英語の歌の定番!カントリー・ロード!ついに東京の水から放射能検出!

March 15, 2011

ついに起こってしまった原発大事故


福島第一原発の爆発
2011年3月11日は歴史に残る日となりました。それは日本で最大級の地震とそれに伴う大津波が起こり、その影響で原子力発電所から放射性物質が撒き散らされる事故が起こったためです。

大地震と大津波の被害は甚大なもので、大勢の犠牲者の皆様のご冥福をお祈りします、また、ご遺族の皆様の無念さを思うと言葉がございません。。

今回は原子力発電所の事故について書きたいと思います。

今回の東北関東大震災の被災地である福島県にある福島第一原子力発電所の1号機から4号機までが事故を起こしました。

1号機と3号機は炉心の冷却水が少なくなり、水素爆発で建屋の天井が吹き飛びました。次にその間の2号機も爆発を起こし、原子炉を囲んでる格納容器が損傷、内部の放射性物質が噴出しました。これにより一気に外部に放出された放射能濃度が1000倍に高まりました。その後にも冷却水注入がうまくいかず、海水を入れたりして冷やしましたが、とどめを刺したのが、稼動停止中だった4号機の火災でした。稼動してなかった原子炉でしたが、同じところに使用済み燃料が貯蔵されていて、それが火災の元になったと思われます。

日本政府と東京電力の発表はいつも後手後手で、何かを隠していると国民が疑ってしまうやり方です。

さっきニコニコ生放送で外国人記者たち向けの記者会見を見ましたが、何事もはっきりしていて気持ちよいものでした。

会見では4号機の火災は、1号機から3号機までに4号機の冷却ポンプを回したのが原因だということ、政府と東京電力の発表は国民の安全よりも混乱を避けることを優先して重大な事故と思わせないように報道していること、現在アメリカのカリフォルニア州と同じくらいの面積の中に54機もの原子力発電所が立っていて、ほとんどが活断層の上や周辺に建てられていることなどが明らかにされました。

今回の事故により計画停電が必要になったのも、本来なら原発が一機も稼動しなくても全国の電気需要をまかなえるほどの従来型の発電所がありますが、今回は周辺の火力発電所も洪水で稼動できなくなっていたためだということです。

発電所から半径20kmにいる人は避難、30Km以内の人は屋内退避を要求されていますが、今はどうだか分かりませんが、昨日までは検問もなく自由に出入りできるようになっていたそうです。いずれにせよ20km では足りなく、首都圏の私たちも被爆しないように外出を控えたり、素肌を外気に晒さないのが大事です。特にこれから降りそうな雨には絶対に濡れないようにしてください。

原発がいつかこんな大事故を起こすということは誰もが薄々気づいてたはずです。それが東京の電力をまかなうための発電所を東北地方に建設した大きな理由でしょう。今回の計画停電で東京23区を対象から外したのと同じような理屈ではないでしょうか。

それでも原発が狭い日本にこんなに作られたのは、原子力利権を失いたくない一部の人間たちの仕業だと思います。彼らは原子力はクリーンで安全だ、石油に代わる新しい、枯れることのない永続的な燃料だ、と猛烈にアピールして開発してきました。

電気事業連合会の資料の中で原子力発電所の安全性についてこう書いてあります。

「わが国の原子力発電所は、その設計、建設、運転にあたって「多重防護」の考え方が貫かれており、これを完璧に行う限り放射性物質の周辺環境への異常な放出は考えられません。その意味で絶対安全が保証されていると言えます。」

皆さん、「絶対安全」って有り得ますか?有り得ないということが実証されたわけです。もうすでに同じ主張をしていたスリーマイルとチェルノブイリでも実証されているのですが。この記事を書いている今も富士山周辺を震源とする大地震が起こりました。他の原発も心配です。

真実に気付いている人で財力のある人はもう国外や、関西以西へ避難しているはず。我が家のお隣さんもなんだか今日引っ越したみたいです。

これで僕らが被爆して癌になったら東京電力や日本政府は保証してくれるのでしょうか?

原子炉製造メーカー大手のひとつである東●などに逆らえない日本のマスメディアだけを見ていては真実は分かりません。RCサクセションサマータイム・ブルース収録アルバム、「カバーズ」が当時の所属レコード会社、東芝EMIによって発売禁止になったのは有名な話です。海外の情報に注目しましょう。


paul83 at 23:21│Comments(0)TrackBack(0) 社会問題 | 原子力発電

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
英語の歌の定番!カントリー・ロード!ついに東京の水から放射能検出!