戦争と平和

May 26, 2019

財務省前で大勢が愛を、消費税減税を叫んだ!

zaimusho

山本太郎
議員は かつてから消費税廃止を訴えている。いきなり0%が無理ならば、まずは5%に戻しましょうと。この不景気の中で消費税を10%に上げるのは更に景気を悪くすると。

安倍政権は景気が悪いとは言わない。まるでタブー(禁句)のように。アベノミクスが成功しているということにしなければいけないからだろう。

そんな安倍政権も、衆参同時選挙を前に、国民の動向次第では消費税増税の延期を、もう3回目になるようだか、打ち出す可能性も出てきた。

そのような状況で、野党が一丸となって消費税増税の凍結を主張したところで、自民党も凍結を決めたなら、野党が勝てる訳がない。だから、減税が重要なのだと主張している。

そして山本太郎は果敢にも財務省正門前で、いつもの「街頭記者会見」ではなく、次のようなタイトルの集会を5月21日に開催した。

「財務省の前で愛を叫ぶ 増税? 凍結? 空気を読め! 集会」


ここでは山本太郎議員はMCを努め、一般の集会参加者たちが一人ずつ前に立って財務省や安倍政権に対する演説を行ったのだ。現在失業中の人、奨学金返済に苦しんでいる人、など、赤裸々な主張が次から次へと飛び出し、途中から一人3分以内という時間制限を設けることになった。

また、演説の合間には山本太郎の音頭でコールを行った。そのコールだが、ラッパと太鼓を使ってプロ野球の応援スタイルで行われ、大いに盛り上がった。田中龍作さんの記事によると、数百人が集まった模様。

集会の様子をそのまま約2時間の動画がこれである。長いので、他のことをしながらでもいいので、BGM代わりに全部聞いてほしい!



このイベントを企画する際に、山本太郎議員は全国会議員にお知らせ、案内を配布したけど、国会議員は一人しか来なかったと言う。その一人は、もちろん本人、山本太郎 議員!


どれだけ他の政治家が、国民の方を向いていないか、この事実だけでわかるというものだ。国民の立場で考えていると本当に考えている野党議員がいるならば、同じようなイベントをぜひ企画して、自己主張してもらいたい!

田中龍作ジャーナルが掲載した記事
山本太郎公式ホームページ

reiwashinsengumi


paul83 at 11:28|PermalinkComments(0)

May 25, 2019

日本の新しい夜明け〜れいわ新選組&山本太郎

山本太郎 参議院議員が、今年の衆参同時選挙を見据えた野党勢力結集を狙った戦略の中で、ついに小沢一郎と一緒にやっていた自由党から離れ、一人で政党を立ち上げようとしている。

その政党名は「れいわ新選組」。新しい元号、令和に、新しく選ばれし者という意味だったように思う。

reiwashinsengumi
山本太郎、以前から「街頭記者会見」という名の素敵な街頭演説を全国行脚で駅前でマイクを握って行ってきた。自分が演説するというよりは、集まった市民の皆さんの質問に答えるスタンスで地道に行ってきた。今や専用のステージ用トラックまで使って、その完成度は高い。 5万枚を超えるパワーポイント・スライドページを用意していて、必要なときに必要なスライドを映し出してくれるスタッフがいる。

既存の政党しか選択肢がなければ、それは選挙にあらず!山本太郎が実現したいことのために一緒にたたかってくれる仲間を探し、数ヶ月以内に行われると思われる衆議院・参議院選挙で、多くの仲間を立候補させたい。そのために寄付を募っている。 れいわ新選組の公式ホームページに掲載されている公約、あるいは目標(政策)は、どれも庶民の目線に立った内容である。
YT poster trim

管理人は何度か山本太郎をこのブログで紹介してきたが、いよいよ既存の政界にとっては脅威になってきていると思う。逆に、一般庶民から見たら、ようやく庶民のための政治を目指す、「私たちの」政治家を探した気持ちではないか?いや、まさに管理人がそんな気持ちなのだ。

れいわ新選組のユーチューブチャンネルには演説のほとんどがアップされていると思う。その中のひとつ、5月18日、仙台駅前の「街頭記者会見」。


ところで、れいわ新選組の寄付額の目標は次のようにサイトに書かれている。
YT donation

寄付額は5月末までの目標、1億円をすでに超えた。山本太郎は、企業献金ではなく、庶民の寄付を集めている。演説でも言っている。日常生活で当たり前のことを少し我慢してその分を寄付してもらっていると。この動画を聴いて欲しい!

寄付をされる場合は、このページをよく読んで寄付してほしい!

paul83 at 21:59|PermalinkComments(0)

January 11, 2019

矢部宏治 著 知ってはいけない2 をご紹介!

以前、矢部宏治氏が記した「日本はなぜ『基地』と『原発』を止められないのか」を読んで、大きなショックを受け、日本という国家の本質がよく分かるようになったと思う。

矢部宏治氏はその後も取材を続け、関連書籍の出版を続けている。そして最近発売されたのが、「知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた」である。

この本についてラジオのトーク番組で語ってるので聞いてほしい。とても勉強になる内容だ。






こちらがその番組のフル音声



知ってはいけない 隠された日本支配の構造 章別要点 4コマ漫画



paul83 at 20:50|PermalinkComments(0)

January 06, 2019

天皇陛下は英国軍人だった?

最近 ツイッターを見ていてこのような文書に遭遇した。
LONDON GAZETTE

London Hirohito
この文書はイギリスで1921年5月13日付で発行された、ロンドン・ガゼットという、官報のようなものの写しである。この文書の本文の左上には 次のように書かれている。

War Office 13th May, 1921

His Majesty the KING has been graciously pleased to appoint His Imperial Highness Hirohito Shinno, Crown Prince of Japan, G.C.B., G.C.V.O., to be General.  Dated 9th May 1921.

王様は、5月9日付で日本の王子、親王ヒロヒト皇帝を将軍として指名した、という内容である。

London Hirohito UP


この文書をどのように理解すればいいのだろうか? よく分からないが、日本が起こしたということにされている太平洋戦争は、そもそも英米列強の自作自演だったのではないかという疑問が浮かんでくる。

読者の方々はどのようにお考えだろうか?

paul83 at 00:02|PermalinkComments(0)

December 31, 2018

日本の政治状況は明らかにファシズム!



paul83 at 22:55|PermalinkComments(0)

August 12, 2017

隠された日本支配の構造アメリカは「国」ではなく「国連」である

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第九章 

アメリカは「国」ではなく「国連」である

chap9



paul83 at 19:39|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造┝衛隊は米軍の指揮のもとで戦う

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第八章 

自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う

chap8



paul83 at 19:38|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造Ы斗廚癖現颪郎能蕕垢戮同儻譴悩鄒する

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第七章 

重要な文書は最初すべて英語で作成する

chap7





paul83 at 19:37|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造政府は憲法にしばられない

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第六章 

政府は憲法にしばられない

chap6





paul83 at 19:36|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造ス餡箸鰐約と裏マニュアルで運営する

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第五章 

国家は密約と裏マニュアルで運営する

chap5




paul83 at 19:35|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造す颪離肇奪廚蓮嵎瞳+官僚」である

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第四章 

国のトップは「米軍+官僚」である

chap4



paul83 at 19:34|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造F本に国境はない

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第三章 

日本に国境はない

chap2


paul83 at 19:33|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第二章 

日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある

chap2




paul83 at 19:32|PermalinkComments(0)

隠された日本支配の構造‘本の空は、すべて米軍に支配されている

矢部 宏治 さんの著書、知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書) が8月17日に発売される。この本を読むと、日本政府がなぜ沖縄の米軍基地に対して何もできず、特定秘密保護法や共謀罪を議論を避けながら強行採決したのかを理解できると思う。

この書籍の各章をわかりやすい4コマまんがで表している部分を公表しているので、こちらで紹介したいと思う。
第一章 

日本の空は、すべて米軍に支配されている
chap1




paul83 at 19:30|PermalinkComments(0)

July 27, 2017

戦争で生き残った日本兵が過去を振り返ったCG動画

日本軍兵士が戦争で体験したこと(CGアニメで再現)

6月に元日本軍人の証言に基づいて作成されたCGアニメが発表された。CGだが、いや、CGだからこそと言うべきか、とてもリアルな映像で、戦時中に日本軍がどのように朝鮮人を殺し、犯したかを見せてくれる。なんと、全編日本語で作られ、韓国語字幕が付けられている。僕はこの動画は日本にいる15歳以上の全ての人々が見るべきだと思う。かなりショッキングな映像なので、15歳以上の読者様、ぜひご覧あれ!涙、怒りなしで見れるだろうか?



もし興味を持たれたなら、こちらの従軍慰安婦編をどうぞ。こちらは元従軍慰安婦の証言を元に作られたCGアニメである。音声は韓国語で字幕表示はされないが、日本軍のことばは日本語でそのまま再現されている。韓国語がわからなくても、雰囲気だけでも感じてほしいと思う。




paul83 at 10:22|PermalinkComments(0)

June 11, 2017

共謀罪!山本太郎議員が各地で駅前演説中!

テロ等準備罪=共謀罪
山本太郎議員の分かりやすい解説動画

今、自由党共同代表、参議院議員 山本太郎氏が連日、テロ等準備罪(=共謀罪)について解説啓蒙活動を繰り広げています!共謀罪についてスライド画面を交えてわかりやすく、1時間にまとめて解説して回っています。この様子はツイットキャスティング(ツイキャス)で生中継されています。東京の渋谷、新宿、最近は名古屋、京都と精力的に回っています。テロ等準備罪(=共謀罪)の解説をメインにしつつ、その前に必ず集まった人々から質問をもらって答えています。こちらも1時間ほど。
taro yamamoto

ツイキャスの動画から後半の共謀罪解説部分の動画をご紹介しますので、ぜひ少しずつでもご覧ください。



paul83 at 00:34|PermalinkComments(0)

September 10, 2016

日本は白人と一緒になるな! 武田邦彦


日本人でこんなことを真剣に言ってるのを初めて聞いた気がする。先日も行われた、最近の北朝鮮核実験を非難する日本政府に対し、1050回も核実験を行い最新鋭の核兵器を保有するアメリカの核武装を先に非難すべきだと言う。

核兵器を大量に保有してるのは米、英、露、仏、中であり、中国以外は白人の国だ、中国は白人に魂を売った国だと。黄色人種の日本人が奴らの側に立ってはいけないと。むしろ米国に核兵器放棄を要求しろと。さすが、武田邦彦先生!

とても勇ましく、聞いてるといい気分になり、拍手したい!

でもね…(動画の下へ続く)


日本もアメリカに魂を売った、中国とは違う意味で白人の側に付いた人々によって動かされてるからこうなってるんでしょう!と言いたい。


paul83 at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 25, 2016

選挙に行かないから何も変わらないのです!

選挙に行ったって何も変わらない?
いいえ
選挙に行かないから何も変わらないのです。
野党+市民の共闘が実現しました。
政治を変える大きな希望が見えます。
大きなチャンスです。
悪政(改憲・アベノミクス・消費税・TPP・沖縄新基地etc)推進の
アベ政治許さない
どれだけ力を合わせられるかが問われています。
必ず投票に行きましょう。

この写真はネット上で見つけました。どんどん拡散をお願いします!


paul83 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 28, 2016

戦争の民営化、戦争の非正規化すすむアメリカの経済的徴兵制

wareconomicsoldier

経済的徴兵制
について去年の安保法制が国会で議論されている頃によくとりあげられたが、経済的徴兵制と対テロ戦争についてとてもわかり易くまとまった記事を見つけた。ジャーナリストの堤未果氏の公開講演会「戦後70年 今、私たちが考えるべきこと ワーキングプア層が支える21世紀の戦争〜逃げ切れ!日本の若者世代〜」の内容をブログにまとめてくれている。 

戦場の最前線で戦っている兵士は多国籍ワーキングプア軍団!

月刊誌『KOKKO』編集者・井上伸のブログ

戦争の民営化、戦争の非正規化すすむアメリカの経済的徴兵制、戦争請負会社の派遣社員はヘルメットや防弾チョッキも自腹購入しモノ扱いで戦死してもカウントされない、終わりなき対テロ戦争で巨万の富得る1% 


参考までに記事の見出しと最初の文を引用しておく。これだけでもかなりの量だが、興味を持った方は本編をぜひ読んでほしいと思う。

9・11もパリのテロ事件も「当日もショックだったけれど翌日はもっと怖かった」

2001年の9・11もパリのテロ事件でも、市民に話を聞くと「当日もショックだったけれど翌日はもっと怖かった」と話しています。

対テロ戦争、今までの戦争と大きく違う2つの点

――世界中が戦場となり、戦争に終わりがなくなった


1つは、今までの戦争は国家対国家ですが、対テロ戦争は敵がよくわからないということです。

緊急事態宣言下で全米に3千万台の監視カメラ


緊急事態宣言下では、何が最初に起こるでしょうか? 9・11の直後、最初に監視体制が強化されました。

ニューヨーク警察の隠しカメラ


そして様々な形で憲法を改正しました。憲法の権限を越えて、大統領が多くのことを決められるようになりました。

「警産複合体」と空爆1回で1億円儲かる軍需産業


9・11後、イギリスやドイツなど先進国も真似をして監視体制を強化し、空港などのセキュリテイ対策が厳しくなりました。そして、セキュリティ関連企業の株が一気に上がりました。

テロ翌日、跳ね上がる軍需産業の株価


私は、テロのような事件が起きると株式市場を見ます。パリのテロがあった翌日も見ました。フランス政府が25%以上の株を持っている軍需産業をはじめすべての軍需産業の株価が11月16日に上がりました。

レーガンによる「企業が世界一ビジネスしやすい国」づくりへの転換


1980年以降、レーガン政権時に、アメリカは国策を180度転換しました。それまでは旧ソ連という敵がいたので、物資がなく可哀想な思いをしているソ連の国民と違ってアメリカはみんなが中流になれるようにと、税金は社会保障を通じて国民に還元していました。

“企業の食物連鎖”で一握りの巨大企業が支配

その結果、国のバックアップを受けた企業はどんどん大きくなりましたが、1990年代のIT革命とグローバリゼーションによって、そうした企業は途上国へ移動していきました。

年収100億円の1%による総取り

これは、今のアメリカ、テロ、グローバリゼーション、TPPの問題を見る時に非常に大切なことです。

ブッシュ曰く「公務員は競争がなく利権の温床、怠慢」

テロとの戦争を続けて行く時にどうしても必要なものがあります。当時ブッシュ大統領は、「アメリカ人の学力が下がるのは、国力が下がるのと同じで大変な問題です。国が責任を持って教育改革をします。とくに公務員は競争がなく利権の温床になっていて、公立学校の先生は怠慢だから子どもたちのためになりません」と言って、国が教育を管理しました。

アメリカの「落ちこぼれゼロ法」を真似た橋下徹氏


テロ直後に、政府が国内の隅々まで監視する法律が通ったと先ほど言いましたが、そちらは「愛国者法」、今紹介したのは「落ちこぼれゼロ法」です。

公教育は解体され教師にうつ病広がる

しかし、これは変な話です。公教育というのは、経済状況や家庭状況、宗教、肌の色などに関わらず、平等に教育の機会を提供するためにつくられたものです。そこに競争が入ることでアメリカの教育現場は変わりました。

先生を非正規に変え、労働組合を解体


こうした「落ちこぼれゼロ法」は何をもたらしたでしょうか? 生徒が良い成績を取れなかった先生は首になるので、先生の非正規率が増えていきました。

学校の株式会社化で教育難民が多く生まれる


その結果、チャータースクールという民営の学校がアメリカに増えました。

公立学校解体→教育難民→経済的徴兵制


先ほど紹介したように、9・11後、アメリカでは個人情報が一元化されています。落ちこぼれた子どもたちの個人情報は、軍のリクルーターに回っていきました。

民営化された戦争――防弾チョッキ支給されず「激安防弾チョッキドットコム」で自腹で購入する兵士


「給料は良かったでしょう?」と尋ねると、給料もそれほど良くありませんでした。新卒の兵士なら年間185万円。あと2万円少なかったら生活保護がもらえる年収です。

最低限の暮らしを取り戻すために戦争へ行くしかない


私はニューヨークのリクルートステーションに戻り、「高校生をだまして詐欺みたいじゃないか!」と言いました。しかしリクルーターは、「そんなこと、わかっています。でも皆、当たり前の生活と引き換えに入隊します」と答えました。

憲法9条と25条を守らなければ日本もアメリカと同じに


イラクやアフガニスタンから帰還した一人がこう言いました。「あなたは日本から来たのでしょう? イラクにいる時に毎晩テントの中でいろいろな話をしました。戦争に来る前は「テロリストが敵だ。動くものは全部撃て」と言われました。

奨学金ローン地獄も経済的徴兵制のビジネスモデルのパーツ


高校を卒業できなかった子どもは自ら入隊します。では、皆さんのように大学に行ける子たちはどうでしょうか? ここにも罠があります。

奨学金ローン返済のため戦争請負会社の派遣社員としてイラクへ、劣化ウラン弾で被爆


学資ローン業界は、クリントン政権の時にものすごい献金をしました。その見返りにクリントン大統領は消費者保護法から学資ローンを外し、合法的に自己破産ができなくしました。

オバマの「イラク駐留兵士減」「戦死者減」のウソ

戦争の民営化で非正規民間兵士が多数に――派遣社員は物として扱われ戦死者としてカウントされない

戦争も、民営化されると非正規になるのです。オバマ大統領が「イラクに駐留している兵士は随分と減りました。私は公約を守りました」と言っていましたが、本当は違います。イラクで戦争を支えているアメリカ人の割合が、兵士よりも派遣社員の方が上回ったということです。

対立するのは上位1%の多国籍企業の投資家たちと、それ以外の全員


この30年でもう一つ変わったことがあります。対テロ戦争は世界中が戦場になり、終わりのない戦争という新しい概念をつくったとお伝えしました。もう一つは、国境がどんどんなくなっているということです。

多国籍の派遣会社が世界中のワーキングプアを戦場へ派遣


多国籍軍と聞くと、それぞれの国の兵士たちが集まっているイメージがあります。派遣も多国籍派遣です。

世界中のワーキングプアが支える戦争


国家と国家が戦争を宣言しているように表面的に報道されていますが、経済的徴兵制が生み出す戦争は、国境を越えて世界中のワーキングプアが支えているのです。

99%と対立する1%は巨大多国籍企業


オバマ大統領が当選した時、皆が号泣して本当に感動的で、アメリカは必ず変わると思いました。ブッシュ大統領を引きずりおろした後、運動は下火になりました。ところが何も変わらず、全く同じ政策をオバマ大統領は引き継いで、アフガンに宣戦して戦争を続けました。

日本の報道自由度ランキング61位と、報道を信頼するランキングトップ


もう1つ、ウォール街の投資家に言われたことがあります。日本は報道の自由度ランキングが下がって61位になっていますが、報道を信頼するランキングはトップです。

引用元→ 月刊誌『KOKKO』編集者・井上伸のブログ
 

paul83 at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 12, 2016

あべ愁傷はサミット前に失脚する?

面白いブログ記事を見つけた。原田武夫国際戦略情報研究所の英文ブログ記事の中に驚くべき予想が書かれている。原田さんは元財務官僚だ。

伊勢志摩サミットの直前に安倍首相のスキャンダルが発覚して失脚するとのことだ。

記事の核心部分を抜粋する。

タイトル:

Japanese Democracy on the Brink of Erosion
「崩壊寸前の日本の民主主義」

Based on what’s circulated in the INTEL network in Japan, I take this opportunity to make clear the following: Just before the G7 summit in ISE/SHIMA, he’ll abruptly get involved in a disastrous scandal of foreign policy.
「日本のインターネットで広まっている情報に基づき、私はこれを次のことを明確にする機会としたい。「伊勢志摩のG7サミットの直前に彼は突然、外交にかかわる破滅的なスキャンダルに巻き込まれるだろう」

iseshima_summit続けて、今度は絶対に生き残れないと書いている。その後にはなんと、大阪の選挙での開票作業の組織的な不正が日常化しており、それは東京でも同じようになっているという情報を得たということが書いてある。
この予測の根拠はよくわからないが、英語で書かれていて、一般のネットユーザーには読まれない可能性があるので、ここに要点を書いてみた。 もしこうなったら、この先日本は良くなるのだろうか?


ところで、INTEL NETWORKというのはどうやらインターネットを指していると思われる。

paul83 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)