January 04, 2007

武士の一分4

武士の一分(いちぶん)
邦画を久しぶりに映画館で見た。 木村拓也主演だった。 あまり偉くないサムライの役だ。それも毒見役。 これは水戸黄門で、うっかり八兵衛の役回りだったと思う。 上級侍の食事を事前に毒見する役目で、毒見の様子が興味深かった。

ストーリー的にも面白かったし、キムタクの演技も彼らしさが出ていて、なかなか良かったと思う。 妻役の壇れいも、けなげな妻をとても上手に演じていた。

武士の一分(いちぶん)

男としての意地を感じ、自分もそれくらいに命を掛けて、人生の勝負に立ち向かわないといけないと思えたほどに印象的な作品だった。 めったに邦画は映画館では見ないのだが、義母に付き合った形で、良い感動を得ることが出来た。



paul83 at 21:13│Comments(1)TrackBack(0)映画 | 日記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by むう   January 05, 2007 22:35
キムタクの声がもう少しよければいいのに こもった くぐもった声が耳障りで魅力が半減する。キレイな声でなくても透明感があればいいのに。声に品がない。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字