お買い得マイクロSDカード韓国旅行 グッズ提供

June 14, 2007

ジェネリック薬品2

ジェネリック薬品って特許が切れた薬なんだってね。 世に出て10年経過した薬品で、以前から服用を続けている人には良いけど、僕みたいに一時的に服用するにしてはジェネリックだと古すぎるんだって。 医薬品は日々改良されているので、もう10年前の薬は遅れていてダメなのだそうだ。

これは僕が今日行ったKクリニックの先生のお言葉。 へー、そうだったのか。テレビのCMだとそうは見えなかったんだけど。

今朝起きて熱を計ると体温がまだ37℃あった。微熱である。月曜日の39℃よりはマシになったが、こんなに家で安静にしていてもまだ微熱が出るのなら、病院へ行こうと思い、妻と一緒に行った。 妻は僕が風邪を移してしまったようなのだ。 彼女は今日の午後から仕事なのに気の毒なことをした。

クリニックの医師は、もう治りかけの僕の風邪の症状にはほとんど興味がないらしく、ことの成り行きも訊いてくれなかったので、自分から「聞いてください」とばかりに話した。しかし、どう見ても彼はただ聞き流しているだけだった。

薬を出すといった時点で、テレビCMの言うとおりにジェネリック薬品のことを聞いたら、冒頭の内容を早口で3回くらいしつこく繰り返した。 

印象悪いよね。きっと患者さんがとても多くて、先生はお腹空いていたんじゃないかな。 今日改めて思ったのは、風邪くらいで病院へ行くのはやはり良くないということ。 市販の薬をしっかり服用して、栄養価の高いものをたくさん食べ、十分に水分を補給し、安静にするのがベストだということ。
今日のジェネリック医薬品
ササッとわかるジェネリック医薬品



paul83 at 18:20│Comments(0)TrackBack(0) 健康 | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お買い得マイクロSDカード韓国旅行 グッズ提供