映画 レ・ミゼラブルに感動!コロナ対策は徴収停止と現金給付のセットで!

March 26, 2020

今年高卒のエルちゃんの「存在意義」

来島エルの存在意義

kijima_eru
今年高校を卒業したばかりの 来島エルという女性歌手がいる。彼女は今、れいわ新選組大西つねき 氏の活動に参加し始めた。 講演会でも歌った。彼女はウクレレで弾き語る。かわいい顔には似合わない、力強いボーカルで聞く人を魅了する。なんといっても彼女の歌詞がすごい。まさに学校や家庭で虐げられる子供の気持ちを赤裸々につづっているのだ。




来島エル
ちゃんは先日、大西つねき 氏の動画に出演し、インタビューに答え、歌を二曲披露している。この記事ではそのうちの一曲、「存在意義」をご紹介する。


「存在意義」 作詞・作曲 エル

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

僕の友達は僕の代わりを見つけて
駄弁ってる、駄弁ってる、しゃべってる
そんな軽い関係だとは思ってもなかった
ここから僕が消えたところで
出席番号がずれるだけ

僕が歌ったところで花しか聞いてくれないし
僕が泣いたところで天気だけが変わってく

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる
座ってる

この教室に僕はいなくたっていいし
なのに、なんで僕は生きてんだろう
この世界にいなくたっていいのに

僕が死んだところで誰も泣いてはくれないし
死んだら歌えなくなっちゃうから
だから生きなきゃいけんの

僕の曲はどう聞こえてんのかな
誰かの心に残るかな
僕は今も、今も、生きていていいのかな

僕なんていなくていいんだ
代わりなんていくらでもいるのさ
ここにいてもどうにもならないし
僕の席にはもう誰かが座ってる

いかがだろうか? 大西つねき 氏は れいわ新選組 オリジナルメンバーでありながら、自身の党、フェア党の党首でもある。フェア党への寄付で、エルちゃんのフェア党イベント出演への寄付を受け付けるという。エルちゃん用、とコメントを付ければ寄付ができる。ぜひこちらから寄付をしてほしい。



paul83 at 16:42│Comments(0) 音楽 | 社会問題

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
映画 レ・ミゼラブルに感動!コロナ対策は徴収停止と現金給付のセットで!