チェルノブイリ25周年〜新たなエネルギー政策を求めて 孫正義記者会見東電に入ろう!倒電に廃炉!!

April 29, 2011

福島第一原発第三号機の水素爆発シーンに思う

東日本大震災から40日近くなる。最近改めて福島第一原発 3号機の爆発シーンをユーチューブで見てみた。

すると、同じ水素爆発でも最初の一号機の爆発に比べると遥かに大きな爆発だったことを改めて認識することとなった。この爆発、もう「爆発」というよりは「大爆発」だ。でも枝野さんは相変わらず「事象」と言って、深刻さを隠し続けた。

3号機と言えばプルサーマル炉で、再生プルトニウムのMOX燃料を使用しているだけに、この爆発の大きさを見るに及んで、放射性物質の広域飛散がとても心配である。



このイギリスの動画が、1号機の爆発とよく比較してくれている。この動画では、アメリカのカリフォルニアで観測された放射能もこの爆発が原因だと主張している。

Gundersen Postulates Unit 3 Explosion May Have Been Prompt Criticality in Fuel Pool from Fairewinds Associates on Vimeo.


僕はこの爆発の大きさは、核爆発ではなかったとしても、チェルノブイリに匹敵するのではないかと思うのだが、皆さんの見解はいかがだろうか?



paul83 at 12:29│Comments(0)TrackBack(0) 原子力発電 | 社会問題

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
チェルノブイリ25周年〜新たなエネルギー政策を求めて 孫正義記者会見東電に入ろう!倒電に廃炉!!