原子力発電

May 08, 2011

原発ジプシー

日本人の有名なベテラン・フォークシンガー、加藤登紀子さんが、「原発ジプシー」(1997年発表)なる曲を歌っていた。ご想像のとおり、原発で作業する下請け労働者についての歌。発売当時、やはり放送禁止歌扱いされたようだ。

先日、東洋経済の週刊 東洋経済 2011年 4/23号 「東京電力特集」を読んでみたら、そこに原発で働く労働者の実態についての記事が掲載されていた。これまでタプーだったと思われるこの記事が掲載されたのには驚いた。いや、この特集号自体が以前は考えられなかったような東京電力の実態を暴いた一冊になっている。

その記事によると、東京電力は原発内での作業員一人あたりに一日9万円を支払っているが、実際に作業員の手に入るのは9000円程度だという。下請け孫請けは良いところで、何重にも派遣されて、9割がピンハネになっているそうだ。作業員は失業者、ホームレスなどの弱者が多く、最初に言われた金額よりもかなり少ない報酬でも泣き寝入りするしかないような状況だそうだ。

こんな労働者を必要とする悪魔の原子力発電は、即刻廃止すべきだと思う。

以下に、「原発ジプシー」のオリジナル歌詞の音源と、変更後の歌詞を掲載する。


見えない光 体に受け
赤いブザーの鳴り響くまで
闇の世界で仮面を着けて
旅するサイレンス             
さまようサイレンス

名前は知らない、その日限りの
体に刻む傷を数えて 
ガラスの壁に地獄を覗く
震えるサイレンス
聞こえるサイレンス 

海辺の街の小さな宿に
仕事求めて流れ着いたよ
うまい話しかそれとも命取り
見えないサイレンス
ざわめくサイレンス

夕日は赤く海は輝き
久遠の波寄せる浜辺に
巨大な影は悪魔の贈り物
旅するサイレンス 
さまようサイレンス

(元々は「サイレンス」の部分は「ジプシー」だった。また、タイトルも、ジプシーが差別用語ということで「闇の中で」に改題されたそうだ。)




paul83 at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

May 04, 2011

原発作業員・労働者の証言から

ミクシィで見つけた記事。十数年前に原発作業員から聞いた話だ。当時原発ぶらぶら病というのが流行ってたそうだ。原子力発電所が最底辺の労働者たちの犠牲によって成り立っていることを教えてくれるお話である。許可を得た上で以下に引用させていただく。

「始末書の話」
 
「一日被曝量は100ミリレム(1ミリシーベルト)ときまってた。建屋内ドレイン清掃など、それで終わるはずはない。どうしても、越えてしまう場合がある。
すると、始末書をかかんとあかんのや。会社のせいで、長い時間働かされてるのに、始末書書いて責任とらされ、怒られるのは、労働者たちやで。会社が始末書かけ!とおもたけどな。とにかく、始末書書いて怒られるのいややから、被曝量を少なく書かいてしまうの、人情やろ。
会社のせいで、除染せんとあかんようになって、それを除染して、
被曝して、怒られて。
怒られるのいややから、被曝量少なく書いて、病気になって。
この世の中、わしらみたいな、底辺の人間をさらに、底辺に押し込んで、
みんな幸せにくらしとる。なんか、せつないことやけど」


このような労働者の後ろには彼らに仕事を提供する人材派遣会社があって、原発作業によって大きくなったそうだ。http://t.co/9Xnp235

以下に引用するのは、同じ方が別の方の日記に投稿した声の中で紹介されていた原発労働者の証言。

青山 徳次さんの証言(無職・当時65)

午前8時には原発内部に入りましたよ。
パンツ1枚になり、アンダーシャツとモモヒキ、薄い手袋をはめ、靴下一枚、黄色のつなぎを着て、 ゴム手袋をつけ、ガムテープで隙間をとめましたな。
それとポケット線量計を首にかけ、マスクなんかなかった。
口や鼻から放射能を吸い放題だったわけさね。
島根原発の下請けビル代行で、昭和47年のことだ。
わしの作業は、モップとウエス(雑巾)で床をゴシゴシする作業だけだった。
汚染のひどいところには水をまき、モップでこすり、厚いウエスで5、6人がかりでふくわけね。
わしは技術がなかったので、放射能除染作業ばかりでした。
原発内部に突っ込まれると思ってなかったんで、事故の時の補償があるのか、ビル代行の所長にたずねたけど、 法規に基づいたものはあるが、放射能についてはないとハッキリ言ったので、不安になってきた。


下請け会社の一時雇われ作業員の命を縮めること無しに今の原発は維持できないシステムになっている。社会の底辺で働く彼らが健康を害している間に電力会社が肥え太ってきた。日本政府はこの問題を解決することなしに原発政策から手を引くべきである。それができないのであれば、福島の原発事故が収束する見通しが立たず、数多くの被災者の方々に対する十分な補償も期待できそうにない状況で、殺人政権と言われても仕方ないだろう。


paul83 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

May 02, 2011

原子力発電所そんなにいいなら東京湾で!音頭!

佐賀県で2009年にこんな歌が歌われていました。佐賀県には玄海原発があり、MOX燃料を使用したプルサーマル導入を認めた最初の自治体だそうです。

楽しそうなこの歌、みんなで歌ってみたいです。



原発反対ソング特集

paul83 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 01, 2011

東電に入ろう!倒電に廃炉!!

ユーチューブで面白い曲を発見!その名も「東電に入ろう (倒電に廃炉)」。昔、高田渡というフォーク歌手が歌った「自衛隊に入ろう」という歌の替え歌。内容はもちろん、危険な原発を推進してきて今回の東日本大震災で原発事故により取り返しの付かない事態を招いてしまった東京電力を攻撃した内容。元歌を凌ぐすごいプロテストソングになっている。ただし、誰が歌ってるのかはっきりわからないが、近々自ら登場して歌うそうだ。楽しみである。

反原発ソングと言えば有名な「サマータイム・ブルース」も、 「ずっとウソだった」も替え歌だ。反原発ソングは替え歌というのが主流のようだ。


東電に入ろう


みなさん方の中に 東電に入りたい人はいませんか
ひと旗あげたい人はいませんか 東電じゃ人材求めてます

*東電に入ろう、入ろう、入ろう 東電に入ればこの世は天国
男の中の男はみんな 東電に入って花と散る


原発やりたい人いたら いつでも東電にお越し下さい
ウランでもプルトニウムでも何でもありますよ
下請け使えば平気です

* くりかえし

原発推進派の皆さんは 原子炉の真下にお集まり下さい
今すぐ体に悪いわけがありません シャワーで流せば平気です

* くりかえし

原発はクリーンなエネルギーです
プルトニウムはそんなに怖いもんじゃありません
放射能をだすといっても半減期は たったの2万と4000年です

* くりかえし

日本のエネルギーを支えるには 原子力に頼らないといけません
多少の被爆は止むを得ません イゾジン飲んでおけば平気です

* くりかえし


使用済みの核燃料は全部まとめて ドラム缶につめたら大丈夫
六ヶ所村のプールで冷やしてます たった300年の我慢です

* くりかえし

水が漏れてるけど騒ぐんじゃない  煙が出てるけど慌てるな
屋根がぶっ飛んだけどぜんぜん大丈夫 とにかく塩水で冷やしてます

* くりかえし

今すぐ危険てワケじゃない 牛乳も野菜もすてましょう
政府のお偉いさんが言っています 保証は税金で払いましょう 

* くりかえし

ガイガーカウンターは売切れてます 君たちそのなモノ持っちゃダメですよ
放射能の値はこちらで発表します   信じる者は救われる

* くりかえし

歌詞は以上、ここまで。
東京電力の前でみんなで歌ったら爽快だろうな〜!

今日は労働者の日、所謂世界的なメーデー。先日実施されたメーデーの集会で、どうも原発事故のことは何もなかったようだ。やはり民主党をバックで支えていると言われる「連合」が原発推進しているからなのだろうか。気になるところだ。

自衛隊に入ろう高田渡/五つの赤い風船

paul83 at 07:30|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

April 29, 2011

福島第一原発第三号機の水素爆発シーンに思う

東日本大震災から40日近くなる。最近改めて福島第一原発 3号機の爆発シーンをユーチューブで見てみた。

すると、同じ水素爆発でも最初の一号機の爆発に比べると遥かに大きな爆発だったことを改めて認識することとなった。この爆発、もう「爆発」というよりは「大爆発」だ。でも枝野さんは相変わらず「事象」と言って、深刻さを隠し続けた。

3号機と言えばプルサーマル炉で、再生プルトニウムのMOX燃料を使用しているだけに、この爆発の大きさを見るに及んで、放射性物質の広域飛散がとても心配である。



このイギリスの動画が、1号機の爆発とよく比較してくれている。この動画では、アメリカのカリフォルニアで観測された放射能もこの爆発が原因だと主張している。

Gundersen Postulates Unit 3 Explosion May Have Been Prompt Criticality in Fuel Pool from Fairewinds Associates on Vimeo.


僕はこの爆発の大きさは、核爆発ではなかったとしても、チェルノブイリに匹敵するのではないかと思うのだが、皆さんの見解はいかがだろうか?



paul83 at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 26, 2011

チェルノブイリ25周年〜新たなエネルギー政策を求めて 孫正義記者会見

チェルノブイリ原発事故から25年目に日本の原発で同レベルの事故が起きた。

この事故後、ソフトバンクの孫正義社長は積極的なアクションを起こしている。

もう見た人も多いと思うが、ユーストリームで4月23日にプレゼンテーションと記者会見をフリー記者を相手に一時間45分も彼の覚悟とビジョン、心意気を熱く語った。その動画を貼り付ける。

プレゼンテーション要旨(体系)

4'00" 世界中で稼動している原発にどう考えを持てば良いのか1ヶ月悩んだ。

7'55" 世論調査で96%が原発縮小・全廃を望んでいる。

14’56” 廃炉世界で22年が平均。日本の原発は稼動期間が長い。

23’00”   エネルギー別発電コストの話。原子力発電1KWの発電コスト。東電が計算に入れてないコストがある。

32’00"  太陽光発電コストが原発より安くなった。

38'00"   2011年をエネルギー政策転換の年にしよう。

49'00"  ヨーロッパは太陽光発電の全量買取義務が国家の政策で自然エネルギーが発展。

  • 日本でも買い取り義務化の法案が通った。東日本ソーラーベルト構想。3/11の午前!
  • 日本は自然エネルギー開発に消極的だった。
  • 地熱発電の機械 世界の75パーセントが日本製。
  • 石油、石炭や原子力どんどんコスト上がる。自然エネルギーのコストはどんどん下がる。

58'00"  事故補償金は国民が払うことになろうとしている。

60'00" プレゼンテーション終了

記者会見開始
質問内容
1. 構想を実現させるため困難な現体制(政府・メディア)をどう打破する?

2. 国民はこれからも洗脳され続ける恐れがある中で、ソーシャルメディアはどう関係してくるのか?

3. エジプトはほとんど国民がメディア信じてなかった。だからネットをみんな信じていた。福島県前知事 逮捕された。国家権力がつぶしてくる。どう立ち向かう?

4. 電力以外のエネルギーの構想は?

5. 携帯がつながることが災害時大切、災害に十分耐えうる携帯電話の開発する気は?

6. エネルギーの各家庭での自立が構想に欠けているようだが?

7. 電力会社を買収しようというつもりは無かったのか? 発言力を増すための資本投資の考えは?

8. 個人としてなのか、ソフトバンクとしてなのか。事業としてどのように取り組むか。

9. 衛星端末を取り入れる気持ちは?

10. 消費者が電線を使って使いたい電気を選べるようにできないのが問題だと思いますが?

11. 独立発電事業者になるつもりはありますか?

12. 現在運転中の原発の安全性再点検はした方がいいと思うか?

13. 与党に足りないものは?

14. 欧米の友人が米国の政治家を通してアメリカから日本政府に強制するのはどう?

以上で終了。

プレゼン内容の詳細や返答内容に興味ある人は動画を見てね!



paul83 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

チェルノブイリ事故から25年。今年は東京原発の年!映画を見よう!

今日はチェルノブイリ事故から25年目を迎えた日として、もうひとつお勧めの映画を紹介する。

以前レンタルビデオで視聴したものだが、今やユーチューブで全編楽しめる。

まだ見てない人は削除される前に見ておいてほしい。こちらは長編なので8本に分割されている。


ちなみにオフィシャルサイトもまだ元気ですよ。





paul83 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

チェルノブイリ事故から25周年!お勧め動画 「汚された大地で」

1986年4月26日。あのチェルノブイリ原発がメルトダウンを起こして爆発した。

日本でもついに福島第一原発が爆発し、今日本は大きな危機に立たされている。

その事故から二十年が経って、NHKがなんとも素晴らしいドキュメンタリーを放映していた。

その題も「汚された大地で 〜チェルノブイリ 20年後の真実」

ユーチューブ動画を貼り付けたので、ぜひこの機会に鑑賞し、原発の恐怖を再認識してほしいと思う。(5個の動画に分かれています)







paul83 at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 19, 2011

韓国のテレビで日本の反原発デモを紹介

韓国にも21機も原発があり、韓国中で日本の福島第一原発事故の推移を見守っています。

韓国のテレビでも日本の反原発デモが紹介されていました。このニュースビデオは台湾と香港での反原発運動の様子も紹介しています。(3月21日付け)

これってやっぱり日本のテレビでは放映されてませんよね?最近テレビ見なくなったので良く分からないのですが。



韓国もあの狭い半島エリアに原発21機は多すぎです。韓国での電力会社の力は日本ほどではないのでしょうか。韓国でも反原発運動が盛り上がることを期待したいと思います。

paul83 at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 09, 2011

失業者は注目!原発作業、今なら1週間でウン十万円!

現在大震災の影響で多くの企業も被災し、雇用が深刻だ。

僕の田舎は茨城県。そこもあまり報道されていないが、被災が激しい。

原子力発電所

原子力発電所こんな状況の中で僕の親類の近隣の人が言っていたそうだ。

「原発に仕事行くよ。一週間で数十万円もらえるんだ。それも一日労働時間は1~2時間だけ。こんないい話は無い。それも60歳以上を募集してくれてるんだ。」

それは危険な仕事だとその親類が警告すると

「東京電力が安全だと言っているから大丈夫だよ。今東電も大変な中でがんばっている。だから手伝ってあげなきゃ。」

と答えたとのこと。

いくら雇用が大変な状況でも、危険な福島第一原発周辺で働きたがる人は実際には減っているはずだ。

しかし、明日食べていくのにも大変な人はこれだけの高給を提示されると危険を承知で行く人も出てくるだろう。特に普段でも仕事がない中高年の失業者にとっては残った人生も長くないので、寿命が縮まるのも致し方ない、それよりも当面生きられれば良いと言う心理もあるのだろう。

本来、この社会の末端を支えている不法滞在外国人を含む立場の弱い人々が担わざるをえなかった危険な仕事を、今同じくらい弱い立場にいる被災者たちが担うと言うなんとも皮肉な構図が見えてくる。

原発で被害を受けた人々が、自分の命を縮めてまで原発復旧のための仕事に就くしかない。

これが悲しすぎる現実で、明日東京で大地震が起こって家や家族を失えば、僕でさえ「一週間だけなら」と思って行くかもしれない。

原発という高度な技術が必要な施設で、それも放射線で一杯なので作業を急がなければいけない過酷な現場で働いているのは、このような原子力について何も知らない、本当に素人の方たちなのだ。これは今回だけではなく、平時からそうだ。今稼動しているずべての原発でそうである。こんな施設が安全なわけ無いのだ。

原子力発電は労働者が被曝すること無しには成しえない、悪魔のエネルギー、悪魔の産業だと言えるだろう。

ちなみに東電社員は危険な作業は絶対しない。原発の放射能危険エリアには社の規則として立ち入り禁止になっていると言う。

原発の労働者にご興味ある方は、こちらのブログ(フレンチガーデンなインテリアの通販店*店主の日々)をご覧ください。



paul83 at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

April 02, 2011

プルトニウムの恐怖!ダーク・サークル、見てください!

原子力発電所で使用されている核燃料、プルトニウム。これは使用済みのウランから生成できる所謂リサイクル燃料。ほとんど自然界には存在せず、人工的に作り出されている。これが厄介なことにウランより何倍も有害な放射線を放っている。半減期はプルトニウム239の場合、約24,000年という目が眩みそうな長期だ。人が何度生まれて死ねるのか。

今回事故が起きた福島第一原子力発電所でも3号機がウランの原子炉でプルトニウムを燃やすプルサーマル炉であるので、周辺で微量ながらプルトニウムが検出されたというニュースを見て鳥肌が立った。もしその地にプルトニウムが大量に検出されたらそこは後世何十代にも渡って誰も住めない汚染された土地として居座り続ける。24,000年でも放射能が半分になるだけ。

幸いプルトニウムの透過性は数センチとごく短いので外部被曝の心配は無いが、一度体内に取り込むと対外に排出されるまでの間に放射線が体内の細胞に傷を与え続ける。

今回の原発事故は、重大度ランクでは最高のチェルノブイリ事故より下でスリーマイルよりは上だと言われているが、冷静に考えてみると、完全な炉心溶融、所謂メルトダウンはまだ起こっていないものの、水素爆発等で有害物質を放出した原子炉は少なくとも4つもある。チェルノブイリもスリーマイルも事故を起こした原子炉はひとつずつ。そういう意味では歴史上、また世界的にも最大規模の災害だと言える。

広島に落とされた原爆の原料がウランで、長崎がプルトニウムだ。これらの原料はそもそも軍事目的で作られ続けた。原子力発電はその延長線上にある。原子力発電はそのまま原爆製造につながるものだと世界的には普通に思われているウラン・プルトニウムの採掘販売会社や原子炉製造メーカーは世界的な軍産複合体で、そこに莫大な利益が流れている。「原子力推進=軍事産業繁栄」なのだ。


プルトニウムの恐ろしさと世界普及の裏側を見せてくれるすばらしいドキュメンタリー映画をYOUTUBEで見た。タイトルは「Dark Circle/ダーク・サークル−暗い円」。1982年に作られ、サンダンス映画祭で国際エミー賞を受賞したもの。

この映画には日本に落とされた原爆製造から米ソ冷戦時代の「核抑止」理論に基づく核兵器の大量生産と国際的な拡張の様子、その実験のために犠牲になる工場周辺の地元住民や原爆実験を間近で観察するアトミック・ソルジャーの様子、長崎で被曝した被爆者も登場する。

見るに耐えない映像が次々と出てくる。個人的には被曝したときに人間の肌がどうなるかを調べるために、爆心地から近いところに生きた豚を一匹ずつ小さな入れ物に入れて実験をしたときの豚たちが断末魔のような叫び声を上げるところがとても印象に残る。とても貴重な資料だ。

今回の福島原発事故により世界中で反核運動が盛り上がっている今、当事国に住む我々は今この映画を見るべきだ。英語だが、字幕付なので、英語のリスニング練習にもなる。10分くらいで区切られて9本、恐らくノーカットで視聴できる。ぜひ全画面に拡大して見ていただきたい。




paul83 at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 23, 2011

ついに東京の水から放射能検出!1

東北太平洋沖大震災の大津波に起因する福島第一原子力発電所の大事故はとんでもない推移をしています。3号機などプルトニウムを使い、コンクリートも通過すると言われる恐ろしい中性子を放つプルサーマル炉なので、今日も黒煙を噴出す事態が起こり、個人的にはいつ核爆発が起こるかハラハラしています。

そんな中、ついに首都東京の水道水が放射性ヨウ素に210ベクレルという値で汚染されていることが分かりました。

日本政府は「直ちに健康に被害を与えるレベルではない」と、今流行の説明をする。日本が定める水道水の放射能基準値は300ベクレルだから、それに満たないので大人が飲むには支障がないと言いながら、乳児には飲ませるなと言います。

乳児に飲ませられないと言うことは有害ということでしょう。上記数値の元は原子力安全委員会が定めた数値ですが、WHO(World Health Organization―世界保健機構)の基準値はなんと1ベクレル。これは原発事故などの災害時には適用されないということですが、あまりにも違いすぎて愕然とします。有害なものは少量でも体内に取り込まないほうが良いに決まっています、普通に。水の場合体内被曝はどうなるんでしょう?

浄水場の水がこんなに汚染されているということはそこの大気もそのくらい汚染されているということでしょう。

詳細はこちらのブログ(水道水の放射能汚染)でご覧ください。

今回は東北から僕の故郷である茨城県が被災しただけでなく、現在住んでる東京は稲城市の水道水まで放射能汚染されたということで、これから水をどうやって飲めば良いのか悩ましいです。政府はこんな状況でまだ「大丈夫」と言い続けるのは、ただ混乱を避けたいということだとしか思えません。

こんなに大きな問題が起きているのに、未だに原発がこれからも重要なエネルギー源になるといい続けるこの国の指導者達の神経が理解できません。

一日も早く、こんな人間が普通に扱いきれない危険と背中合わせのモンスター発電所から脱却しないといけません。

東北地方の被災者救助が終わったら直ちに原子力発電推進の国家政策を転換させる国民的な運動を盛り上げるべきです。

paul83 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 15, 2011

ついに起こってしまった原発大事故


福島第一原発の爆発
2011年3月11日は歴史に残る日となりました。それは日本で最大級の地震とそれに伴う大津波が起こり、その影響で原子力発電所から放射性物質が撒き散らされる事故が起こったためです。

大地震と大津波の被害は甚大なもので、大勢の犠牲者の皆様のご冥福をお祈りします、また、ご遺族の皆様の無念さを思うと言葉がございません。。

今回は原子力発電所の事故について書きたいと思います。

今回の東北関東大震災の被災地である福島県にある福島第一原子力発電所の1号機から4号機までが事故を起こしました。

1号機と3号機は炉心の冷却水が少なくなり、水素爆発で建屋の天井が吹き飛びました。次にその間の2号機も爆発を起こし、原子炉を囲んでる格納容器が損傷、内部の放射性物質が噴出しました。これにより一気に外部に放出された放射能濃度が1000倍に高まりました。その後にも冷却水注入がうまくいかず、海水を入れたりして冷やしましたが、とどめを刺したのが、稼動停止中だった4号機の火災でした。稼動してなかった原子炉でしたが、同じところに使用済み燃料が貯蔵されていて、それが火災の元になったと思われます。

日本政府と東京電力の発表はいつも後手後手で、何かを隠していると国民が疑ってしまうやり方です。

さっきニコニコ生放送で外国人記者たち向けの記者会見を見ましたが、何事もはっきりしていて気持ちよいものでした。

会見では4号機の火災は、1号機から3号機までに4号機の冷却ポンプを回したのが原因だということ、政府と東京電力の発表は国民の安全よりも混乱を避けることを優先して重大な事故と思わせないように報道していること、現在アメリカのカリフォルニア州と同じくらいの面積の中に54機もの原子力発電所が立っていて、ほとんどが活断層の上や周辺に建てられていることなどが明らかにされました。

今回の事故により計画停電が必要になったのも、本来なら原発が一機も稼動しなくても全国の電気需要をまかなえるほどの従来型の発電所がありますが、今回は周辺の火力発電所も洪水で稼動できなくなっていたためだということです。

発電所から半径20kmにいる人は避難、30Km以内の人は屋内退避を要求されていますが、今はどうだか分かりませんが、昨日までは検問もなく自由に出入りできるようになっていたそうです。いずれにせよ20km では足りなく、首都圏の私たちも被爆しないように外出を控えたり、素肌を外気に晒さないのが大事です。特にこれから降りそうな雨には絶対に濡れないようにしてください。

原発がいつかこんな大事故を起こすということは誰もが薄々気づいてたはずです。それが東京の電力をまかなうための発電所を東北地方に建設した大きな理由でしょう。今回の計画停電で東京23区を対象から外したのと同じような理屈ではないでしょうか。

それでも原発が狭い日本にこんなに作られたのは、原子力利権を失いたくない一部の人間たちの仕業だと思います。彼らは原子力はクリーンで安全だ、石油に代わる新しい、枯れることのない永続的な燃料だ、と猛烈にアピールして開発してきました。

電気事業連合会の資料の中で原子力発電所の安全性についてこう書いてあります。

「わが国の原子力発電所は、その設計、建設、運転にあたって「多重防護」の考え方が貫かれており、これを完璧に行う限り放射性物質の周辺環境への異常な放出は考えられません。その意味で絶対安全が保証されていると言えます。」

皆さん、「絶対安全」って有り得ますか?有り得ないということが実証されたわけです。もうすでに同じ主張をしていたスリーマイルとチェルノブイリでも実証されているのですが。この記事を書いている今も富士山周辺を震源とする大地震が起こりました。他の原発も心配です。

真実に気付いている人で財力のある人はもう国外や、関西以西へ避難しているはず。我が家のお隣さんもなんだか今日引っ越したみたいです。

これで僕らが被爆して癌になったら東京電力や日本政府は保証してくれるのでしょうか?

原子炉製造メーカー大手のひとつである東●などに逆らえない日本のマスメディアだけを見ていては真実は分かりません。RCサクセションサマータイム・ブルース収録アルバム、「カバーズ」が当時の所属レコード会社、東芝EMIによって発売禁止になったのは有名な話です。海外の情報に注目しましょう。


paul83 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 21, 2010

隠された被曝労働〜日本の原発労働者〜

NHKスペシャルの内容かと思いますが、原発労働者の真実が語られています。

最底辺の人々が最も危険な労働に従事してます。

広島・長崎の繰り返しを自ら進めているのが今の日本。

広瀬隆 危険な話

paul83 at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

July 24, 2007

サマータイム・ブルースの動画発見!5

サマータイム・ブルースのページへ!

今日は今話題のプロテストソングであり、代表的な放送禁止歌であったサマータイムブルース(RCサクセション)の動画をYoutubeで見つけた。

さっそく僕のサイト、「プロテストソング・トピカルソングの傑作集」からリンクした。 "Love Me Tender" も続けて歌っている貴重な動画だ。 いつ削除されるか分らないので、お早めにどうぞ!

(もうとっくに削除されました!)



paul83 at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 21, 2007

サマータイム・ブルース by RCサクセション5

今日、7月20日金曜日は僕が管理するサイト、 「プロテストソング・トピカルソングの傑作集」にて異常事態が起った。 それは、RCサクセションが日本語でカバーした洋楽「サマータイムブルース」にアクセスが極端に集中したのだ。  ページビューがなんと3,774もあった。

このサイト、いつも全ページ合計で100アクセス超えればよいほうなのだ。 この異常事態は何だろう? 
アクセス解析画面を参照ください。
summer_access

この歌、歌詞は強烈な原発反対メッセージである。 このために収録アルバム・カバー集である「カバーズ」は大手レコード会社から発売中止になったいわくつきの歌だ。

このアクセス、今回の新潟・長野の大震災による柏崎原子力発電所の相次ぐ事故によるところが大きいと思う。 しかし、グーグルやヤフーから、キーワードは<サマータイムブルース>や<RCサクセション>が、トップ10を占めている。 検索フレーズの一覧をご参照あれ。
サマータイムブルース キーワード

これは、国民の反原発の意志表明なのかもしれない。それにしてもこんなにアクセスが集中するとは、僕が管理するサイトでは前代未聞だ。それも特定の一ページになんて!

何はともあれ、これが原発廃絶への運動のひとつのきっかけの表れであれば、お目出度いことだ。

残念ながら、僕の前の記事からのアクセスはゼロだったようだ。

では、あなたも この歌詞を読んでみましょう! MIDIに合わせて歌ってね!



paul83 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

July 18, 2007

東京電力柏崎刈羽原子力発電所2

新潟県中越大震災が起きた。そのとき東京にいた僕は震度3程度の揺れを感じたが、震源地が新潟という遠距離だったことには驚いた。 新潟・長野県では大変なことになっていた。

中でもやはり原子力発電所の事故が注目されている。 原子力発電所の立地は、地震が起きても大丈夫な地盤の場所を選んで建設していると言われていたが、実は建設を受け入れた自治体の範囲でしか決めていないのだ。 

日本で地震が起らない場所なんてある訳が無い。 地震大国日本に原子力発電所は不適切なのだ。いずれはこうなることをみんな潜在意識の中で恐れていたのではないか。

それも気の毒なのは大地震の被害だけで大変な苦労を強いられている被災者の皆様が、原子力発電所の放射能関連の被害を直に受けなければならないこと。 その発電所は、東京電力が管理する、東京や首都圏のための電力を生産しているのだ! 東京都民がこの問題を対岸の火事のように見てはいけないと思う。

ところで、原子力発電所の停止(当たり前のこと)により電力不足が予想され、テレビでも大騒ぎだが、実は原発が故障しても電力を供給できるように多くの火力・水力発電所を休ませているという。 原子力発電所は、フル稼働の状態に保たないと危険が増すので、電力生産の微調整ができない。 そんな微調整はその他の発電所で行なっているのだ。 要するに、少し極端な断定かも知れない
が、原発が全部稼動停止しても電力需要をまかなえる施設はあるのだ。

原子力発電所の存在を今こそ減点に立ち返って考え、その廃止に向かって歩み始めることを検討すべきだと思う。

RCサクセションのサマータイム・ブルース
http://protestsongs.michikusa.jp/japanese/summertime.htm
RCサクセションの「何言ってんだ〜」
http://protestsongs.michikusa.jp/japanese/lovemetender.htm



paul83 at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

April 09, 2007

北朝鮮の核開発も脅威だが、そもそも日本の原子力発電って大丈夫?4

YAHOO!の月刊ウェブ誌「チャージャー」に素晴らしい特集記事が掲載された。 原子力発電の問題点について分かり易く書いてあるので、とても良い。

これこそ多くの人々に読んでもらいたい特集だ。

北朝鮮の核開発も脅威だが、そもそも
日本の原子力発電って大丈夫なのか?

サマータイム・ブルース ラブ・ミー・テンダー MONJU チェルノブイリ

核廃棄物は人と共存できるか
核廃棄物―安全に処理する方法はあるのか

米国先住民族と核廃棄物―環境正義をめぐる闘争



paul83 at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 05, 2007

高知県東洋町の皆様へ4

高知県東洋町の皆様へ

核廃棄施設の建設候補地として町長さんが独断で名乗り出られたそうですが、町民の皆様に同情を禁じ得ません。 今日は町長さんが辞職し、再度選挙で村長を決められるということですが、これは町民の皆様の勇気ある戦いの結果であり、大きな勝利だと思います。心から祝福したいと思います。 

ネットの情報によりますと、有権者3000人の内、2700人が反対署名をされたそうですね。
http://www.janjan.jp/area/0703/0703280539/1.php)もう圧倒的です。 にも関わらず、核廃棄施設建設の手続きが進行しているそうです。 もし、建設が強行されるのであれば、この町では完全に民主主義が死んだと言えるでしょう。 絶対にそんなことがあってはいけません。 必ずや反対派候補が町長に選出されるでしょう。

ところで、処分される高レベル放射性廃棄物はどこから来るのでしょう? 

主に都会の電力消費のために地方に建てた原子力発電所で出た廃棄物を埋め立てて処理するのです。 その廃棄物には高レベルの放射能があり、その放射能はほとんど永遠にその土地と住民を蝕みつづけるのです。 まだ生まれてもいない当地の子孫たちは生まれたときからこの放射能と付き合っていかないといけないのです。 だれが責任取るのでしょう?

原発が絶対安全で、核廃棄物も完璧に処分できるのなら、はっきり言って、東京の電力のための原発は東京に建てて、最終処理も都内で解決すべきでしょう? 危険だからそうできないのです。そんな都会の身勝手さの尻拭いを、他の地方がしてあげる義理はありません。

国が支払う保証金だって、一時的なもの。 一定期間が過ぎたら無くなり、そのお金で作ったものを維持するのに大変な費用がかかり続けるのです。

原子力発電自体、日本の未来に百害あって一利なしです。地震大国の日本で、地震が起こらない場所がどこにあると言うのでしょう? 原子力発電所は、地震がくれば自爆するし、爆撃機に撃たれたら、ミサイルが直撃すれば、原爆そのものです。 一日も早く日本が原子力政策を放棄することを望みます。

その第一歩となり得る東洋町の皆様の戦いを応援します。

反原子力応援歌

サマータイム・ブルース ラブ・ミー・テンダー MONJU チェルノブイリ

核廃棄物は人と共存できるか

核廃棄物―安全に処理する方法はあるのか

米国先住民族と核廃棄物―環境正義をめぐる闘争



paul83 at 23:53|PermalinkComments(1)TrackBack(2)

March 26, 2007

やっぱり危なかった志賀原発2

志賀原発は今回の地震で、使用済み核燃料貯蔵プールの水が飛び散ったそうだ。記事を引用する。

志賀原発 使用済み核燃料の水、飛び散る 能登地震 

http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY200703250314.html
 北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)で25日、放射性物質を含んだ水45リットルが原子炉建屋4階の床に飛散しているのを巡視員が見つけた。今回の地震の揺れに伴って、使用済み核燃料貯蔵プールが揺れて飛び散ったものとみられる。

 北陸電力によると、飛び散った水は国への報告基準を上回る量の放射性物質を含んでいたという。ただし、床面はビニールシートで覆っており、その外に漏れたのは8リットルと微量だった。水は作業員がふき取った。外部への放射能漏れはないという。

地震のときは定期点検中で運転はしていなかったのが幸いだった。 (というか、今は運転停止処分中だろうね。


志賀原発は震度4.8 設計の基準以下の揺れ

http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY200703250244.html
能登半島沖地震で震源に近い、石川県志賀町の北陸電力志賀原発では、1号機の原子炉建屋地下2階の震度計で震度4.8を記録した。地震による外部への放射能漏れの被害はなかった。

 地震の振動の強さは229ガル(ガルは加速度の単位)で、想定する設計限界の490ガルを下回った。原子炉を緊急自動停止しなければならない190ガルは上回ったものの、1号機、2号機とも定期検査中などで運転していなかった。

これって、もし稼動中であれば、大変な事故になっていたってことだよね。 恐ろしいね。

何よりも原発が停止中だったのはラッキーだったと思うので、被災者の皆様が引き続き幸運に恵まれますことを心からお祈りします。
検証 東電原発トラブル隠し
東京に原発を!
プルトニウム発電の恐怖―プルサーマルの危険なウソ



paul83 at 08:32|PermalinkComments(0)TrackBack(1)