January 26, 2012

パソコンの大事なデータを消してしまったときの対処法

パソコンに入っているデータ重要だ。パソコンが壊れたら、新しいのを買えば済むのだが、パソコンの中に溜め込んだデータはお金では買えない。

僕は仕事の関係で、こんなトラブルと数え切れないくらい聞いてきたし、僕自身も経験した。

  1. 必要なデータをゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にした後にもう一度そのデータが必要になってしまった。
  2. 外付けハードディスク、USBメモリ、SDカードが認識されず、「フォーマットしてください」と表示される。
  3. バックアップを取っていない状態でパソコンが起動しなくなった。データを救出したい。
皆さんもパソコンを長く使えば使うほど上記のどれかを経験されていることだろう。今はしっかりバックアップを取られているのではないだろうか。

実は上記のようなトラブルがあっても慌てなければデータを取り戻すことが出来る。こんなときのためにデータ復元ソフトというものがある。

パソコンデータはゴミ箱から削除しても管理情報がなくなるだけでデータ自体は残っている。次に上書きされるのを待っている状態なのだ。だから気が付いた時点ですぐに対処しないと復元できる可能性がどんどん下がる。

また、復元ソフトをそのときに急いで買ってもインストールをするのは、それでハードディスクに上書きされるのでご法度だが、CDから実行できるので、そうすれば問題ない。

では、パソコンが正常に起動しない場合はどうすればよいか?実はこの種のソフトは製品CD-ROMからCDブート(起動)できるので、Windows98以降のパソコンならほとんど復元が可能だ。

finaldata10データ復元ソフトは何種類か出ているが、やはりAOSテクノロジーズのファイナルデータシリーズが最も信頼できる。2000年に日本初のデータ復元ソフトとして発売され、現在まで同分野ソフトで売り上げシェアナンバーワンを続けているし、専門誌での比較においても最高の実績を示している。本日(1/26)正に新バージョン、ファイナルデータ10プラスが発売されるのだ。

今回から通常版の価格が下がりお求め安くなった。この機会にぜひ買っていざというときに備えよう!

最後に競合製品との比較表をご紹介しよう。
finaldatachart1
finaldatachart2



paul83 at 09:42│Comments(0)TrackBack(0)パソコン | おすすめグッズ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字