October 11, 2007

リーグ受賞者多数のヤクルトスワローズ4

今年残念ながら21年ぶりの最下位に転落してしまった東京ヤクルトスワローズ。しかし、今シーズン終了に伴い、多くの表彰者が出た。

何よりも今シーズンで引退する古田敦也監督兼捕手が特別功労賞を受賞した。永年スワローズの正捕手として活躍し、リーグの発展に貢献。在籍期間中、リーグ優勝5回を経験し、リーグMVP2回(93、97年)、ベストナイン9回、ゴールデングラブ賞10回(最多タイ記録)などリーグを代表する捕手として活躍し、91年には首位打者、05年には大学卒-社会人を経た選手としては初の2000安打を記録したことなどが評価された。

青木選手が打率.346で、新人の2005年以来の首位打者に返り咲いた。最高出塁率もマーク。最後まで青木と首位打者を争ったラミレス選手がセ・リーグ記録の204安打を放ち最多安打をマークし、特別賞を受賞すると共に、122打点で打点王に輝いた。投手でもグライシンガー選手が16勝で最多勝のタイトルを獲得。登板する試合の平均時間が3時間4分で、セ・リーグ平均試合時間の3時間19分を大幅に下回り、スピードアップ賞を受賞。

古田監督、青木ラミレスグライシンガー選手、おめでとうございました。

このように書くと何だか優勝したチームのトピックのようだ。しかし、監督兼任二年目の古田監督の指揮下で順位はリーグ最下位。21年ぶりだという。裏を返せば21年も最下位にはならなかったということ。

1980年代には武上四郎監督と土橋正幸の元でそれぞれ二年連続最下位になり、Aクラスは一度だけ(1980年2位)という弱小球団に成り下がっていた。最後の最下位は1986年。1990年に野村克也監督が就任した時からスワローズの黄金時代が始まり、90年代はリーグ優勝4回、日本一3回という常勝軍団に成長

2000年代はチーム生え抜きの若松勉監督の元で2001年に日本一になり、他も2位から4位の間に定着していた。

ヤクルトの年度別順位

まぁ、そろそろ最下位になっても良かったのかな、と思う。ただ、悔しいのはここ数年、僕が球場へ行って応援したりテレビで観戦したときの勝率は0パーセント! 全敗だ。これだけはストレス溜まってばかり。勝ってた試合も結局負けてしまう。せっかくビールまで用意していい気持ちになろうと思ってもそうなることが無かった。

来シーズン誰が監督になるのかわからないが、また強いチームに戻してくださいませ!!  特にフロントにお願いします! 昔の球団社長はジャイアンツファンでした。今のオーナーはもちろんヤクルトファンですよね?



paul83 at 07:16│Comments(0)TrackBack(0)野球 | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字