忌野清志郎さんの死に思うS.E.S.を応援!

May 04, 2009

フォークルの新結成記念解散音楽會

今日は久々に家でひとりで過ごしている。図書館で借りてきたフォーク・クルセダーズのCD、「新結成記念解散音楽會」というのを聞いてみた。ここにはフォークルが一時再結成したときに出したアルバム、戦争と平和からの曲を中心に、若かりしころのヒット曲もライブで披露したもの。

ちょうどそのとき、2001年から2002年にかけては、映画パッチギ !が大ヒットしていて、その中でテーマソングだったフォークルイムジン河が一躍注目を浴びていたときで、この再結成も期せずして映画とのタイアップのような感じもしたものだ。

この映画でもエンディングで使われた「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌詞カードを見ながら歌い始めたらなぜか涙が流れそうになりまともに歌えなくなってしまった。どうしてか分からない。この歌がイムジン河に続いて演奏されたので、「パッチギ」を見て涙を流したときを思い出しての涙だったのかもしれない。

「あの素晴らしい愛をもう一度」は先の「戦争と平和」にも新録音で収録されていて、素朴だが悲しい内容である。その内容に合わないくらい元気で弾けるギター3重奏(?)が逆に悲しさを際立たせる。そのマジックにはまったのかもしれない。

絶対に歌詞の内容で涙が出たとは思わないが、もしかしたら潜在意識の中で今韓国に留学中の妻を恋しがっていたのかもしれない。

ところでこのライブアルバムでイムジン河は二回演奏される。一回目は普通に、最後近くに歌われた二回目は韓国語に訳した歌詞を一番にして、三番には新たな解釈の訳詩を付けて歌ったが、そのときの曲紹介が良かった。

北と南を分断する心の中の河だが、日本と朝鮮半島の間にも流れ、また、私たちの間にも、世界のどこへ行ってもなかなか渡れないイムジン河があるといった趣旨の内容だった。

忌野清志郎さんが若くして亡くなられたが、彼のレコードが発売禁止になるよりずっと前に発売禁止になったこのイムジン河、ライブ動画を見つけたので見てください。フォークル最後の「イムジン河」です。



paul83 at 14:49│Comments(0)TrackBack(0) 音楽 | Korean

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
忌野清志郎さんの死に思うS.E.S.を応援!