January 26, 2013

朝鮮学校の高校無償化除外に対するパブリックコメントの締切日に思う

朝鮮学校の高校無償化除外に対するパブリックコメントの締切日に思うこと

ブログランキング・にほんブログ村へ
今日が朝鮮学校の高校無償化除外に対するパブリックコメントの締切日だった。僕も在日コリアンの一人として高校無償化から除外することを反対するコメントを書いた。

ツイッターを見てみると、僕のように朝鮮高校を無償化しようという主張がたくさん見られたが、逆に、どうにか朝鮮学校の高校無償化適用を阻もうとする人々がその旨をみんなでコメントしようと呼びかけているつぶやきがたくさんあった。

在日コリアンなんてたかが50万人。そのうちの全ての高校生の中で朝鮮高校に通っている生徒はほんの一握りだ。極めて少数派だといえる。

そんな少数派が日本人にはとてつもなく大きな存在らしい。

先進国の日本国民はかつては気持ちに余裕があっておおらかだった。国民全体が経済的に余裕ができたからだろう。そのときから日本国の底辺を支えてきたのが在日コリアンではなかったか。

そんな少数マイノリティの高校生の授業料を払うか払わないかなどと議論しているなんて、とても心が貧しいと思う。日本は経済大国で国は裕福に見えるが、国民の心はとても貧しいものに見えてしまう。日本国民の暮らしは確かに以前より厳しくなってきている。

しかし、世界的にも物価の高い日本に住んでいる在日外国人たちにとってはもっと厳しい。日本人は自分のことで精一杯で、もうマイノリティを邪魔者扱いするようになってしまったのか。国の経済が悪化すると、最初に攻撃を受けるのが、立場が弱い外国人だ。

こんなとき日本人にとって外国人とは迫害する者なのか、それとも守るべきものなのか。今回の安部政権が行った、朝鮮学校に対する高校無償化適用を可能とする条項の一方的な削除はどう考えても弱いものいじめであり、少数派に対する多数派の袋叩きとしか思えない。

paul83 at 21:46│Comments(0)TrackBack(0)社会問題 | いじめ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字