今年高卒のエルちゃんの「存在意義」#赤木さんを忘れない

March 27, 2020

コロナ対策は徴収停止と現金給付のセットで!

コロナ対策は現金給付と支払い免除の両面から!

Taro Chart
今年は新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、人々が集まったり、接触したりすることが制限され、仕事もできない状況に陥っている。 仕事をしないともちろん収入もなくなる。;

韓国、シンガポール、アメリカ、イギリスなどの先進諸国では損害補償と生活保障として政府から現金が給付されるという。

日本でも現金給付案が討議されたが、牛肉や旅行、飲食専門の商品券が検討され、最終的に現金給付は見送られたとのことだ。富裕層にも給付することが国民の理解を得られないから取り止めたということだ。その「国民」とは誰のことだ?

商品券なんぞ、牛肉業界とか、旅行業界の団体の会長を兼務している政治家が自分の都合で言い出しただけではないのか? すべての業界に影響があるのだから、すべてに使える現金がシンプルでベストだろう!

何よりも、生きていく上で不可欠な家賃と水道光熱費、義務的に取られる社会保障費をその商品券で払えるのか?まずは、これらの必要不可欠なものに払うコストを無料化することが現金給付以前に必要なことだろう。また、消費税も一時的に廃止すればいい。商品券は、現金給付に付随するサービスとしてなら考えられる。

このような、各自治体がこれらの徴収をやめることと、消費税をゼロにすることについて れいわ新選組山本太郎代表がネットでのライブ・おしゃべり会で語っている動画があるのでご紹介する。

こちらは、社会保障費と水道光熱費がどのくらいかかるのかという数字を出しながら、これらをすべて一時的に免除すべきだと主張している。商品券の問題点についても語っている。



こちらは、もう人々の命がかかっている非常事態なのだから、次の選挙がどうのこうの考える場合ではなく、消費税廃止に向けて、自民党の中から立ち上がれと訴えている。自民党の若い議員たちが、安藤裕議員を筆頭に消費税は廃止すべきだという主張をし始めたので、彼らと野党が力を合わせて実現しようと呼びかけている。


自民党安藤裕議員も、消費税減税と現金給付を主張している。


山本太郎映像の元動画



paul83 at 16:48│Comments(0) 山本太郎 | 政治

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今年高卒のエルちゃんの「存在意義」#赤木さんを忘れない