May 20, 2008

最高の女性ボーカリスト八神純子5

僕が中学・高校時代であった70年代後半から80年代前半。当時僕はモノラルのラジカセを持っていて、それでAMやFMラジオを聞いていた。そして好きな歌が流れたらその場でカセットテープに録音して、そのテープを何度も聞いたもの。

当時僕はゴダイゴ甲斐バンドツイストクリスタルキングなど、ロック系のバンドを好んで聞いていた。シングル盤も買った。そんな中で、唯一好きだった女性シンガーがいた。八神純子だ。彼女の歌の上手さはもちろん、特に声が最高だ。音域が広く、高音で裏声に入ったところの声はたまらなくセクシー。

ラジオ中心だった僕は彼女の顔はあまり見たことが無く、分からなかった。デビュー曲の「思い出は美しすぎて」は深夜放送などでよく流れていて、印象的な歌ではあったが、特に気に入ったわけではなかった。 「みずいろの雨」が大ヒットしたことによりテレビにもよく登場するようになったが、あまりテレビを見ていなかった僕にとって、顔は別にどうでも良かった。あまり印象に残っていない。シングル盤「Mr. ブルー〜私の地球〜」を買ったとき、そのジャケットの写真が初めて知った彼女の顔だった。

当時FM東京に彼女のラジオ番組があった。それは毎週聞ける時は聞いていた。トークはそこそこ楽しめた。彼女のバックバンドはメルティング・ポットという名前で、ライブでハーモニーを担当する女性がおり、その女性が八神純子の声とそっくりで、レコードでよくある一人ハーモニー(自分の声を複数重ねてハーモニーを作ること)をライブでも再現できることにとても感謝していたことが印象深い。とにかく、彼女の話す声も美しく、聞いているだけでうっとりしてしまうのだ!

番組中でスタジオ・ライブもあったし、ゲスト歌手とお互いに相手の歌を歌いあうという企画もあった。これはゲストがよっぽど歌が上手じゃないと、八神純子のイメージアップにしかならないと思った。僕が覚えているのは、「迷い道」のヒットで有名になった渡辺真知子がゲストの時。このとき、八神が歌った、渡辺「ブルー」は素晴らしかった。はっきり言って、渡辺のオリジナルよりよっぽど良かった。申し訳ないが、渡辺が歌った八神の曲はたしか「思いでは美しすぎて」だったと思うが、あまり印象に残っていない。

ここにYOUTUBE岩崎宏美とのトークと「聖母たちのララバイ」のデュエットを見つけた。岩崎は歌の上手さでは僕も認めるところなので、二人のデュエットはどちらも負けていない。これは見る価値アリです。

Inside八神純子「パープル・タウン」でアメリカ・ニューヨークのことを歌ったが、アメリカ人スタンレーさんと結婚してアメリカに行ってしまった。しばらく活動をしてなかったが、ある日突然CDショップで彼女の洋楽カバーアルバムを見つけた。 "Inside of Myself"ビートルズカーペンターズヴァネッサ・ウィリアムススティービー・ワンダー、ビートルズ等の名曲を全編英語でカバーしたアルバムだった。それもJune Stanleyという名前で!衝動的に買った!1996年ごろだったと思う。彼女の美声で世界的なヒット曲を聞けるなんて、なんと素晴らしいことだろう。とても嬉しく、HAPPYであった。

So Amazing 翌年更に新譜 "So Amazing" が!そこでは「みずいろの雨」のニュー・バージョンが入っていたし、子育ての経験から書かれたと思われる可愛い曲、 「Star Child」もあり、未だに素晴らしいセンスの新曲を発表していた。多くは歌詞が英語であった。面白かったのは、シングルカットされそうな代表曲、「Stay Gold」は英語詞の"Some Cool Place"の日本語版。同じ歌の英語・日本語両方を聞けるなんて、まるでゴダイゴだな、と思い、とても嬉しかった。

そのStay GoldとタイトルトラックSo AmazingYouTubeで見つけたので、こちらもぜひ見てください。ちなみに、現在ビッダーズのオークションのこちらで結構良い値段で出品されてますね。  Amazon Japanでの紹介ページ

STAY GOLD

So Amazing



paul83 at 20:37│Comments(0)TrackBack(0)音楽 | 英語

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字