KitKat-Big@馬喰横山駅やっぱり危なかった志賀原発

March 25, 2007

大地震@北陸2

石川県能登半島周辺で震度6強の地震が、本日3月25日9時42分頃に起った。地震の被害の全容は現時点ではまだ見えないが、現在テレビで報道がどんどん成されているので、注目したい。

石川県能登半島といえば今、事故隠蔽で注目を浴びている志賀原発がある。これが一番心配である。原発についての第一報がテレビで報じられたが、「放射能漏れの心配はない、施設被害は現在調査中」だそうだ。施設被害を調査中で、放射能漏れがないってどうして断定できるのだろう? きっと電力会社としては、「放射能漏れの心配」があってはいけないのだ。もし、実際に放射能漏れがあったとしても、「なかった」ことにしてしまうと思う。大体、地震が起るような場所に原発を建てるのが間違っている。ようするに、地震大国に原発は建てるべきではないということが、今後世論の中心になっていくと思う。
決定版 原発大論争!―電力会社vs反原発派
われわれは原発と共存できるか―原子力論争の背景 (1977年)



paul83 at 11:37│Comments(0)TrackBack(1) 原子力発電 | 日記

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. やっぱり危なかった志賀原発  [ SONNYのひとりごと―Monolog ]   March 26, 2007 08:32
2 志賀原発は今回の地震で、使用済み核燃料貯蔵プールの水が飛び散ったそうだ。記事を引用する。 志賀原発 使用済み核燃料の水、飛び散る 能登地震  http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY200703250314.html 北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)で25....

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
KitKat-Big@馬喰横山駅やっぱり危なかった志賀原発