山本太郎

September 21, 2020

水道民営化、できるようになっちゃったのね。

IMG_1218
Moor119

過去、2年前に水道民営化の問題をブログで取り上げた。 マイケル・ムーア/Michael Moore 監督のドキュメンタリー映画、華氏119/Fahrenheit 11/9 のミシガン州のフリント市の例をご紹介した。



それから2年が経とうとしているが、安倍政権の間に民営化が可能になったようだ。 なんとも日本国民、おめでたい人々だ。人が生きるために必要なライフラインを公から民へ、それも外国の企業に売り渡すなんて、マジで自殺行為だよ。 この状態を元に戻すためには何が必要だろうか?


最近、ようやく終わった安倍政権を、新しい総理大臣が頼んでもいないのにしっかり継続していくというのだから話にならない。

都知事選で落選して次は衆議院選挙で国会議員になろうとしているれいわ新選組山本太郎代表が、水道民営化についてゲリラ街宣で解説してくれたのでその動画をご紹介する。8分ぐらいの動画なので、ぜひ全部見て欲しい。



 今、水道を管理している各地方自治体が、海外企業から自らの水道制度を守るように住民が力強く抵抗していくしかない。 そして、これを決めた自民党政権を終わらせることだけが、水道民営化の進展を完全に止めることができるのだ。

今、ペットボトルに入った水が当たり前にコンビニなどで買えるようになったが、僕が子供の頃は水道水をそのまま飲むのが当たり前で、飲水を買うような未来は到底想像できなかった。それが今は普通になっている。ここにも外国の企業がすでに参入している。水道制度を買って一儲けしようとしているのも同じ企業である。 ようするに、その特定企業がより多く儲かるようにするための政策なのだ。





今後は、水道料金が高騰して水道を使えなくなったり、安い水は汚れていたりすることが当たり前になる可能性だってあるのだ。 こんなことは絶対に阻止しなければならないと思うが、読者の方のご意見はいかがだろうか?




paul83 at 19:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 19, 2020

#スガはやめろ

日本の総理大臣、ようやくあの忌まわしい安倍政権が終わったと思ったら、「この道しかない」と安倍が言ってた道を引き継ぐ スガ総理大臣が登場した。

正直、自民党の政権が続くことには変わりがないので、誰が総理大臣になっても変わらないと思ってはいたが、さすがにメディアのお祭り騒ぎによって生まれたスガ政権には不安しかない。なぜかって、安倍総理を陰に陽に支えて来た官房長官だった人だからね。心配じゃないほうがおかしいと思うよ。でも、スガ政権発足時の世論調査で支持が7割にもなったのだから僕の方がおかしいのかも知れないけどね。

でもね、総裁選の最中に消費税の税率アップについて述べるなんて、どんなに庶民の実態を分かってないか、経済の本質を分かってないか、察するに余りあるんだよね。

そこで、自助・共助・公助 とかフリップ出して言ったんだよね。

IMG_1210

このことに関して、れいわ新選組の山本太郎はこう一刀両断した。

「まず公助で何ができるかそれを考えなきゃいけないんです。…まずお前ら自分の足で立てよ(って言うん)だったら、なぜあんたは自分の足で立たずに皆の税金からご飯食べてるんだよ」



この動画では、スガ総理が官房長官時代にどんな答弁をしていたのかを教えてくれているが、山本太郎はほとんど「ゼロ回答」だったと断言している。

僕はこのような安倍政治を継承する総理大臣を選ぶに至った日本の政治にウンザリだし、自民党政権を継続させている日本国民にウンザリである。

最近、ジャパンライフの元会長らが逮捕されたそうだが、ぜひともこの事件と「桜を見る会」を関連付けて、徹底的に捜査してさらなる疑惑解明を実現してほしいと願うばかりである。



paul83 at 21:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 03, 2020

都知事選候補者の討論会を通して誰を選ぶべきか考えよう

明後日は都知事選投票日!
候補者について知って、投票に行こう!

IMG_0838

明後日、東京都知事選挙の投票日を迎える日本。 都知事選候補者たちはそれぞれ選挙活動を行っているが、東京MX と NHK では政見放送が流されている。こちらでは山本太郎候補の政見放送をご紹介する。まだ見てない人はぜひ見てほしい。現職の小池百合子、対抗馬の宇都宮けんじの政見放送もリンクしておくのでできれば比べてほしい。


宇都宮けんじ政見放送 
小池百合子政見放送 (低評価が1000以上!高評価と桁違いに多い)

日本の人口の10パーセント、GDPの20パーセントを占める首都、東京の首長を決める選挙なので、全国ネットのテレビで候補者の討論会が行われると思っていた。しかしながら、いまだにそれは一度も行われていない。

その代り、インターネットでは そのようなことが2回行われたので、その動画をご紹介する。

一つ目は都知事選公示前の6月17日に実施された東京都知事選立候補予定者共同記者会見(日本記者クラブ主催)である。



この記者会見で出された質問と○×式の質問と回答である。小池百合子だけ、答えたら不利と思われる質問には規定外ので答えている。

IMG_0839


二つ目は、ニコニコ動画ライブで行われたため、有料会員以外は全編の視聴ができない。その中でも、山本太郎小池百合子に焦点を当てた動画が作られてアップされている。

ニコ生討論会 30分編集版



ゆっくり見る時間がない人はこちらを!
他の候補者との違い〜山本太郎 最後の直球質問 


今回はテレビ討論がまさにゼロになりそうな中、山本太郎は、上の討論会でもテレビ討論しようと提案をしていた。

この討論での回答を分かりやすい画像にしてまとめてくれたツイートがあったので、拝借したい。これを見た都民は必ず投票に行ってほしい。


tochijisen01
tochijisen02
tochijisen03
Tochijisen04
tochijisen05
tochijisen06
toochijisen07
tochijisen08



この選挙期間、山本太郎は 毎日3か所くらいで各1時間以上の街頭演説をしてきた。一日も休んでいない。そして、昨日の新宿西口では、大聴衆を集めた。そこには応援演説に、馬渕澄夫 衆議院議員(国民民主党)と須藤元気参議院議員(立憲民主党<離党希望>)が応援に訪れ、それぞれに力強い演説を聞かせてくれた。
B001FDEC-BF7D-4236-A460-C9AFF1D21D0A

上記の討論の回答から、山本太郎宇都宮けんじと政策がほとんど同じだと思える。しかし、ひとつ、大きな違いがあった。それは財政面での考えだ。山本は反緊縮の先鋒に立っているが、残念ながら、宇都宮は緊縮財政派のようだ。次の動画で本人の説明が聞ける。



それにしても、テレビ討論を一度も行わないのは前代未聞であるが、理由はわかるような気がする。それは、自称「テレビ放送禁止物体」である山本太郎が出馬したからに他ならない。「空気は読むものではなく作るものだ」と主張する山本太郎に怖いものは何もない。そんな山本太郎だから、既成権力との結びつきが強い既存メディアは彼を恐れている。だから、テレビ討論を企画したところで実現するわけない。山本太郎は、緊急政策の最初に「東京オリンピック・パラリンピック中止」を掲げているのだから尚更である。

だからこそ、山本太郎は毎日、全力を尽くして、駅前で演説に声を枯らし、汗を流しているのである。日ごろから街頭演説をしている山本太郎のこと、大スクリーンを用いて5万枚のスライドを活用することがない、都知事選のネット演説はフットワークも軽く、あまり苦ではないようだ。

山本太郎の選挙運動でのネットメディアの体制は万全である。ユーチューブはもちろん、ツイッター、ツイットキャスティング、フェースブックと、一挙に多チャンネルでのライブ配信を行っている。まだ他にもあるかも知れない。






paul83 at 19:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 27, 2020

国は人々のために働け〜山本太郎

1
7月5日に投票日を迎える東京都知事選。 もう残り10日を切ったが、恒例とも思われるテレビでの候補者討論が行われない。

管理人は、テレビ局とメディアを牛耳る電通が、山本太郎をテレビ出演させたくないからだと推測している。なぜなら、彼が東京都知事の公約の最初に、「東京オリンピック・パラリンピックの中止」を掲げているからだ。メディアと大企業が大儲けに利用したいこのイベントの中止を、山本太郎にテレビで言って欲しくないのである。

山本太郎は今、街頭演説で、今の政府の政治家について、一時の代理人に過ぎないのに、王様か殿様気取り。そんなんじゃなくて、人々のために仕事しろ!と言っている。




paul83 at 19:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 20, 2020

山本太郎が都知事選出馬!

taro 05

ついに山本太郎都知事選に立候補した。 先日、都知事選挙の火蓋が切って落とされたが、ギリギリまで出馬の可能性が50パーセントだと言っていた山本太郎。 彼の出馬決定までには色々な事情があった。


現職の小池百合子 都知事はとても手ごわいそうだ。だが僕には、公約をほとんど実行していない彼女のどこがいいのかさっぱり分からない。 最近はカイロ大学卒業という学歴詐称まで取り沙汰され、「女帝・小池百合子石井妙子 著」という暴露本も大人気だ。

都民にとって小池百合子に都知事を続けさせることには何のメリットもないと思うが、対抗する勢力の分裂により、それが実現しそうだと心配する声が高まっている。

その対抗応勢力とは、主に山本太郎宇都宮健児 の二人である。野党勢力はこの両者に統一候補としての出馬を呼びかけたが、山本太郎への提案は、彼が代表を務めるれいわ新選組の名前を捨てて無所属で出馬しろという、とても強引な要求であった。それでも山本太郎は真剣に考えた末に、交換条件として、後の衆議院選で野党が一丸となって消費税の5%への減税を選挙公約に掲げることなどを提案したら、立憲民主党はそれに同意できなかった。

山本太郎は、今、コロナ禍の中で苦しみに喘いで、仕事を失い、家を失い、死まで考えるほどに追い詰められている人々が目の前にいるにもかかわらず、自分が政治家としてできることがほとんどない状況から抜け出したかった。 そう考えたら、目の前の都知事選に出馬して、都知事になることが一番手っ取り早いと思った。そして、山本太郎の得意技である街頭選挙演説を繰り返すことで、都民の意識を高め、日本全体の世論を盛り上げることができる。

都知事選立候補にあたり、彼は8つの緊急政策を打ち出した。


容量無制限でネット使い放題!!【ポケットモバイルCloud】 

立候補表明記者会見での音声と画像を7分にまとめた動画。



緊急政策の最初に持ってきたのが、東京オリンピック・パラリンピックの中止だ。ここまで明確にこの提案をしている候補者は他にいない。宇都宮健児 も中止の方向で働きかけるというが、ここまで強くは主張できていない。

実質的な最重要政策は2番目の新型コロナ禍の経済対策だろう。 15兆円もの都債(地方債)を発行して、困っている人に優先的に現金を給付しようという内容だ。これは彼自身が総務省まで行って、これが十分可能だということを確認済みである。

8つの緊急政策の根底に流れているのは、弱者への愛である。そして現政府への怒りである。新型コロナ感染症災害激甚災害と認定すれば、仕事を失う人も、家を失う人も、減らすことができたのに政府はそれをしなかったのだ。政府がやったこととは、給付なき自粛要請という、国民自助の要求である。自分の命は自分で守れということだ。

一人十万円の給付は決められたが、まだ全員には行き届いていない。中小企業への持続化給付金も支給が決められたが、こちらは条件が厳しくて申請が難しい上に、申請後もなかなか支給されなくて困ってる人が大勢いる。そもそも申請が必要なことから、それに伴う自治体の業務も激増し、そのための外部委託業者にはあの電通が関わり、予算の中抜きまで行われ、プロセスが複雑になったことが原因。

国民の手元にしっかり届いたのは、アベノマスク2枚。こちらもかなり時間がかかったが。

それに引き換え、自民党国会議員には申請する必要がない200万円がポーンと給付された。ボーナスも規定どおりに支払われるそうだ。


容量無制限でネット使い放題!!【ポケットモバイルCloud】 

このような政府に対する山本太郎の怒りは、ほとんどの都民が共有しているものではないだろうか?

だったらみんな、投票に行こうよ、行かせようよ!

山本太郎自身が立候補者の中で「自分は唯一、小池百合子の票を奪える存在」だと言っている。

小池百合子を放置して「山本 VS 宇都宮」の対立を盛り上げるのではなく、両者共闘して、どれだけ 小池票を奪えるか、どれだけの有権者を投票所へ向かわせるかというところに力を入れて、三つ巴の闘いを盛り上げるべきではないだろうか。

最後にもう一度ハッキリ問いたい。小池百合子に投票する人、彼女のどこが良いの?彼女は都知事として都民のためにいったい何をしたの?出馬宣言の内容だって中身がなかったよ?

山本太郎の 東京都8つの緊急政策

1

2
3
4
5
6
7
8

現在は都民ではないが、心が揺れる~


paul83 at 06:45|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 18, 2020

反緊縮 麻生財務大臣の豹変

10万円の一律給付が実現!

昨日、日本政府によって全国的な緊急事態宣言が行われ、ついに日本政府は新型コロナウイルスの経済対策として、一律の現金給付を決定した。これが実現するまで、共産党れいわ新選組山本太郎代表、オリーブの木黒川敦彦代表、三橋貴明さんや藤井聡さんなどの著名人や、自民党内でも安藤裕さんなど多くの人々がスピーディな現金給付が必要だと主張してきたし、国民も大きな声を上げてきた。それがようやく政府を動かした!国民が声を上げ続ければ政府も政策を変えるということを実証した、歴史的な出来事ではないだろうか。

これまで安倍首相は、麻生財務大臣財務省の意向を汲んで、一律現金給付に否定的な主張を、繰り返してきたが、その麻生財務大臣、実はかつてはこのような国家の財政出動を擁護する人だった。日本は自国通貨を発行できるから経済破綻は有り得ないと声高に叫んでいたのだ。
aso taro edit

この機会にれいわ新選組山本太郎代表が、動画でそのことを揶揄してくれた。最初の10分だけでも見る価値があると思う。後半はこれまで山本太郎代表が繰り返し解説してきたことを、新たに繰り返している。国の借金は政府の借金であって、政府の赤字は民間の黒字であるというお話などである。




この動画が、まさに麻生太郎が変節する前の、頼もしく偉そうな雄姿である。必見である。



日本国民が一人10万円もらえるようになったのはとてもおめでたい話であるが、今後いつまでこの新型コロナウイルスによる緊急事態が継続するかは誰にも予測できない中で、継続的な現金給付、損失補償と共に、さらには消費税の一時的な廃止、水道光熱費の免除、健康保険や年金の支払い免除などを求めて引き続き声を上げていくことが重要だと思う。

最後に、消費税アップに対して否定的なことを主張している麻生太郎氏の動画をご紹介しておきたい。しかし、こう言っていた麻生太郎氏が、どうしてここまでどケチ財務大臣に成り下がってしまったのか。この豹変の本当の原因は何なのか。何か深い闇が潜んでいる気がする。



paul83 at 05:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 27, 2020

コロナ対策は徴収停止と現金給付のセットで!

コロナ対策は現金給付と支払い免除の両面から!

Taro Chart
今年は新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、人々が集まったり、接触したりすることが制限され、仕事もできない状況に陥っている。 仕事をしないともちろん収入もなくなる。;

韓国、シンガポール、アメリカ、イギリスなどの先進諸国では損害補償と生活保障として政府から現金が給付されるという。

日本でも現金給付案が討議されたが、牛肉や旅行、飲食専門の商品券が検討され、最終的に現金給付は見送られたとのことだ。富裕層にも給付することが国民の理解を得られないから取り止めたということだ。その「国民」とは誰のことだ?

商品券なんぞ、牛肉業界とか、旅行業界の団体の会長を兼務している政治家が自分の都合で言い出しただけではないのか? すべての業界に影響があるのだから、すべてに使える現金がシンプルでベストだろう!

何よりも、生きていく上で不可欠な家賃と水道光熱費、義務的に取られる社会保障費をその商品券で払えるのか?まずは、これらの必要不可欠なものに払うコストを無料化することが現金給付以前に必要なことだろう。また、消費税も一時的に廃止すればいい。商品券は、現金給付に付随するサービスとしてなら考えられる。

このような、各自治体がこれらの徴収をやめることと、消費税をゼロにすることについて れいわ新選組山本太郎代表がネットでのライブ・おしゃべり会で語っている動画があるのでご紹介する。

こちらは、社会保障費と水道光熱費がどのくらいかかるのかという数字を出しながら、これらをすべて一時的に免除すべきだと主張している。商品券の問題点についても語っている。



こちらは、もう人々の命がかかっている非常事態なのだから、次の選挙がどうのこうの考える場合ではなく、消費税廃止に向けて、自民党の中から立ち上がれと訴えている。自民党の若い議員たちが、安藤裕議員を筆頭に消費税は廃止すべきだという主張をし始めたので、彼らと野党が力を合わせて実現しようと呼びかけている。


自民党安藤裕議員も、消費税減税と現金給付を主張している。


山本太郎映像の元動画



paul83 at 16:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 11, 2020

山本太郎 CO2削減と原発について

YamamotoTaro Genpatsu CO2

れいわ新選組
代表、山本太郎は、参議院選挙で落選し、議員にはなれなかったが、その代わりに「街頭記者会見」「おしゃべり会」という、大画面スライド映像完備の講演会を毎日のように開催しながら日本全国を飛び回っている。すでにその過程での演説をいくつか切り取ってご紹介してきたが、今回は2月9日に岐阜県大垣市で行われたおしゃべり会の内容をご紹介したい。

山本太郎の政治への関与の出発点は福島第一原発事故だった。原発廃止が彼の原点で、信念にして絶対に譲れないものである。

世界では、グレタ・トゥンベリの国連での力強い演説を追い風にして、CO2削減への取り組みが勢いづいている。(但し、主要先進国は消極的だ)

CO2削減のためには火力発電をやめて、原子力発電を維持しなければならないという考え方も出てきている。管理人は、原発が環境にクリーンだという考え方には賛同しないが、どうやら、それが日本では一般的な考えのようだ。そのような考え方の読者はこの記事の最後にある動画を見てほしい。

このような状況で日本はどのようなエネルギー政策を打つべきなのかについての山本太郎お話を聞いてほしい。



山本太郎が主張するのは、原発廃止、火力発電をつなぎにして、自然エネルギー発電にシフトしていくという考え方だ。

CO2の排出を減らす代わりに、放射能大量排出の危険を継続させるのはどうなのか。このことを世界に問うしかないと言っている。

CO2排出が地球温暖化の原因だというのは、大きな嘘だという説もある。

ここに、「原発は二酸化炭素を出さないの?」という、そのものズバリの動画があるので、見てほしい。


この動画でわかることは、原発を安全に維持するため、核燃料を加工するため、等、発電そのものではない、周辺部で確実に、切れ目なく、原発が止まっていても、CO2を排出し続けていることである。

なので、CO2削減の必要性については全否定はしないが、そのために原発が必要だという意見は、管理人は全否定する。



paul83 at 21:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 27, 2019

病気は社会が引き起こす!貧困層の分断統治のため


Sickness from Society

木村知 著の「病気は社会が引き起こす〜インフルエンザ大流行のワケ」を読んだ。元大学病院で医者をしていた方で、医療界に見られる問題点から始まって、社会福祉、そして政治の問題にまで話をつなげている。彼は山本太郎が参議院議員だったときに質問主意書の作成を手伝ったこともあった。なので、本書全体に山本太郎の考え方の基礎が詰まっていて、彼の考え方まで理解できてしまう。山本太郎が街宣で聴衆に説明するために使用するグラフもいくつか出処を明かして掲載されている。

今回は特に、本書の中で生活保護政策についての部分にとても感銘を受けたので、皆さんと共有したいと思う。

(生活保護は)自己責任社会にとって不都合な制度(p.174~174 引用)
今の政治が、国民の生存権を守るための「最後のセーフティーネット」である生活保護制度を破壊しようとしているのは、いったいなぜなのだろうか。私は大きく2つの理由があるのではないかと考えている。

1つは、今の政治をハンドリングしている人たちの最終的な目標ともいえる政策が、徹底した自己責任社会の構築であるためだ。

このような政策理念に基づけば、生活保護という制度は、その対極に存在する制度だろう。財政政策の一環であるかのように装いつつ、生活保護受給者に恥の自覚を要求し、受給者のみならず制度そのものにスティグマを刻印する政策を徹底して推し進める理由として、これは除外できないものと言えるだろう。

2つ目は格差社会を目くらましする目的での貧困層の分断統治だ。「富める人は、より一層の財を成し、貧しき人は、働けど働けど一向に暮らし楽にならざり」という、今の日本の格差社会における後者の不満を、いかに富裕層や為政者に向けさせないかが、政治を握っている集団にとっての至上命題だろう。生活に困窮している人同士を対立させるのは手っ取り早く有効な方法だ
自己責任を追及する社会構築の対極にあるのが生活保護の充実という考えはまさにそのとおりで、現実に社会保障の世話になっている人の負担を増やす政策ばかり聞こえてくるし、自民党はこの種の議論したくないみたいだ。

そして、何よりも、2番目の「貧困層の分断」こそ我らが警戒すべきことである。現状の満たされない気持ちのはけ口を自分より立場の弱い人に向けないことだ。強い人たちが今の世界を創っていると言えるのだから。

本書にはこういう内容の部分もある。(p.189 引用)
自分の気持ちや置かれている環境が不安定であると、他者に対して寛容でいることが難しくなる。過労や多忙、家庭内外での人間関係の不和や金銭的困窮といった、心身に対する負荷は、その人から余裕を奪い、他者に対する不寛容として表出されることにもなるだろう。
ということだ。世の中に目立って増えてると思われる、家族間殺人や煽り運転などの犯罪の原因はまさにこういうところにあるのではないだろうか。

自分が幸せだと感じていれば、他人を不幸に陥れようとなんて考えないはずだ。すべての人がそれなりに幸福感を味わえる社会を作っていかなければいけない。そのためには、立場が弱い人を思いやるべきだし、怒りの矛先は、今の日本を作った日本の「リーダー」たちに向けなければならないと思う。相手は決まっている。みんなで怒りの叫びを上げれば、「リーダー」たちも行動を正すことになるだろう。

paul83 at 15:46|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 23, 2019

奨学金チャラに!山本太郎

YamamotoTaro shougakukin for blog
れいわ新選組の 山本太郎、毎日のように全国行脚、ドブ板選挙のようなことを行い続けている。「街頭記者会見」と名づけられたこの街宣は、聴衆からの質問に答える形で進められ、どんな質問が出てくるか分からない状況で、5万枚のパワーポイントスライドを駆使しながら的確に答えていくスタイル。

れいわ新選組が掲げる8つの緊急政策の中にある、「奨学金徳政令」について、毎回のように語っている。今回はその部分を熱く訴える動画をご紹介しよう。今年5月、参議院選挙前の演説から。


書き起こし(赤文字は上の画像の部分)

奨学金で考えてみてください、若い人たち。ごめんね。奨学金で考えてほしいんですよ。

どうして若い人たちに借金させてまで学校で学ばせるの?教育受けたいって若い人たちに、教育受けさせるようにするのが国の役目じゃないですか。 先行投資ですよ。未来に対して投資する。

でも、この国は違うよって。武富士がやってるようなサラ金に巻き込んで行ってるんですよ。これで誰が儲かってるっつったら金融機関じゃないですか。どうして金融機関に340億、年間儲けさせるために若い人たちに借金させんの。

大人が借金しようとしたら何しなきゃいけない?自分が仕事ちゃんと決まってて、年収これくらいあって、だったら返済がこれくらい可能だからお金借りられるっていうそういう手続きじゃないですか。

でも、将来、何者になるのかも分かってなくて、給料いくらもらえるか分からないって状態でどうしてそんな人たちに300万も400万も500万も借りさせるような状況にできるんですか? 奨学金が肩にのしかかって、社会に出る。初任給いくらよ。その薄い初任給の中から、生活していくんでしょ?その上に奨学金の返済まであんの?自分で独り立ちできる?実家から出づらいんちゃう?家賃まで払えんの?少子化が加速するに決まってるやん!

分かっててやってるよ、もう。もうすでにみんな食われてるんですよ。

この国に生きる皆さんのために政治をやりますなんて前提?茶番の国会の中ではないんですよ。だから、6年いたから、もう一回同じ茶番に6年自分があの中入ったとしてもガス抜きにしかなれてないじゃないですか。それをもう一回僕がやるんですか。

でも、ほんとにそれじゃ救えないじゃないかってことですよ。だから力貸してくださいって。みんなで変えるところに来てんだよって。もう時間ないですよ。

YT poster trim


paul83 at 07:39|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 13, 2019

反社会勢力の定義が定まらないって?山本太郎にきいてみよう!

HANSHA SUGA
何でも都合が悪いと閣議決定で都合よく決めてしまう安倍内閣。ついに「桜を見る会」反社会勢力を招待した問題をあいまいにするために、「反社会勢力は定義できない」という、カジュアルな閣議決定がまたもや成された。

おかげで、WIKIPEDIA/ウィキペディアの「反社会勢力」の項目には本来の定義の次に次の文が追加された。

2019年においては「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであることから、あらかじめ限定的、かつ、統一的に定義することは困難」と閣議決定されたことから上述の定義は確定的とは言えない

先日、それについて不満を述べ、れいわ新選組山本太郎に見解を尋ねた若者がいた。その返答が素晴らしかったので、ぜひこの動画で聞いてほしい。




まさに、自由民主党がやっていることが、反社会的な行為ではないか!と、山本太郎は述べている。

この動画に共感する人は、ぜひ次の動画も見てほしい。



動画中で、トランプ大統領が「救世主」敵に言われているところは疑わしいが、その他の部分はまさに、「犯罪者が政権を取った」という、正当な主張だと思う。

paul83 at 19:49|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック