海の日だ!ハングルのTシャツで決めてみよう!東京電力柏崎刈羽原子力発電所

July 18, 2007

MONKEY MAJIK×MONKEY MAGIC

1978年にテレビドラマ「西遊記」が、堺正章が孫悟空、今は亡き夏目雅子が三蔵法師に扮し、西田敏行を猪八戒、岸辺シローを沙悟浄に据えるという当時としては素晴らしいキャストで人気を博した。 ここで当時はまだブレークしていなかったバンド、ゴダイゴがテーマソングから挿入曲まで全編担当することになり、彼等の大ブレークが始まった。 「ガンダーラ」「モンキーマジック」の大ヒットによりゴダイゴ・ブームが巻き起こった。

それから27年、2005年に新たな「西遊記」シリーズが始まった。 今度の主演はSMAPの香取真吾だ。説明の必要も無いだろう。 そのテーマソングを歌ったグループの名前はなんと"MONKEY MAJIK"。 曲名は"Around The World"で、英語パートが多い。 なんと外国人(カナダ人)二人と日本人二人の"ハイブリッド・バンド"だ。 (ゴダイゴも二人のアメリカ人がメンバーだった)

グループ名は、元メンバーであったイギリス人ドラマーが幼い頃に見た堺正章主演の「西遊記」の吹き替え版をテレビで見て、ゴダイゴを神と崇めていたので、代表曲の"Monky Magic"を少し変形させてグループ名にしたそうだ。香取主演の「西遊記」もMonkey Majikの主題歌"Around the World"共々見事な大ヒットを記録し、現在映画版が公開中だ。 この映画により実現したのが、Monkey Majik が"Monkey Magic"をカバーしたこと。 6月27に発売されたマキシ・シングル"MONKEY MAJIK×MONKEY MAGIC" で発表された。 なんと、ガンダーラまでカバーし、今回の映画で使われているという。先日SMAP×SMAPにMonkey Majikが出演し、"Monkey Magic"と"Around the World"を歌った。 またその前の映画「西遊記」の宣伝番組で彼等の「ガンダーラ」が流れていた。ここで見事に昔の西遊記と現在の西遊記が音楽を通してつながったのである。 とても嬉しいことだ。



paul83 at 11:21│Comments(0)TrackBack(0) ゴダイゴGODIEGO | 音楽

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
海の日だ!ハングルのTシャツで決めてみよう!東京電力柏崎刈羽原子力発電所