいるのは分かるのだが、出版業も引き継いでいるのだろうか?

せっかく在庫が発生したのだから、今後も電子書籍として生き永らえたら良いのに、と思う。どこかの出版社が、僕に新たな増補版を出版させてくれたらいいのにな〜。

ここで一部のなぞなぞを紹介してます。ご覧ください。

paul83 at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 17, 2011

英語スピーチコンテスト東日本ブロック大会に入賞しました!5

IMG_4343trimmed

去る1月10日、僕が英語を教えている中学生が、第33回全国ジュニア英語スピーチコンテスト東日本ブロック大会(大宮ソニックシティ)に出場して、奨励賞を受賞した。コンテストには北は東北から、南は新潟あたりまでの広範囲から小学生30人、中学生14人が出場した。

僕が教えている生徒の中で小学生一人がレシテーションに、中学生一人がスピーチに出場した。

昨年は小学生の部に一人出場させて残念ながら入賞を逃したが、今回は中学生スピーチに出場したリ君が見事なスピーチをしてくれた。何度も練習を指導したが、本番が一番よくできたと思う。(2箇所ほどつっかえたのはご愛嬌)

タイトルは”My School and My Mother Tongue"リ君は名前からも分かるように在日コリアンで、西東京エリアの民族学校の生徒だ。彼が自分の学校と母国語について語った。

世宗大王によって作られたオリジナルで分かりやすい文字、ハングルのこと、植民地になって母国語が奪われたこと、今も心ない日本人による差別が残っていること、そして最後は日・韓・英語という三ヶ国語を学んでいるメリットを生かして、日本と朝鮮半島の間、アジア、世界での平和に貢献できる人物になりたいという抱負を語った。

このコンテストでは最優秀賞を一人、優秀賞を三人が受賞して2月6日に行われる全国決勝大会に出場することとなった。

リ君が受賞した奨励賞はその次のランクの賞で、他に二人が受賞した。審査員の講評で「リ君」と名指しで、「本当にもう少しだった」と残念がられた。それが余計にリ君の悔しさを倍増させたようで、彼は2月11日に予定されている全国の朝鮮学校生徒達の代表が競う英語スピーチコンテストに出場して雪辱を晴らすこととなった。

僕としては次回に小学か中学のどちらかで全国決勝大会への進出を目指す!

関連記事1 関連記事2


昨年の記事
ポールPAULのモノローグMONOLOG:第32回全国ジュニアスピーチコンテスト 関東地区大会に行ってきました!


paul83 at 13:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 15, 2010

クリスマス・ツリーのディナーです!5


xmasdinner最近ご近所の方からいただいたローストビーフを頂いた。

妻が料理好きなので、クリスマスのリースを模ったサラダの真ん中にローストビーフを配置。

その隣にはブロッコリーでクリスマス・ツリーを模った。このベースはなんとマッシュ・ポテトだった。僕がマッシュ・ポテトが好きだと数日前に知って、さっそく作ってくれたんだけど、こんな形で出てくるとは驚き!妻に感謝!クリスマス・ディナーとして写真を撮ってみた。

roastbeef

本当に料理好きな妻でよかった。

treebroccoli


paul83 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 09, 2010

結婚記念日のハンバーグ

今日は僕ら夫婦7回目の結婚記念日だった。

結婚直前に失業と再就職を経験し、結婚後もう一度失業と再就職。その後更に失業し、自営業で英語を教え始めてそれを本業としつつ、副業もしながら日々暮らしている状況だ。

こんな状況できているので、妻には大変な苦労をかけている。妻は厳しい財政を上手にやりくりしながら、僕に毎日美味しい料理を作ってくれる。

妻は調理師の資格を持っているし、洋菓子作りの先生でもあった。更には去年から今年にかけて韓国に長期滞在しながら韓国の宮中料理やお餅の作り方など多くのことを学んでこの秋に帰ってきたばかりだ。

そんな妻が今後どんな道に進むべきかを一緒に考えながら過ごした結婚記念日。せっかく苦労して多くのことを学んで来たのだから、ぜひ日本で花を咲かせられるように協力してあげたいと思う。

ということで、今まで一度も行ったことなかった、最近できたハンバーグステーキ屋さんに行って食事をした。

HI3E0007初めてのレストランなので、まずプレーンのハンバーグステーキを頼むことにし、そこにドリンク、スープ、サラダ、スイーツ付きのセットを頼んで、結婚記念日を祝った。

以前知り合いからあまりいい評判は聞いてなかったのだが、結構美味しかった。ホールの人の接客も良かった。

しかし、夕食時にもかかわらず、お客がほんの1,2組しかいなかったのが気がかりだった。妻が言うには、写真でも分かると思うが、ハンバーグが乗ったお皿の端が二人の両方とも欠けていたのが残念だったとのこと。

ちなみにそのハンバーグ屋さんは「俵屋」というところだ。

英語スクールをもっと隆盛させつつ、料理研究家である妻をブレークさせるためにより一層頑張っていこうと思った今日でした。



paul83 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 08, 2010

千晶ちゃん、今日も秋葉原で路上ライブしたんですね。

先日秋葉原で関西からはるばる上京したシンガー千晶さんの路上ライブに遭遇!夜9時ちょっと前でちょうど休憩から戻ったばかりだったのか、歌ってなかったので、チラシをいただいて立ち去り際に一枚写真を撮らせていただいた。

HI3E0146
女性一人だけで路上ライブなんて勇気あるよね。当日歌は聴けなかったけど応援したいなあ。公式ブログによると今晩も秋葉原駅前でライブだったようだ。

武道館でのコンサートを実現するために15000人のサポーターを作ることを目標に、全国路上ライブツアーしているようだ。3000円ほど払えば一年間新曲を入手できるという面白いスタイルに挑戦している。風邪引かないようにがんばってね!

興味ある方は公式ブログへどうぞ!

paul83 at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 24, 2010

ジニーが僕のPCを救った!5

genie_最近僕が使っているノートパソコンが調子悪い。リードエラーが出て起動できないことがしょっちゅうあるので、使わないときもスタンバイ状態を維持している。

それを最近うっかりコンセントを抜いたまま仕事に出かけて帰ってきたら、コンセントを入れて電源をONにすると、またリードエラーが出て起動しなかった。

こんなときはまずWindowsPEをCDブートで起動して、その後に電源を入れると正常に起動することがよくある。でも今回はそれを何度やっても直らない。

HI3E0114実はその日のつい3日前、タイトルにある、ジニーバックアップ」で、OSを含めてハードディスク丸ごと、ディザースター・リカバリー用のバックアップを取っておいた。(9時間かかったよ!)また、OSが起動しないときに起動ディスクになるCDを一枚作っておいた。

なので、そのディザースター・リカバリーというのを試してみることにした。

この3日間、仕事で多数の文書を作成していたので、それが消えてしまうのが心配だったが、とにかくやってみた。

このバックアップソフトは、一般に広く使用されている「イメージ・バックアップ」ではない。圧縮せずにファイルをバックアップする、「ファイル・バックアップ」タイプだ。

イメージバックアップはOSを丸ごと圧縮イメージ化してバックアップ取るので、その状態に丸ごと復元できるのがメリットであるが、最後にバックアップ取ったときと、復元するときとの間に作成した文書などは消えてしまうという問題がどうしても出てきてしまう。要するに丸ごとバックアップデータで上書きされるので、パソコンがまるでタイムマシンに乗ったように過去の状態に戻ってしまうわけだ。

本来はファイルをバックアップするための「ジニーバックアップ」に付いているディザースター・リカバリーはそこが違う。なんと、復元したいフォルダだけ選んで復元できるのだ!なので、今回はCドライブ直下のWINDOWSフォルダのみ復元してみた。

所要時間は10分程度で復元完了!促されるままに再起動すると、なんと正常にWindowsXPが起動した!これには涙が出るほど嬉しく、感動した!どうしてもブログに記録しておきたかったので、久々に記事を書いた。

このソフト、ファイルバックアップ機能にはミラーバックアップというオプションがある。これは全体バックアップ後、更新されたファイルや新しいファイルだけバックアップするので、所要時間が最小で、消費ディスクスペースも最小だが、他のバックアップソフトには付いていないものだ。

絶対おすすめです。



paul83 at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 19, 2010

エスカレーターは危険だ!1

昨日、JR秋葉原駅へ行った。夜9時近くに秋葉原駅駅に入ってエスカレーターに乗って総武線ホームへ上がろうとしたら、隣にある下りのエスカレーターが止まっていて、職員が何やら作業していた。メンテナンスでもしているんだろうと思ったら、中ほどまで来ると下りエスカレーターに顔に包帯を巻いた高齢の男性がいた。その様子は痛々しくて、まともに見ていられなかった。

恐らくその人はエスカレーター上で立ち止まらずに駆け下りようとして途中でつまずき転んで顔をエスカレーターの段の角にぶつけたのではないだろうか?

エスカレーターに乗って足元を見ると、細かいデコボコした鉄の塊に乗っていることが分かる。とても鈍いが、ノコギリのような構造だ。転んで顔が当たったと想像したら、誰もエスカレーターを駆け上ったり降りたりしたいとは思わないだろう。;

実は僕はエスカレーターに乗るたび、過去の体験が蘇る。

いつだったかはっきりは覚えていないが、母の住む家から出勤したとき、高架の駅舎になってまだ1,2年の最寄の駅に写真にある僕が以前怪我をした駅のエスカレータースカレーターで昇ったときのこと。

そのときなぜか急いでいた。エスカレーターを思い切り駆け上った。つまずいた。勢いで最上部の階段が吸い込まれて消えていく境界間近に左目のまぶたをぶつけて切った。幸いにも転ばなかったので、そのままエスカレーターから降りて、出血が激しいのに気付き、目の前にあった駅事務所に入って一時的な処置をしてもらい、そのまま目的地へと向かった。

その後、職場でしっかりと手当てして仕事をしたと思う。あまりよく覚えていない。

エスカレーターに乗る度にこのことが脳裏をかすめ、その上では歩くのをためらう。もしあのとき転んでまぶたが吸引部に吸い込まれでもしたらどうなっていたかと思い、ぞ〜〜〜〜っとする。今回もそれを思い出してしまった。

世の中は日々便利になっていくが、便利な機械も鉄などの硬い金属でできている分、使い方を間違えたら恐ろしい殺人機になりうるので、利用は気をつけないといけない。

エスカレーターはとても身近で便利な道具だが、足元をよく見ると恐ろしさが沸いてくる。

僕はあの事故まではエスカレーターは階段よりも早く上階(または下階)へ行くために使うものと思い、ほとんど必ず歩いたり走ったりして乗るのが当たり前と思っていて、立ち止まって乗っている人々を少し軽蔑していた。幅が狭くて「追い越し」ができないエスカレーターでは特にそう思いイライラしたものだった。

でも今は違う。エスカレーターは立ち止まって乗るべきだ。駆け上る人を見ると、心配になってしまう。

皆さんもエスカレーターのご利用は気を付けて下さい!



paul83 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 15, 2010

愉快なネコのエクササイズ?

Watch this funny movie!
今日見つけた愉快な動画。これは笑えます。


paul83 at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 01, 2010

英語で一番長い単語は何ですか?

What is the longest word in English?

英単語の中で最も長い単語は何ですか?


この英語のなぞなぞはノバブックス「なぞなぞ英語」などの書籍によりすでに有名だ。アマゾン

この答えは最後に記すとして、先日アメリカ人のポール(仮名)さんと知り合ってこのなぞなぞを投げたら、「聞いたことがある」と言った。今まで何人もの英米人にこのなぞなぞを問いかけたが、当てた人はおろか、聞いたことがあるという人もいなかった。恐らくはあまりにも幼い頃のことなので、記憶していないのだろうと思うが。

ポールさんも聞いたことはあるが、答えは忘れたということだった。ということで答えを教えたら、聞くと同時にすぐに思い出したようだ。

実際に英語で最も長い単語は何なのかという話になり、なぞなぞ英語にも紹介されている塵肺症(じんぱいしょう)という病気の名前であるpneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis (45文字)と、ニュージーランドの山の名前で先住民の言語が由来とされる Taumatawhakatangihangakoauauotamateapokaiwhenuakitanatahu が話題になった。

ついでに彼のアイフォンでWikipediaを見ながら確認をした。

Wikipedia には他にも例が出ており、その中にはコメディの中で古代ギリシャ語を元にして「最長の単語」としてわざわざ創作された単語があり、これのオリジナルは171文字もあったそうだ。その単語はこれ。

Lopadotemachoselachogaleokranioleipsanodrimhypotrimmatosilphioparaomelitokatakechymenokichlepikossyphophattoperisteralektryonoptekephalliokigklopeleiolagoiosiraiobaphetraganopterygon

最初に紹介した塵肺症は辞書にしっかり載っているそうだ。スペース・アルクにもしっかり掲載されていた。

辞書に載っていて専門用語でも、特別に作られた単語でもなく、実際に使いそうな単語として挙げられたのが、antidisestablishmentarianism で28文字。スペース・アルク

これは接頭辞 anti + dis 語幹 establish 接尾辞 ment + arian + ism という構造になっていて分かりやすいが、意味は少し難解だ。英国の国教廃止条例反対論という意味。

しかし、この単語をアメリカの普通の小中学生は知っているというのだ。なぜかと聞いたら、このなぞなぞを解く過程で知ることになるとのこと。やっぱりこれはとても有名ななぞなぞだったんだと納得した。

最後にこのなぞなぞの答えをご案内。最初の文字と最後の文字の間に1マイルもあるんです

それは SMILES 。

最初の文字Sと最後の文字Sの間に MILE がひとつあるでしょう?

It's "SMILES" because there is 1 mile between the first letter and the last one of the word.

まあ、名詞の複数形であり、原形でないところが外国語として学ぶ人にとって難しいところですね。




paul83 at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 21, 2010

親戚の結婚式.に行ってきました。

HI3E00172月20日の土曜日は長野県松本市に住む僕の従姉妹の長男、スンホ君の結婚式。大阪の在日コリアン女性との結婚だ。

お父様が地元で力のある在日コリアン商工人なので、式は高級ホテルを使って盛大に行われた。僕も弟と一緒に前日に行って一泊させていただいた。

在日コリアンは披露宴の場で結婚式を行う場合が多いのだが、今回は披露宴に先駆けてホテルにあるチャペルで式を行った。キリスト教結婚式風の入場・退場だったが、式の内容は通常通り宣誓文を読み上げて指輪を交換し握手するという段取り。教会式での定番であるキスシーンは残念ながらなかった。教会での一風変わった結婚式の雰囲気を味わうことができて面白かった。

DSCN0139続いて行われた披露宴には500人近くはいたのではないかと思われるほど大勢のお客様がいらした。

披露宴は、在日コリアンの場合よくあることだが、日本語と韓国・朝鮮語(以降ウリマル)を交えて進行する。そこで大変なのが司会者。今回の司会者は僕と同期で朝鮮大学校の文学部を卒業した京都のキム・チンシルさん。彼女は大学時代から司会やアナウンス、MCなどで活躍していたが、今もこのような仕事を専門にしているとのこと。今回は半ば通訳を兼ねた司会だったが、とても上手かったと思う。ウリマルから日本語への訳は要点を適格に述べていた。

DSCN0147民族楽器のアンサンブル生バンドが常に音楽を奏でた。また、お色直しの間には、僕がかつて英語の授業に入って教えたことがある、プロのシンガー、ユン・ヘヨンが民謡と自作の歌を披露し、場を盛り上げた。

終盤はお決まりの民謡メドレーで、ご年配の参加者たちを中心に民族ダンス・パーティーの様相を呈した。

久しぶりにかつての東京朝鮮中高級学校時代の同僚教師二人に会えた。一人は在日本朝鮮サッカー団に所属していたリーさん、もう一人は現在長野の朝鮮学校の校長先生であるチン先生。

もちろん、新郎のおばあさん(僕のおば)やその家族と会っていろいろお話できたのも良かった。

新郎新婦のご家族の皆様、お疲れさまでした。僕は楽しい思いをさせていただき、最後まで親戚として一緒に過ごせなかったことを申し訳なく思っております。

新郎新婦、スンホ君・チヨンさん、お幸せに!


paul83 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

January 10, 2010

第32回全国ジュニアスピーチコンテスト 関東地区大会に行ってきました!5

title
DSCN0114edit1月10日、東京の内幸町ホールで行われた第32回全国ジュニアスピーチコンテスト 関東地区大会に行ってきました。

このコンテストは全国に数多くの教室を持つ、日本LL教育センター旺文社が運営する、ステップワールド英語スクールの生徒たちのための大会です。去年2月に全国大会を見に行って以来、約一年ぶりのコンテスト。この関東地区大会に僕が指導した生徒も出場したのです。

全国大会のレベルが大変高かったので、関東地区大会も高いレベルで競われるのだろうと思ったら、やはりすごかったです。

コンテストは小学生の部中学生の部があり、小学生の部は指定された課題文の中からひとつ選んで発表するレシテーション(暗誦)。中学生の部は自作の内容を英語で自己主張する、正確にスピーチ・コンテスト。

今回は関東地方のステップワールド英語スクールで英語を学んでいる小中学生たちの中から小学生の部に16名、中学生の部に8名が参加。前座として、小学3年生7人の特別発表がありました。

小学生はほとんど全員が物語で、一人だけ詩でした。誰もつっかえることなく、完全に覚えてすばらしい発表をしました。

中学生は面白い内容で楽しませていただきました。

小学生から二人、中学生から一人が2月に行われる全国大会に出場します。

今回、小学生から7人の優秀賞が選ばれ、その中から学芸大学教室の生徒が最優秀賞に選ばれて全国大会出場決定。彼女の英語は他と比べるとずば抜けていて、僕にもこの生徒が全国に行くだろうと予測できました。指導した先生に聞いたら、英語を始めて4年目だそうです。優秀賞に選ばれた中で、西浜教室の生徒さんも全国行きに。

中学生は4人が優秀賞に選ばれて、上石神井教室の生徒さんが最優秀賞で全国大会に出場することになりました。スピーチのタイトルは"Feel One Kilogram(一キログラムを感じる)"で、老人ホームのボランティアと関連した1キログラムの重さについてのお話でした。

最後に発表した男子中学生は話し方が、両手を演台に置きながらネイティブスピーカーがリラックスして話すような感じで、スピーチとしては違和感を覚えましたが、どうなんでしょうか?内容が良かったこともあり、優秀賞に選ばれましたが、僕はこれがスピーチだとは思えませんでした。これが新しいスタイルということにはならないと思います。

僕が指導した生徒は残念ながら選に漏れましたが、本人が努力して、しっかりと発表できたので、良い経験になったと思います。僕は優秀賞に選ばれてもおかしくない出来だったと思ってます。4月から中学生になるので、来年は中学生としてスピーチをがんばってほしいと思います。

僕も良い経験になりました。次回は今回の教訓を活かしてもっとしっかりと指導して全国大会を狙います!




paul83 at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

November 24, 2009

ユン・ソナとチョ・ヘリョン ジャンのイベントでのトーク・ショー

11月22日に行われたモランボンジャン発売30周年記念講演会の第二部には韓国人タレント ユン・ソナヘリョンを迎えて、ジョン・キョンファさんとのトークショーが行われた。

二人とも日本に最初に来たときのカルチャー・ギャップについて話していたが、二人とも日本人の遠まわしな婉曲表現を理解できなくて困ったそうだ。

韓国人は思ったことをストレートに言ってしまう特徴があり、人が傷つきそうなことでも熟慮せずにそのまま言ってしまうが、日本人は相手のことを思いやってズバリと言わずに、遠まわしに言うので、日本人マネージャーやスタッフのそんな表現がよく理解できなかったということ。

二人とも日本人のそんなところを理解して上手く対応できるようになって韓国に帰国して韓国人の友達と会って話すと、とても良い人になったと驚かれたそうだ。

ヘリョンは日本でばかり仕事をしていたので、久しぶりに韓国に帰って小学校に入る前くらいの自分の息子と一緒に寝ようとしたら息子が「家族と一緒に寝たい、あんたは母さんじゃない」と言われてショックを受けた話は考えさせられた。

チャプチェユン・ソナモランボン・チャプチェのCM撮影で、笑いが止まらなくなり、撮影が中々進まなくてスタッフに迷惑をかけたこと、他のスタッフは暖かいところで見ていて自分だけ寒いところでがんばっていたこと、丁度妊娠し始めた頃で、つわりがあったりしたのだが、まだ婚約を発表する前だったので誰にも言えず苦しかったことなど撮影の裏話が面白かった。

ユン・ソナは日本でビュー時に付いたマネージャーが新人マネージャーで新人同士励まし合って頑張り、硬い友情を育てていったという。二人で一緒にきらいきらい大好きというエッセーも発表した。これは面白そうだと思った。

名前についてだが、ソナとは在日でもよくいる名前だと思っていたのだが、本名は孫河で、ソの発音が一般的なソナとは違う方のの音だったし、漢字が女性の名前にしては珍しい字だったので、少し驚いた。

ユン・ソナのブログ



paul83 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 23, 2009

ジャン発売30周年記念講演会へ行ってきました5

janモランボンの焼肉のたれ、ジャンが発売30周年を迎えた。開発・発売元のモランボンではこれを記念して11月22日に講演会を開いた。タイトルは「チャングムの時代から現代まで生き続ける韓国食文化のこころ」

講演は韓国の宮中料理の重要無形文化財のハン・ポンニョ(韓福麗)さんと、日本で韓国料理の権威とも言えるジョン・キョンファ(全京華)さんの対談形式で行われた。

ハン・ポンニョさんと言えば、日本で大ヒットした韓国歴史ドラマ、「宮廷女官チャングムの誓い (大長今)」の監修をしたことで有名で、朝鮮王朝最後の王様(高宗・純宗)に仕えた水刺間(スラッカン)の最高尚宮のお嬢さんで、母親から直々に宮廷料理の精神・技術を受け継いで現代に伝える貴重な料理家。

ジョン・キョンファさんと言えばモランボン味の研究所モランボン調理師専門学校を経て30年間韓国料理の指導を続けてきて、日本のマスメディアに登場しながら韓国料理を普及してきた在日コリアンで、「宮廷女官チャングムの誓いの日本語版料理監修を務めた。

二人の対談は「宮廷女官チャングムの誓いに関するエピソードが半分くらいを占めた。

ジョンさんがチャングムの監修をしたのはハンさんの強い奨めで決まったそうだ。

ドラマに出てきた料理について、ドラマが実在の人物を基にしているがフィクションの部分が多いこと、撮影の舞台裏の話など面白く聞くことができた。中でも印象的だったのは以下の話。

  1. 撮影に必要な瓜(うり)が時期的に不足していて撮影までに間に合わずに、スイカの皮の表面を削って瓜に見立てて活用したというエピソード
  2. 朝鮮時代、宮殿で行われたお祭りで作られた料理は王宮の中だけで食べられたわけではなく、両班たちを通して下層の人々にも配られたため、大量に作る必要があったという話

90分に渡る料理の権威同士の対談の中で伝えたかったメッセージは、食べ物とは作る人が食べる人のことを考えて作るため、人と人の距離を近づける、対人関係の潤滑油になっているということだったと思う。

ジョン・キョンファさんのサイト

この対談のあとにはユン・ソナヘリョンという二人の韓国人スターをゲストに迎えてのトークショー。そして帰りにはモランボンと韓国のメーカーが共同開発したキムチや、今CMで流れているチャプチェの素などをお土産にいただいて帰ってきた。

妻が抽選に応募して当たったため参加できたイベントだが、チャングムのドラマが好きな僕にとって、良い思い出になった。



paul83 at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 18, 2009

天野邊 (あまのほとり)のプシスファイラ5

プシスファイラ 天野邊 あまのほとり
プシスファイラ僕の友人の息子天野 邊 (あまのほとり)さんが先月、小説を発表!タイトルはプシスファイラ(徳間書店)。タイトルの意味がよくわからないが、内容はクジラたちの物語。

新人作家 天野 邊 (あまのほとり)さんがこの作品で「第10回日本SF新人賞」を受賞。おめでとうございます&選んでくださった皆様、ありがとうございました。

このお話は空想世界でのSF小説。クジラの世界が題材なのに、内容はその世界での電子通信網(インターネット)サイバーワールドでのお話。完読すればネットワーク・ボキャブラリーに詳しくなれそうだ。物語的は最後はクジラ類とのコミュニケーションに成功する人類とつながっていく。
e-ブックオフ

 

オンライン書店 boople.com(ブープル)

paul83 at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)