April 08, 2011

思い出のグリーングラス・고향의 푸른 잔디5

森山良子さんの明唱で有名なスタンダード・フォーク、「思い出のグリーングラス」は1965年にクロード・プットマンが作って、ポーター・ワゴナーボビー・ベアという二人の歌手によってカントリーソングの分野でヒット。翌年にアメリカの人気歌手トム・ジョーンズが歌い、世界的なスタンダードに。



当時「フォークの女王」と呼ばれていたジョーン・バエズのバージョンが日本では人気になった。僕も彼女の透明なソプラノボイスに魅了されてこの歌を知るようになった。



森山良子さんの歌詞を聞く限りでは、故郷の青い芝生をなつかしむ望郷の歌だ。彼女の歌は2番まで。

だが、この歌のオリジナルは3番がある。3番の歌詞を訳すと

  • 俺は目覚め、周囲を見渡す
  • 粘土の壁が四方を囲んでる
  • 夢を見ていたんだと俺は気付く
  • 警備員と悲しげな牧師が立っている
  • 腕を組んで夜明けへ向かう

英語の1〜3番の歌詞

1.
The old home town looks the same
As I step down from the train,
And there to meet me is my Mama and my Papa.

Down the road I look and there comes Mary
Hair of gold and lips like cherries.
It's good to touch the green, green grass of home.


2.
The old house is still standing
though the paint is cracked and dry,
And there's the old oak tree
That I used to play on.

Down the lane I walk with my sweet Mary,
Hair of gold and lips like cherries.
It's good to touch the green, green grass of home.

Yes, they'll all come to meet me,
Arms reaching, smiling sweetly.
It's good to touch the green, green grass of home.


3.
Then I awake and look around me,
To the cold clay wall that surround me
Then I realize that I was only dreaming.

There's a guard and sad old padre
Arm in arm we'll walk at daybreak.
Again I touch the green, green grass of home.

Yes, we'll all be together
In the shade of the old oak tree
When we meet beneath the green, green grass of home.


読めば分かると思うが、1、2番はなんと囚人が処刑される朝、目覚める前に見ていた夢のお話なのだ。

Tom Jones のバージョン


ジョーン森山が歌う歌詞の訳としては「俺」は不似合いに聞こえる。だが、トム・ジョーンズや他の男性歌手は3番を歌ではなくセリフで言っているので、「俺」とか「おいら」がしっくり来そうだ。

ちなみに韓国語バージョンも存在し、「고향의 푸른 잔디」というタイトルで조영남チョ・ヨンナム)によって普及されました。

韓国語の歌詞と、テナー歌手の動画をご紹介します。

韓国語歌詞

꿈속에 그려보는
머나 먼 고향아
옛 모습 변치않고
지금도 잘 있느냐
사랑하는 부모 형제
어릴때~ 같이 놀던 친구
푸르고 푸른
고향의 잔디야

타향살이 서러워도
꿈속에 그려보는 고향
푸르고 푸른
고향의 잔디야
앞마을 냇가에
물레방아 소리
뒷동산 종달새
지저귀는 노래소리
아 꿈속에 들려오는
어머님의 자장노래 소리
푸르고 푸른
고향의 잔디야
아 언제나 가보려나
꿈속에 그려보는 고향
푸르고 푸른
고향의 잔디야

사랑하는 부모 형제
어릴때 같이 놀던 친구
푸르고 푸른
고향의 잔디야
타향살이 서러워도
꿈속에 그려보는
고향 푸르고 푸른
고향의 잔디야



最後に大御所、エルビス・プレスリー1975年録音のバージョンをご覧あれ。(3番もちゃんと歌ってます)




paul83 at 11:48│Comments(0)TrackBack(0)英語 | 英語とポップス

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字